フォートナイト: クラフト資源(木、石、鉄)による性能の違い

シェアする

クラフトに使う3種類の素材。木、石、鉄の違いについてです。v5.2のHotfixでクラフト資源との性能が再調されました。従来までと違って鉄資源の重要性が跳ね上がっています。

クラフト資源の概要

3種類あるクラフト資源は以下のような違いを持っています。同じ素材を使っていても壁だけは少しだけ耐久力が高く、素材によって特性が異なります。

素材初期耐久値最大耐久値ビルド速度ビルド時間HP150到達
木材(Wood)84 ~ 90HP140 ~ 150HP16HP/sec4秒4秒
石材(Stone)94 ~ 100HP280 ~ 300HP18HP/sec11.5秒3秒
鋼材(Metal)102 ~ 110HP460 ~ 500HP16HP/sec25秒2.5秒

初期耐久力というのはクラフトを設置した瞬間に壁や階段が持っている耐久力。そこからビルド速度に応じて耐久力が徐々に増加していき、最大耐久力になったら完成です。共通して半透明になっている作りかけの状態だと耐久力が低くて壊されやすい。

咄嗟に置いただけでは攻撃によってすぐに破壊されてしまったりするので、カバーを二枚にして、片方を完成まで守るなどの運用が必要になってきます。二重にしておけば壊された瞬間に弾が抜けてダメージを受けるなどの心配も無いですしね。

現行のバランスだと明確に木よりも石、石よりも鉄の方が強いので、集めるときには後者のものを優先した方が良いです。できることなら良い素材を温存したいですが、使わずにやられるのは不味いので、敵の動きや位置などを考慮して使い分けましょう。

最近の変更点

v5.1から変わった部分は初期耐久力がメインですが、それ以外の部分も少しずつ変わっています。

  • 木の初期耐久力が増化(80→90)
  • 石の初期耐久力が増化(80→100)
  • 鉄の初期耐久力が増化(80→110)
  • 木のビルド速度が減少(19HP/sec → 16HP/sec)
  • 石のビルド速度が減少(20HP/sec → 18HP/sec)
  • 鉄のビルド速度が減少(18HP/sec → 16HP/sec)

基本的には初期耐久力が増えて作りかけを壊されにくくなり、代わりに完成までの時間が少し伸びました。

また初期バランスのクラフトだと、木の方が咄嗟に置いたときの耐久力が高く、鉄はその逆という仕様でしたが、どういう使い方をしても鉄の方が強いという形になりました。戦闘に使うなら石、鉄推奨ですね。

1次ソース:

他に類を見ない広大なワールドを舞台に、クラフトや戦利品を集めながら、他のプレイヤーと協力して巨大な砦の建設したり、モンスターの群れとバトルするアクションビルディングゲームです。

初期耐久力が増えて、僅かに稼げる時間が増えましたが、最大耐久力に不安が残ります。基本的には序盤の戦闘、及び道中の移動用という状況は変わらないでしょう。入手場所が限定されていないので、取り敢えずクラフト素材が必要な状況で重宝します。

反面、後半に使うには耐久力不足で困ります。エディットによる作り直しで耐久力が極端に落ちないという利点があるものの、それ狙いで木を使うのはちょっと難しい。基本的には使い捨てして、石や鉄を温存するためのものですね。

木の最大耐久力であるHP150までの到達がv5.1から更に高速化して、信頼性の高さに定評が出てきました。初期バランスの木資源に比べると、今だHP200到達の速度で1秒以上劣りますが、全部壊されるとは限らないので、同じ位の強さはあると思います。

効率の良い入手経路が大きめの石、モアイなど限定されているので、纏まった数を手に入れるには少し場所を選びます。行きがけにそれなりの石が落ちているのも少なくないので、見かけたら殴っておいて損は無いでしょう。

石と同じくして初期耐久力が増化、HP150の到達も石以上に高速化しました。作りかけでも頼りになります。反面ビルド速度が減少して、最大耐久力まで伸ばすのに相当時間が掛かるようになっていますが、基本的には強化とみて良いでしょう。

HP200への到達が初期バランスの木ほど速くないという点は、現在の石と変わりません。石と同様に1秒以上多めに掛かるわけですが、最大耐久力が2.5倍もあるので、これ位強かったら初期の木とも十分に張り合えたでしょう。

現行のバランスだと最強の素材です。ただしエディットすると極端に耐久力が下がるという欠点があるので、それだけは注意が必要です。

普遍的には石以上の性能を発揮するのですが、問題は入手経路の少なさです。纏まって入手できる場所は限られていますし、一殴り辺りの回収効率もすこぶる悪い。石と比べて極端に強いとは言えないので無理して集める必要も無いですが、余裕があったら車を殴ったり、フェンスを殴ったりしておきましょう。

シェアする

フォローする