タイタンフォール2: トーンのキット評価とお勧めカスタム

専用キット

高性能追尾弾

40ミリトラッカーでクリティカルを取ったときに2トラックできます。今作の仕様上、正面対決しないとクリティカルがなかなか取れないのですが、その点はパーティクルウォールが補ってくれます。

安定はしませんが打撃力の上昇割合では一番なので、攻撃重視なら取り敢えず付けておいても良いキットです。苦手とするイオンやローニン相手にも多少は機能してくれるため、追尾ロケットの数を増やすロケット集中砲火よりも少しだけ優先度が高いです。

強化パーティクルウォール

パーティクルウォールの持続性、耐久力を増化します。それでも頑丈とは言い難いのですが、被弾を多少押さえることができるので、汎用性においては優れています。劇的な効果は見込めませんが、正面からの攻撃を一律カットできるので、ポイントガードとしてはそこそこな堅さを実現できます。不利な対面が多いため、逃げる時間を稼げるのも大きいです。

ただしローニン相手にはなんの解決にもなりません。アークウェーブを喰らうと、耐久力を無視して即座に破壊されてしまいます。

パルスエコー

ソナーロックが2段階探査になって、範囲内の敵タイタンを2トラックできるキットです。タイタンが入り乱れるタイタンブロール、フロンティア・ディフェンス向きで、通常ルールだと高性能追尾弾に比べて効率が随分落ちます。

特に単独のタイタン相手に使っても、17秒に1回のトラッカー追加に過ぎません。これはソナーロックのクールタイムが17秒と長いためですが、40ミリ換算だと2マガジン撃ちきるくらい撃ち込んでトラック1回追加くらいの補正です。相手が一体なら特に狙わずに攻撃してもその数倍はクリティカルが取れているでしょう。

複数のタイタンとの立ち会いには多少効果的で、マルチロックで追尾ミサイルへと繋げやすくなります。壁の向こうにいるあいてをトラッキングできるという利点もあるので、敵タイタンが多くなりやすいルールほど効果が望めます。タイタンがワラワラ湧いてくるフロンティア・ディフェンスだと取り敢えず最優先ってキットです。

過去には相当優秀だったキットで、ある種の鉄板装備として君臨していましたが、肝心要のソナーロックが5秒もリキャスト増化の修正を受けたため、効果を発揮する機会が大きく減退。環境への影響力も相当低下しています。

ロケット集中砲火

追尾ミサイルの発射総数を2発増やして、それによって与えられるダメージを増やします。追尾ロケットのダメージが25パーセント伸びるのなら、ある程度コアメーターへの還元が望めるので、安定攻撃を取るのなら悪くないとは思います。

ラウンドバースト

40ミリトラッカーキャノンが溜め撃ちできるようになります。ADS状態で待機すると徐々に弾丸が装填されていき、通常の3倍のレートで連射する3点バーストとして運用可能。クリーンヒットさせれば、即座に追尾ロケットに繋げることができます。発射レートは低下しますが通常の単射運用も可能で、ノーススターのプラズマレールガンに近い趣を持っています。

武装一覧
項目40ミリ トラッカーキャノン40ミリ トラッカー 3点バースト
武器ジャンルタイタン武装タイタン武装
タイタンダメージ330 - 330330 - 330
AT - クリティカル倍率1.5x1.5x
減衰開始点--
減衰終了点--
弾丸消失点--
弾速152m/s152m/s
発射レート105RPM320RPM
装填数1212
リロード / リキャスト3s3s
ゲージ消費-1ch/0.65s
持続時間--
ADS時間0.1s0.1s
Sprint out0.25s0.25s
最小キルタイム-0.000s-0.000s
最大キルタイム-0.000s-0.000s
最大DPS578440
最小DPS578314

と、まぁここまで持ち上げ気味に書きましたが、端的に言って地雷キットの類です。確かに奇襲性は上がるのですが、3点のチャージが遅いのでDPSやトラッキングの効率は否応なく下がります。単射時の発射レートも25パーセント低下と結構きついので、対パイロットの能力さえ下がってしまいます。

