フォートナイト: スナイパーライフルの評価と運用ガイド

シェアする

Fortnite Battle Royaleに登場するスナイパーライフルの違いや、強さに関しての考察。アサルトライフルやミニガンに対してのアンチ武器であり、高い奇襲性を持っています。連射できるセミオートSRは弱いですが、他は1戦級の戦闘力を持っています。

スナイパーライフル概要

弾速あり、自由落下ありの狙撃用武器群です。即着のアサルトライフルなどと違って、偏差撃ちが必要になるので、慣れが必要ではあるものの奇襲性に富むのが魅力です。要所の敵を撃ち抜くことで、抜群の突破力を発揮します。

特性について

スナイパーライフルの弾速は初速が150m/s程度で、遠くに飛ぶほど加速します。150mで倍の300m/s位まで加速し、300m付近で他の武器と同様に弾の当たり判定が消失します。

自由落下する弾の目安は以下の通り。

100メートルごとに目盛り一つ分ほど弾が落ちるので、逆算して上を狙うと、命中弾を取りやすいです。また走っている相手には未来位置を予測して撃つ必要があって、そういった偏差撃ちの必要ないアサルトライフル(スコープ)に比べれば、かなり当てにくいです。

ちなみにレアリティが増すと、弾の当たり判定が強くなって直撃が取りやすくなる模様。弾速は変化してないと思われます。

運用に関して

撃ち合いに使うのは不向きなので、先制攻撃の1発目として使うのがメインです。1発撃ったら確定で位置バレするので、即座にクラフトで陣地を作るか、アサルトライフル等で追撃するか。仮にキルが取れなくても有利な状況で戦いを始められるし、シールドが掛かっていても確定で大きく削れます。

自身が建造した要塞や、高所の強ポジションから一方的に攻撃できるので、カウンタースナイプ以外があんまり怖くない。他のシューターと違って、接近されるリスクが極端に低く、特化型の武器を持つデメリットも低めなので、割と使い得な側面があります。特に止まっている相手には滅法強いので、撃ち合いをしている敵に横やりを入れたり、コソコソしている敵を速殺したり。

要塞同士の撃ち合いでは相手の攻撃に対して、カウンターとして差し込むのが良いです。アサルトライフルは止まっていないと精度が出ないので、要塞対要塞になると足が止まりがちになります。クラフトや撃ち合いで油断を誘い、ここぞというときに差し込んで、狙撃で沈めるというのがベターです。

スクアッドにおいても、これで一枚抜くことができれば、数的優位に持ち込めますし、盤面を打開するだけのポテンシャルを持っています。逆に自身が有利な状況だと、アサルトライフル等でごり押しする方が無難なので、使いどころが少なくなる印象。拮抗状態に近い状況で輝く武器です。

スナイパーライフルの種類と違い

武器一覧
項目ボルトアクションSR
/ AWP
セミオートSRハンティングライフル
発射形式ボルトアクションセミオートボルトアクション
レアリティレアエピックアンコモン
大ダメージ105 (300m)63 (300m)86 (300m)
中ダメージ---
小ダメージ---
対物ダメージ1056386
クリティカル倍率2.5x2.5x2.5x
発射レート19RPM72RPM31RPM
装弾数1101
リロード速度3s2.5s1.9s
持ち替え速度0.4s0.4s0.4s
ターゲット速度0.3s0.3s0.2s
腰だめ精度12122.55
ターゲット精度000.05
しゃがみ補正0%0%0%
移動補正+90%+90%+1000%
対物DPS337644
対人DPS337644
TTK100HP-0.000s0.833s1.935s
TTK150HP3.158s1.667s1.935s
TTK200HP3.158s2.500s3.871s

総じて使い勝手の悪い特化型の武器であるものの、本作では武器スロットが5枠あるため、足りない部分を他で十分におぎなえます。また自身が優位になる射撃ポジションをクラフトによって生み出せるので、有用性はかなり高いです。

ボルトアクション

装弾数1発で全く連射が効かない反面、高い奇襲性を持つ優れたスナイパーライフルです。最下級のレアでもダメージが100を越えています。シールドを持っていない相手なら胴体でも1ショットキルでき、シールド最大のときですらヘッドショットで確定キルが取れます。

ミニポーションの登場によって、HP100以上になっている相手が増えたため、やや影響力が低下したものの、確定でシールドを剥がせるため、先手を取ったときのアドバンテージは大きいです。クラフトがあるおかげで、1発を外しても不利にはならず、位置バレ以外にリスクがないので、良い的があったら積極的に撃ち込んで良いと思います。

