Cod BO4:スナイパーライフルの暫定評価と所感

シェアする

ぶっ壊れ性能だったWW2からすると大分マイルドになりましたが、PALADIN HB50とOUTLAWのバーストは普通に強いです。BO2からの火力低下を鑑みれば順当なステータスになっています。BO3、WW2のPC版レベルを期待してはいけない。あっちが強すぎだったのだ。

スナイパーライフル向きのルールHeistとか、バトルロイヤルとかがあるので、BO2からすると存在感は増したと言えるかも。

本稿はPC版を前提に執筆されています。家庭用機(PS4及びXBOX)はPC版よりも即死部位が多いなどのアッパー調整になっているみたいです。

PALADIN HB50

  • ダメージ:140
  • 即死部位(PC):頭部、肩、胸部
  • 即死部位(CS):頭部、肩、胸部、腹部
  • 発射レート:37RPM

もっとも高威力の大本命スナイパーライフル。割と同じみな対物ライフル系です。

過去作における同系統の武器では、BO2のDSRに近いですが、それよりも発射レートが低下しています。コッキングには1.6秒掛かるので、過去最低のキル効率に落ちています。

ADS時間は0.4秒です。こっちは割といつもの数値。

即死部位はデフォルトだと胸部までですが、大口径によって増やすことができます。大口径1で腹部(腰まで)と上腕(肘まで)が追加。大口径2によって肘から指先までが即死になります。説明書きには脚がどうとの書いてありますが、PC版の場合は脚には一切関係ありません(CSの使い回しのためだと思われます)。

大口径1に比べると、大口径2の効果範囲が弱いので、2まで付ける必要があるかは微妙なところ。ブレの減るスタビライザーでも良いような気はします。

即死部位の広さだと大口径2まで付けて、およそBO2のDSRと同じ位なので普通に使える武器です。即死部位に当たればアーマー持ちでも1発。FMJは即死部位から外れたときだけ意味がある形なので、壁抜きを多用しない限りは必要ないと思われます。

PC版だとBO3、WW2とぶっ壊れSRが続いていたので、ようやくまともな性能になったって感じがします。これより即死部位が広いのに、発射レート上とか、ADS速度上とかだったのが、普通におかしいんだよなぁ……。

私のSR命中率が大体50%くらいですが、前作、前前作だと膝下まで即死エリアのあるSRがあったため、出会った相手の半数が初弾の次点で死んでるわけなので、そりゃ強いわって話です。私よりエイムのいい人なんて、それこそ幾らでも居るわけですから……。

OUTLAW

通常時

  • ダメージ:110
  • 発射レート:70RPM
  • 即死部位:頭部

発射レート重視のシリンダー式スナイパーライフルで、今までにありそうでなかったステータスになっています。即死部位が少ないものの、手数である程度は補えるようになっています。とはいえ決定力の低さはネックなので、大口径で補っておいた方が良いとは思います。

ラピッドファイア時にはコッキング動作が0.15秒改善されて、発射レートが85RPMまで伸びます。とはいえ中距離だと2発目を撃つ余裕もまずないし、遠距離でも2発連続ヒットで最速0.7秒なので微妙。

オペレーターMODを付けると1発のダメージが下がるのですが、このまま使っても強みも無いので、素直にバースト運用する方が堅実だと思います。

バースト時(要:オペMOD)

  • ダメージ:78
  • 発射レート:600RPM (AVG 116RPM)
  • ディレイ:1.25秒
  • キルタイム:0.1秒

アタッチメントの説明書きではオートバーストになっていますが、オートで継続射撃はできない普通の3点バーストです。それに伴って武器の特性も大きく変化します。バランス調整の結果かもしれませんが、普通に別枠でも良かったような……。

BO3に登場した3点バーストスナイパー「P-06」と比べると、事前のチャージは不要になりましたが、発射レートも即死部位も減少していて、かなりパワーダウンしています。78ダメージの頭部x1.9なので、ヘッドショットしても1HKが取れないです。

とはいえ2HKでもキルタイムは0.1秒とかなり高速なので、正面切っての撃ち合いだと強いです。大口径で頭部1HKが追加、ラピッドファイアを付けると、バーストディレイが0.3秒短縮されるので、やっぱりアタッチメント大量搭載がベター。

通常時とは勝手が異なるものの、基本的にはバースト運用することになるでしょう。決定力が段違いなので、PALADINと並んで二強体勢を作っています。問題はそこまでの解放が大変すぎることですけど。

取り敢えず実戦で試しながらレベル上げするならHeistで使うのがお勧めです。ルール的にもスナイパーには向いていますし、最終まで強化すれば肝心要のオペMODが付くので楽に戦えます。

SDM

  • ダメージ:95
  • 即死部位:なし
  • 発射レート:220RPM
  • キルタイム:0.273秒

見た目的にM21っぽいですが、性能もM21だったセミオートスナイパー。ただしデフォルトの状態だと即死部位も無いので、スコープが邪魔なセミオートです。といってもキルタイムは良い方なので、ちゃんと当てれば普通に戦えるだけの火力を有しています。

歴代シリーズのセミオート系がそうであったように、可も無く、不可もなくな感じ。PC版BO3のDrakonはそこそこ強かったですが、他がもっと強かったですしね。

即死部位を付けるには大口径が必要。またグリップ2を付けているとタフネスの効果が乗るのですが、まぁそこまでする必要があるかは微妙なところ。枠的に厳しい感じは残ります。

KOSHKA

  • ダメージ:120
  • 即死部位:頭部
  • 発射レート:40RPM

過去作におけるBallistaや、Locasに当たるクイック系のスナイパーライフル。デフォルトのADS時間が0.35秒で、これだけだとSDMと同率タイなんですが、クイック1で0.3秒、クイック2で0.25秒になります。

すっごーいアサルトライフルよりも速い。

問題は即死部位の狭さによる決定力の欠如であり、大口径を付けても胸部までしかありません。発射レートも速くないので、当たるには当たるけど、殺しきれないケースが多発します。サブ武器とデクスタリティの存在はほぼ必須に近いです。

シェアする

フォローする

『Cod BO4:スナイパーライフルの暫定評価と所感』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/10/25(木) 02:32:11 ID:b54264699 返信

    相変わらずこのブログって誤字脱字が直ってないのな

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/10/25(木) 21:58:45 ID:35847bb66 返信

    深夜に書き込むことかそれ?

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/10/27(土) 10:05:06 ID:fb8fdbf5a 返信

    ニートだからやる事が無いだけでしょ