フォートナイト: ショックウェーブ・グレネードの性能と運用ガイド

シェアする

v5.3で追加された新アイテム「ショックウェーブ・グレネード」は、「インパルスグレネード」、「リモート爆弾」を足して2で割ったような性能の投擲アイテムです。上手く使えば距離を詰めるのも、クラフトを破壊するのも自由自在。色々できそうなポテンシャルはあるんですけど、効果的な運用の仕方がちょっと難しい気がします。

切り札感が強いですが、取り敢えずの用途で使ってよいのかも。

アイテム概要

v5.3のコンテンツアップデートで追加された敵味方をはじき飛ばすグレネードです。従来から存在したインパルスグレネードの強化型みたいな立ち位置で、レアリティも一段階上昇してエピックになっています。

1セット2個で、6個までスタック可能。

投擲すると爆発し、周囲のプレイヤーを吹き飛ばすのはインパルスと同じですが、それよりもパワフルです。吹き飛ばす距離がインパルス対比で倍になっていますし、障害物があっても破壊して突き抜けます。

落下ダメージ無効化も付いているので、インパルスグレネードとは使用感が異なる部分があり、使い方は一様ではありません。上記公式の動画では敵を吹き飛ばしたりもしてますが、恐らくは自分を飛ばす使い方が主流にはなりそうですね。

 ショックウェーブインパルスバウンサー
形式投擲投擲トラップ
レアリティエピックレアレア
飛距離24メートル12メートル12メートル
破壊効果16メートル××
落下ダメージなしありなし
入手数233
最大ストック69999

主な運用方法

インパルス+リモート爆弾みたいな存在ですかね。

ボムジャンプによる高速移動

自分自身の足下に投げ、自爆で素早く間合いを詰める、あるいは緊急回避するという使い方です。ショック・ウェーブの場合、従来までのインパルス・グレネード対比で2倍の移動距離を持つので、瞬発力に秀でています。

ショックウェーブ1個で約24メートル――クラフト換算で縦方向6マス、横方向5マスも移動できます。縦方向へ飛んだ際には、一気に7段のやぐらが建造できるので強力な切り返しになります。

弾き飛ばしの初動から約16メートル(4段分)までは障害物を破壊しながら移動する効果も付くので、敵のクラフトをぶち破って簡単に上を取り返せたりと、戦闘では切り札寄りのポジションです。落下ダメージ無効化が付いているので、強引なポジショニングにも使いやすいです。

トラップ枠のバウンサーと違い、スロットを圧迫するのが欠点ですが、1個で二枚分相当の距離を稼げるのは魅力です。間合いを詰めるときは飛びすぎに注意ですが、緊急回避目的なら取り敢えず使っても、直線的に飛びすぎなければ大丈夫。

何だかんだで、スロットに空きがあるなら持っておくだけで便利です。

人間大砲

先にも述べたように、吹き飛ばし発動から約16メートルの間はクラフト破壊の効果が付きます。なので敵のクラフトに向かって自分自身を飛ばすことで、擬似的な対物攻撃、特殊なランチャーとして使えます。

鉄のやぐら相手でも全力の体当たりで破壊可能ですし、タワーの中をくり抜いてごり押しできます。4段のやぐらくらいなら全損させることできて、仲間がいる場合には、「お前が弾になるんだよ!」ということも……。

一番堅実なのは階段を破壊することですが、クラフトの破壊効率としても地味に強力なので、普通の銃火器で攻撃するよりは崩しやすいです。また発動が早いのでリモート爆弾に次ぐ使い勝手の良さ、奇襲性の高さが強いです。飛翔できる距離に対して、クラフト破壊能力の持続が短めなので、4段以上をぶち抜こうとすると頭をぶつける点には注意ですが、まぁそれで即死することは無いので、対物用途でガンガン使って良いとは思います。

とはいえ、タワーの外から上に向かって飛べば、24メートル浮上するので屋上まで普通に届きますが、中で使って床を破壊しながら上を目指すと、16メートル前後の5階で頭をぶつけてしまって屋上までは届きません。移動に使いたいのか、破壊に使いたいのかで使い分ける必要が一応あるみたいですね。

敵をはじき飛ばす

敵をはじき飛ばす目的で使うには、落下ダメージ無効化が付いているのが欠点です。一応、クラフトを突き破って下に落とせたりしますが、正直安定するようにも思えません。基本的には自分を飛ばして距離を詰めるか、クラフトを破壊するかに使った方が良いんじゃないかと、現時点では思います。

飛距離があるので最終局面で敵を吹き飛ばす目的が一番確実でしょうか。落下ダメージはないですが、リカバリーが難しいので致命打になりやすいです。

シェアする

フォローする