ボルトアクションSR
項目ボルトアクションSR
/ AWP
発射形式ボルトアクション
レアリティレジェンダリー
大ダメージ115 (~300m)
中ダメージ-
小ダメージ-
対物ダメージ115
クリティカル倍率2.5x
発射レート21RPM
装弾数1
リロード速度2.7s
持ち替え速度0.4s
ターゲット速度0.3s
腰だめ精度12
ターゲット精度0
しゃがみ補正0%
移動補正+90%
対物DPS40
対人DPS40
TTK100HP-0.000s
TTK150HP2.857s
TTK200HP2.857s

レジェンダリーのスナイパーライフルは滅多に入手できませんが、レアのそれに比べて命中しやすいので強力です。恐らくは飛んでいく弾の直径が大きくなっています。それ以外においては、リロードがレアより0.2秒程度早くなります。

セミオートスナイパー

セミオートスナイパーは連射が効くものの、ボルトアクションに比べて威力面が大幅に低下しているため、奇襲攻撃と要塞に立てこもる敵を崩す用途だと適正が相当下がります。胴体ダメージは包帯の回復上限にも届かないので今一つ。ヘッドショット時には100オーバーのダメージを出せるものの、最大値の200には届かないのでやはり信用性に欠けます。

連射できることが長所であるものの、弾の初速が遅い関係から、二発目が通る可能性は低いです。一発目の音で即座に壁を出されたら、二発目の着弾までにはブロックされてしまいます。強い相手にはますます通用しません。

どちらかと言えば、複数の敵が要塞に立てこもるスクアッド向きかとは思うのですが、連射しているとカウンタースナイプの良い的です。はっきり言って弱いです。というかこれでも初期のバランスより強化されてるんだぜ。嘘みたいだろ……。

セミオートSR
項目セミオートSR
発射形式セミオート
レアリティレジェンダリー
大ダメージ66 (~300m)
中ダメージ-
小ダメージ-
対物ダメージ66
クリティカル倍率2.5x
発射レート72RPM
装弾数10
リロード速度2.3s
持ち替え速度0.4s
ターゲット速度0.3s
腰だめ精度12
ターゲット精度0
しゃがみ補正0%
移動補正+90%
対物DPS79
対人DPS79
TTK100HP0.833s
TTK150HP1.667s
TTK200HP2.500s

最上級のレジェンダリーでも微妙。投下物資から出てきたら、最悪の引きかもしれません。

ハンティングライフル

軽快さがウリのスナイパーライフルで、威力特化のボルトアクションSRよりも、取り回しに優れています。最大ダメージは大きく低下しましたが、胴体ダメージが75を越えましたし、ヘッドショット時には200ダメージを越えるので、最低限の奇襲性能は持ち合わせています。

ボルトアクションSRに比べればパンチ力に欠けるものの、不利な状況を一気に覆せるという共通点があります。

他のスナイパーライフルと異なる要素としては、ノンスコープなのでターゲット速度(ADS)が0.2秒と素早いことで、ボルトアクションに比べてクイックで攻撃しやすいという長所になっています。ただし止まっていないと弾が真っ直ぐ飛ばないし、スコープが無いので高さの目算が付けにくいしで、当てやすさという点ではボルトアクションには及びません。

ボルトアクションよりは近しい距離での戦闘向き。ボルトアクションの方が当てやすいですが、連射力があるので手数で補えます。頭に当てれば、例えシールドが全開でも即死なので、撃ち合いに混ぜていくと強いです。

ハンティングライフル
項目ハンティングライフル
発射形式ボルトアクション
レアリティレア
大ダメージ90 (~300m)
中ダメージ-
小ダメージ-
対物ダメージ90
クリティカル倍率2.5x
発射レート33RPM
装弾数1
リロード速度1.8s
持ち替え速度0.4s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度2.4
ターゲット精度0.05
しゃがみ補正0%
移動補正+1000%
対物DPS50
対人DPS50
TTK100HP1.818s
TTK150HP1.818s
TTK200HP3.636s

シェアする

フォローする

『フォートナイト: スナイパーライフルの評価と運用ガイド』へのコメント

  1. 名前:サプカス 投稿日:2018/03/07(水) 20:37:12 ID:647f7b661 返信

    ハンティングライフルはこれから修正されるらしいですよ。クロスヘアと実際の弾の分布が一致してないとか。

  2. 名前:game_memo(管理人) 投稿日:2018/03/10(土) 07:42:45 ID:7a46a52a6 返信

    どうやら、修正されたみたいですね。といっても、どう違っていたのか今一つ分からないんですけども……