フォートナイト: シーズン6の背景ストーリーと、これまでのお話

シェアする

フォートナイトのシーズンに纏わる背景ストーリーまとめです。シーズン4の映画撮影から始まり、世界の裂け目によって引き起こされる事件と、スキンのキャラクター達の姿がフレイバーテキストで少しだけ語られています。

ロボの登場と暗躍によって、次回シーズンの布石が打たれていますね。

これまでのお話

バトルパスの概念が生まれたのはシーズン2からですが、明確に背景ストーリーが生まれたのはシーズン4からです。

シーズン4

島で映画を撮影していたスタッフの話です。

シーズン3の末期から始まっていた流星群の飛来によって、島のあちこちに隕石が衝突。島でヒーローものの映画を撮っていたスタッフが「撮影費用が浮いたぜ、ひゃっはー」と悪のりする中、ダスティ・ディポットにあった巨大隕石の中から、緊急脱出ポッドらしきものが表出しました。

ポッドに乗っていたビジターは映画セットの一部だったヴィランのロケットを改造。その発射シーンはゲーム中に1度だけのリアルタイムイベントで描かれています。高速で弧を描くロケットと、時空に亀裂が走る派手なものでした。

ロケットが発射されたことによって、島のあちこちに時空の歪みが発生したのですが、その歪みはシーズン6現在でも残っています。ビジターの行動に関しては謎が残りますが、恐らく彼は自分が元いた世界に帰るために、ロケットを改造したのではないかと推測されます。

シーズン5

来訪者ドリフトの青春ロードムービー。

シーズン4で発生した時空の歪みは更に拡大し、異なる世界同士を繋げ始めます。砂漠エリアの出現、ヴァイキングの砦の転移など、シーズン5からのマップ変貌も多いです。異世界の住人であったドリフトも、そんなコンフリクションに巻き込まれてしまいました。

ドリフトは移転先で出会った虹色ボンバー達と意気投合。途中、悪の忍者集団に襲われつつも、冒険生活を満喫します。そんな中、雷鳴と共にキューブが出現しました。キューブは各地を移動しながらルーンを刻み始め、ドリフト達一行も興味本位からそれを調べ始めるのですが……。

いよいよシーズン5も大詰めなので、シーズン総括シリーズその1。バトルパス購入者がロードトリップチャレンジをクリアすると、対応したロードスクリーンを貰えるのですが、そのロードスクリーンで語られるシーズン5の背景ストーリーまとめです。

シーズン6のロードスクリーンと物語

バトルパスのハンティングパーティーチャレンジで語られるロードスクリーンの背景ストーリーまとめです。ロードスクリーンのフレイバーテキストとして、ヒロインのカラミティを軸とした復讐譚が描かれています。

大牧場の中で

理由は定かではありませんが、ラマが次々と囲いから逃げています。

物語の始まりを告げる一枚。

ウェイリングウルフ

ファイアフライは奇襲を掛けるための陽動に使えます。

おっさん死す。

というか、彼はあくまでラマであり、実際に犠牲にあったのはW1で登場していたカカシ夫妻の方なんでしょう。W1のロードスクリーンに存在する小型農場はパラダイス・パームズの東に存在するのですが、家屋の側に墓と思われるものが2つ存在します。

元はここで落下死したストリーマーの墓だったような気もしますが、物語に被せた感じでしょうか。カラミティが復讐者になる一幕。

農場あとに存在する墓

寓話の狩人

群れがバラバラになると、それ以上噛みついてくることはなかった。

夕暮れ時のディナーデート

食欲がそそられる色、それが赤。

ナイトコブン ラウンドアップ

太陽が沈む時、恐ろしい狩りが始まる。

「フォートナイトメア」イベントが始まり、あちこちでゾンビが出現した週。ナイトコブンというのは、魔女の集会らしいです。

絶望のふちで

倒れた皆のため、残された2人が立ち向かう。

形勢逆転

太陽が昇り、闇は力を失う。

フォートナイトメアイベントの終了。

それに伴うワンタイムイベントでは華々しく散るキューブと、リーキー・レイクが新生する姿が描かれました。

キューブの崩壊イベント

狙いを定めて

着地シーケンス完了。偵察プロトコルを開始します。

前の流れは何だったのかという場面転換があり、野獣の眼光を持つロボット出現しました。通例通りならシーズン7への布石ということになりますが、次のテーマはSFとかになるんでしょうか。

