Call of Duty WW2: 機甲師団ガイド (機甲Lv4とハンカー)

シェアする

投げものへのアンチである機甲師団について。効果の差が誤差なので、現状だとハンカーのための訓練期間という印象が拭えません。本稿は前サイトの投稿に加筆修正を加えたものです。

機甲師団

機甲
レベル効果
Lv.1LMGバイポッド
Lv.2シェルショックとタクティカルに耐性が付く
Lv.3炎ダメージ軽減
Lv.4爆発ダメージを著しく軽減

待ちに特化した防御型の師団です。最初のLMG用バイポッド以外は、ことごとく投げものへの耐性となっています。過去作におけるフラックジャケット、タクティカルマスクのオールインワンパッケージなので、方向性としては纏まっているものの、相手が投げもの使って来ないと悉く腐ってしまうという大きな欠点を抱えています。派遣師団以外がリーサルとタクティカルを同時に所持できない関係から、フラックジャケットとタクティカルマスクが、同時に機能するケースが少なくなっている点もマイナス。効果的に機能する局面がかなり限られます。

師団に割り当てられている武器はライトマシンガンですが、近距離戦が苦手なライトマシンガンで投げものが脅威になるような場所にいくことがそもそも悪手。事故防止にしても、そんなマイナーケースをケアするくらいなら、他の師団等で戦闘力を上げる方が建設的です。ライトマシンガンに向いている部分がバイポッドしかない点には注意が必要です。

LMGバイポッド

その場所で動けなく代わりに各種バフを掛けるアタッチメントです。設置に1.2秒掛かりますが、窓枠や地面に設置すると、クイックドローと、ハッスルの効果が乗り、腰だめ精度も大きく改善します。

  • 設置:1.2秒
  • ADS高速化: 25パーセント
  • 腰だめ精度増化: 80パーセント
  • リロード高速化: 40パーセント

色々欠点はあるものの、待ち受けに使うときだけはそこそこ強いです。とはいえ、自動回復が遅い、ステルスが強い今作の仕様で定点していられる時間は長くなく、使いどころを少々選びます。とはいえ前述の通り、機甲師団でライトマシンガンを使う利点がこれ位しかないので、機甲でいくなら有効活用する道を模索する必要がありそうです。

投げもの耐性

爆発物への耐性を付加します。間近で1発受けても即死しないわけですが、体力が回復する前に2発目が飛んでくるわ、敵が飛び込んで来るわでやや頼りない。体力の自動回復が遅いので、結局耐えきれないパターンが多いのが欠点です。

機甲師団Lv4はハンカーに比べて爆発物への軽減率が高いですが、ヘルスの回復時間から逆算してみてもごく僅かな性能差しかありません。機甲師団Lv4が軽減率55パーセント、ハンカーが軽減率50パーセントとかそういうレベルだと思われます。

一応、ハンカーの基礎トレーニングより軽減率が高いみたいですが、歩兵や空挺や山岳による恩恵を捨ててまで欲しいかというと……。一番重要なのは爆発物への耐性ですが、それなら空挺師団+ハンカーの基礎トレーニングの方が使い勝手が良いです。歩兵師団+ハンカーなら機甲+スコープとほぼ同等で、装弾数とアタッチメント増化に、ライフルなら近接即死の銃剣も付いて来ると至れり尽くせり。

機甲師団を頼みとするのも、ハンカーを取るまでの繋ぎか、やたら火炎攻撃してくる相手がいる場合に限る気がします。火炎攻撃にしても、Cod:BOみたいにナパーム爆撃で身動き取れなくなるとかでもないですし、有効活用する機会に恵まれない師団です。

相性の良い装備

武器

  • ライトマシンガン?

バイポッドを使う目的でならライトマシンガン。それ以外なら爆発物対策のピンチヒッター的運用になります。それに関しても、プレステージ報償の基礎トレーニング「ハンカー」入手までの限定的なもので、ちょーっと使いにくさが先行します。ハンカー入手前なら、前線に張り付きたいサブマシンガン等での運用が良いでしょう。

ライトマシンガンでの運用に関してですが、バイポッドを使わないのなら歩兵師団の方がベターです。スコープ効果が腐ることはないですし、基礎トレーニング枠が自由に采配できます。

基礎トレーニング

  • スコープ
  • ガンスリンガー

直接的な戦闘力上昇が掛からない師団なので、今一つ相性が良いと思えるトレーニングが存在しないのが実情。スコープでADS移動を速くするか、プライムでアタッチメントを増やすか、各種セカンダリー強化などか。LMGでの運用で、スコープを付けるくらいなら、歩兵師団を使った方がいい気もしますが。

プレステージ

司令部でできる師団のプレステージですが割と苦行です。下手にライトマシンガンに拘るより、サブマシンガンで稼ぐ、デュエリストM1911で稼ぐ方が速い気がします。初回アンロックの武器に関しては微妙な性能ですが、ハンカーの基礎トレーニングは他の師団のためにかなり有用です。

MG42

MG42
項目MG42
発射形式フルオート
最大ダメージ30 (127m)
大ダメージ-
中ダメージ-
小ダメージ-
クリティカル倍率1.1x
発射レート(NA)650RPM
発射レート(RF)696RPM
装弾数50
装弾数(拡張)75
リロード5.20s + 1.80s
タクティカルリロード5.10s + 1.80s
腰だめ精度(ベース)5 - 10
Sprint out0.325s
ADS時間0.325s
ADS(スプリント)0.325s
最大威力キルタイム0.277s (127m)
大威力キルタイム-
中威力キルタイム-
小威力キルタイム-
最終更新日:2018/1/9

集弾性が良い使いやすい武器ではあるものの、火力面において貧弱さが拭いきれません。ライトマシンガン特有の操縦性の悪さがあり、オールレンジでスナイパーライフルの方が良いじゃん感が強いです。現状だと器用貧乏系の武器です。

ハンカー

爆発物への耐性を付ける効果です。手榴弾の投げ返しに信管リセットが付きますが、従来作どおりおまけでしょう。戦闘力の高い師団に保険を掛けられるので、かなり重要性の高い基礎トレーニングです。

爆発物のダメージ軽減率は機甲師団のLV4より低いみたいなんですが、もう誤差のレベルなので大局には殆ど影響しません。こっちが50パーセント軽減、機甲Lv4が55パーセント軽減とか、そういうレベルの差です。両者とも跳躍地雷、ランチャーの直撃以外の爆発物で即死しなくなるので特に変わらないです。むしろフレキシブルな運用が出来る分、遙かにハンカーの方が使う機会が多くなります。

手榴弾や粘着爆弾の最大ダメージが150なので、これを直撃で喰らったら、機甲Lv4でもハンカーでも、次は流れ弾でもアウトです。ですが空挺師団なら弾を躱せる可能性がまだありますし、そもそも足が速ければ直撃を喰らいにくい。本作における爆発物アンチは空挺+ハンカーでほぼ間違いないので、オブジェクトルールメインなら、1枠は確保する必要がある組み合わせです。

というか、機甲Lv4とハンカーは効果重複するようにすれば良いと思うの。そうすれば機甲師団の存在感バリバリ上がりますし、ゲームデザイン上の不自然さも無くなりますし。なんで効果が被っていて、片方無効になるような師団と基礎トレーニングが存在するのか……。

シェアする

フォローする