ゴッド・オブ・ウォー: レベル補正と重視すべきステータス

シェアする

ゴッド・オブ・ウォーにおけるレベルの重要性と、ステータスの伸ばし方についてです。序盤はあんまり選ぶ余裕がないので、取り敢えずレベルだけ。後半になったら、ルーンとクールダウンをできるだけ高くしておくのがお勧めでしょうか。

ステータス概要

クレイトスのステータスは6種類+1あります。

ステータス最大値効果影響度
LV9レベル補正へ影響し、与えるダメージと受けるダメージが増減
筋力350通常攻撃のダメージが増化
ルーン250ルーンアタックと属性ダメージが増化
防御力320?受けるダメージを軽減
生命力200体力の最大値増加。怯みにくくなる。
120?特殊効果の発動率上昇、XPと銀の欠片の取得量上昇
クールダウン200ルーンなどの再使用までを短縮

生命力が2上昇すると最大HPが1増えます。

クールダウンは割合減少です。クールダウンの数値を300で割った数が基礎クールタイムから引かれます。例えばクールダウンが100の場合、33%削減になります。

レベル補正と難易度

装備毎に個別のレベルが付いていますが、それの合計値で判定される総レベルの方です。

装備のレベル合計値は、右上に大きく表示されています。この数値によってレベル補正の掛かり具合が決まるため、本作においてはなによりも重要なステータスになっています。

補正レベルレベル差
(ノーマル)
レベル差
(ハード)
レベル差
(GOW)
+3以上+3以上+4以上
黄緑+1~+2+2+3
同じ+1+2
黄色-1同じ+1
オレンジ-2-1~-2同じ
-3以上-3以上-2以上

レベル補正の状況は敵のHPバーによって判別できます。雑魚でもそうですし、ボス相手でも表示が変わります。

一枚目の敵はLv6とLv8ですが、自身の装備レベルが7なので、黄緑と黄色表示になっています。二枚目のボス(ヴァルキュリアですが)は、レベルが5以下なのか青色になっています。

レベル補正が有利な状況だと、与えるダメージ量が増加、受けるダメージ量が減少、敵が怯みやすくなるといった恩恵が掛かります。一方でレベル補正が不利(黄色以下)だと、敵が中々怯んでくれないので力押しがまるで利きません。

またレベル補正の掛かり具合は、難易度による増減もあって、ハードだと敵のレベルが+1扱いされ、GOWだと+2扱いされます。高難易度だとレベル補正が不利に傾きやすくなります。

序盤はレベルだけ考える

レベル補正の影響が大きいため、効率良くダメージを通そうと思うならとにかくレベルを上げて物理で殴るのが最適解です。筋力やルーンの値を増やすより、レベルを上げて殴る方が効率が良いです。

特に序盤はその傾向が強く、装備を選ぶ余裕も無いので、とにかくレベルが高くなる装備を付けておくのが無難です。使えるスキルも少なく、装備のエンチャントスロットも少ないので、1レベルの差で結構な差が生じます。

出てくる敵のレベルがサブクエストの方が高い傾向にあるので、メインだけを進める方が楽になる一因になっています。紫になるとガードすらまともにできないのでパリィすら封じられて苦戦は免れないのに、割と紫の敵がポロポロ出てきます。

終盤はルーンとクールダウンを

一方、終盤になってくるとレベルは高い水準を維持できるので装備を選ぶ余裕も出てきます。なので、どのステータスを重視するべきかという話になるんですが、個人的にお勧めなのはルーンとクールダウンに特化させること。

両者にはシナジー関係があって、二つを同時に高めると、ポンポンルーンアタックが撃てて、且つクールタイムも短いと、かなり闘いやすい状況を作れます。

第二武器のブレイズ・オブ・カオスを入手することもあって、4つのルーンアタックを装備できるようになるのも大きい。

クールダウンが100だと33%のクールタイム短縮になりますが、基本時間が30秒のヘルの指先、ウートガルドの一撃、スィアチの爪が20秒で撃てます。武器を持ち替えしてヒュペリオン・グラップルを撃ってと……展開すると、通常攻撃は殆ど使わなくても平気に。

回避しながら斧をチクチク投げて、パリィかガードブレイクからルーンアタックを叩き込むのは、ヴァルキュリア戦でのお勧め戦術です。