ちなみにロボット降下あとのパラシュートは、今もフラッシュ・ファクトリーに残っています。

ロボが降りた後

追憶

ストーム過ぎれば花も咲く

カラミティの復讐が終わり、新生したリーキー・レイクで良い雰囲気になる2人。しかし、その後ろに忍び寄るロボの姿が……。シーズン5もそうでしたが、海外のホラーみたいな一転攻勢が多いですね。

ダンスパーティー

全て忘れて踊り明かそう。

「ダイナモ感覚、ダイナモ感覚」。

なんか故人と思われる人がダンスフロアに大勢いるのですが(というかストーリー的には全員死んでてもおかしくないよな……)、スピーカーの上でギターを弾くオレンジヘッドに忍び寄るロボットがちらりと。

多分変態だと思うんですけど。

次シーズンの布石?

裂け目の謎

シーズン5で出現した小型の裂け目ですが、キューブ崩壊イベントではまるで生き物のような描写になっています。それまでは動くことが無かった裂け目が、蝶のように羽ばたき、プレイヤーの側に寄ってきました。

その裂け目の研究所と思われる地下基地がウェイリング・ウッズに存在していて、ワープ装置が開発されるなどの変化を見せています。ロボの登場と良い、なにやらSFの臭いがしてきました。

このワープ装置が完成したのが、キューブ崩壊直後なので、次シーズンでこれが拡張されるとかでしょうか?

シェアする

フォローする

『フォートナイト: シーズン6の背景ストーリーと、これまでのお話』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/12/02(日) 13:09:22 ID:dfe1b859c 返信

    バトルパスの概念が出たのはシーズン2では?

    • 名前:game_memo(管理人) 投稿日:2018/12/02(日) 13:17:28 ID:b121392f0 返信

      そうでした。訂正致しました。ご報告ありがとうございます。

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/12/02(日) 17:08:53 ID:be665a83b 返信

    というか、彼はあくまでラマであり、

    ちょっとどういう意味かわからない

    • 名前:game_memo(管理人) 投稿日:2018/12/03(月) 08:21:25 ID:a3eac5b32 返信

      公式のお遊びみたいなものだとは思うんですけど、スキンの雰囲気的に浮いているので、ラマの姿をした人間というよりは、人間の姿をしたラマ役かなぁという推測ですね。

      ロリババァがロリなのか、ババァなのか判断に迷うみたいな

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/12/03(月) 01:42:26 ID:6782243a9 返信

    カカシ死んじゃったよ〜

  4. 名前:匿名 投稿日:2018/12/03(月) 04:22:07 ID:15613b209 返信

    ダイナモ感覚は通じないなぁ今の世代には…笑

    • 名前:game_memo(管理人) 投稿日:2018/12/03(月) 08:19:23 ID:a3eac5b32 返信

      マジかぁ……

      • 名前:匿名 投稿日:2018/12/04(火) 16:04:47 ID:317291d74 返信

        DJDJ…(届かぬ思い)

  5. 名前:匿名 投稿日:2018/12/03(月) 09:56:46 ID:b55ace36a 返信

    SFがテーマになったらビーム出す武器とかでそう
    ビーム!ビーム!

  6. 名前:匿名 投稿日:2018/12/03(月) 23:31:38 ID:88cebccf9 返信

    最後のダンスフロアにダスクも仲良くいる事から結局は寓話、お芝居のような感じなのかなと思っています

    • 名前:game_memo(管理人) 投稿日:2018/12/04(火) 07:44:40 ID:5b9334556 返信

      そういう意図はあると思います。アメリカでは子供向けのテレビ番組やゲームにおいて、殺人と見えるような描写をするとNGになってしまうので、あくまで遊びとしての表現に留めないと駄目らしいです。

      シーズン4も表向きはヒーローとヴィランの対決みたいな表現になっていましたが、実際はスキンになっているカーバイドもオメガも役者だったってオチですからね。