なので3点バーストを有効活用したいところなんですが、ノーススターのプラズマレールガンと違う点は、溜めれば溜めるほどDPSが下がることにあります。このため火力と回避を両立させることができません。

理想的な動きだと、隠れた状態で3点分チャージして、最小限だけ飛び出して攻撃なんですが、それだとDPSが通常時の半分まで低下するのが致命的。ダメージを稼ごうと思うのなら、結局は単射でゴスゴスの方が効率が良く、それだと前述の通り25パーセントのダメージ減です。

確かに3ラウンド主体なら回避力は上がって、被弾は少なくなるんですが、ぶっちゃけ強化パーティクルウォールを付ければ、攻撃力を下げずに被弾を減らせますし、このキットを付けて得になることが殆どありません。全タイタンの専用キットでも最弱クラスというか、付けると弱くなるという致命的なキットです。

共通キット

汎用キットだと戦闘力が向上するターボエンジンか、オーバーコアの二択なのは、他のタイタンと変わりません。全タイタンの中でも特に攻撃適正の低いタイタンですし、サルヴォコアなしだと対タイタンで競り勝つのが難しい面があるため、基本的にはオーバーコアを付けるのが良いと思います。

ターボエンジンは回避力を上げてくれますが、その部分はパーティクルウォールが埋めてくれるし、武装の瞬発力が低いので、他タイタンほどダッシュを有効活用できません。また近接戦闘において有利が取れる相手がほぼいないこともあって、ターボエンジンとの相性は全タイタンでも最も悪い部類かもしれません。

降下キットは安定のドームシールドで。

お勧めカスタム

防衛型

  • 汎用キット:オーバーコア
  • 専用キット:強化パーティクル
  • 降下キット:ドームシールド

パーティクルウォールでガッチリ守り、後方支援に徹するタイプです。サルヴォコアさえ撃てれば不利は覆せるので、それまでは引き気味に立ち回ります。パイロット相手でも強化パーティクルウォールは効果的なので、トーンの方向性としては一番無難な構成かと思います。

反面、苦手な相手は極端に苦手なので、ある程度諦めが肝心。上手く支援攻撃できれば、サルヴォコアが大いに回って敵タイタンを一掃できますが、いきなりローニンに絡まれたりすると、ある程度体力を削って無念の退場とかに。

パルスエコー型

  • 汎用キット:オーバーコア
  • 専用キット:パルスエコー
  • 降下キット:ドームシールド

パルスエコーを使って複数のタイタンをマルチロックし、ミサイルを雨あられと降らせようという構成です。在りしだと通常ルール全般でも鉄板に近かったのですが、弱体化のあおりを諸に受けてしまって今ではフロンティア・ディフェンス専用に近いです。敵タイタンが密集している場所にパルスエコー付きのソナーロックを撃ち込むと、複数のタイタンを一気に2トラックできるので、追尾ロケットをばらまいてコアメーターを一気に溜めることができます。サルヴォコアを短いスパンで連打できるので、通常攻撃の打撃力不足を補ってあまりあります。

サルヴォコアをひたすら連打する展開に持ち込むのが理想系なんですが、およそ通常ルールだと安定しません。まぁコアメーター加算率が3割から4割下がっていて、ソナーロックの範囲縮小、リキャスト低下。主攻となるサルヴォコアの打撃力も下がってるのですが、まぁ最初の状態が異常すぎました。イオンもそうだったのですが、まさに万能タイタンだった時代です。

スポンサーリンク
げぇむはしりがきWP PC336px




げぇむはしりがきWP PC336px




フォローする

スポンサーリンク
げぇむはしりがきWP PC336px




『タイタンフォール2: トーンのキット評価とお勧めカスタム』へのコメント

  1. 名前:いげん 投稿日:2018/02/11(日) 10:14:14 ID:6b9a035e3 返信

    トーンは苦手な相手を立ち回りや押し引きで誤魔化せるターボエンジンの方が主流だと思ってたので、オーバーコア優先って考えがあるとは思いませんでした!
    やっぱり身内外の考え見ると新鮮で参考になります