ゴッド・オブ・ウォー: クレイトスのお勧めスキルと攻撃パターン

シェアする

クレイトスのスキルと各種武器の有力攻撃について。スキルポイントは最終的に余りまくるので全部取ることにはなるんですが、やっぱり先にとっておいた方が良いものや、仮に取っても使わないコマンドが結構あります。

リバイアサン

ダメージを取る目的なら終始主力になる武器です。リーチは短いですが火力があり、斧投げもガンガン刻めて重宝します。

近距離なら各種叩き付け系攻撃でエリアルに持ち込むか、ギロチン・クリーブを使って処刑モーションを出していくのが無難。敵からの反撃を受けにくく、ダメージ効率も良いです。

そのため近接系スキルは最初期から取れるギロチン・クリーブと、フロスト・クラッシュが最重要。取り敢えず取っておかないと、ちょいちょい苦しい場面が出てきます。フロスト・クラッシュに限らず、このタイプの叩き付け攻撃は敵を浮かせつつ、凍結させるのでリバイアサンの通常攻撃では主力になります。

飛び道具持ちや、素早い相手には投げ斧連投がメインになります。レヴェナントやタッツエルブルグには取り敢えず連投で。後半になると第二武器の関係から、フリーズスローで止めてしまうのが良いでしょう。

投げ斧は低リスクでチクチク出来て強いんですが、今一つスキルによる恩恵を感じません。一番重要なフリーズ・スローは最初から覚えていますし、飛び道具はアトレウスのスキルを強化する方が良いので、余裕があったらクリティカル・スローを取る位で十分です(スキルポイントが余ったら全部取るんですけど)。

ギロチン・クリーブ

R2長押しで強烈な一撃を繰り出す攻撃。前隙が非常に大きいものの、怯まない相手でも組み付いて反撃を受けないという利点があります。スーパーアーマー持ちを処理する際に使う事になるので、まず最初に覚えた方が良いスキル。

ダメージ量はかなりのもので、ルーンアタックにも匹敵します。ボス相手への火力やスタンは勿論のこと、大抵の雑魚は組み討ちで即死になるので、乱戦においても強いです。

フロスト・クラッシュ

こちらも最初期に取れるスキルで、R1→R1→R1→R2でフィニッシュ叩き付け攻撃を繰り出します。これに関わらずリバイアサンの叩き付け攻撃はどれも強力なのですが、最初期に覚えられてコストも安いので特に重要度が高いです。

強力なエリアル始動技で、これで敵を浮かせればR2攻撃連打で一方的に攻撃できます。

後半はルーン値重視の構成にする方が闘いやすいので、それとの相性も良いです。ルーン200で冷気爆発が付加されるようになって、雑魚敵なら1発で凍結に持ち込めます。範囲ダメージになるので、周りの敵も纏めて攻撃できるのも良い。

凍結強化の呪力を付けておけば、敵の動きを効率良くスローに。

リバイアサン・ヒューリー

フロスト・クラッシュと同じ叩き付け攻撃ですが、こちらはダッシュから出せるので更に使用頻度が高くなる一撃。その他性能はフロスト・クラッシュと恐らくは同じ。ルーン175で爆発が発生して、尚更強くなるのも同じ。

リバイアサンのダッシュ攻撃では一択の強さなで、あると立ち回りが変わってきます。取れるようになったら取り敢えず取っても良い。

守護者の盾

なんか地味な位置なのですが、立ち回りに影響するものが多いので、取得優先度は高いと思います。スタン攻撃は光の矢を手に入れて以降、かなり有力な攻撃になるのですが、取得コストが結構重い。まずアトレウスの強化などを優先したいので、後回しにはなりがちです。

素手での攻撃はダッシュR2→R2長押し→R2追撃の盾系がお勧め。かなりスタンダメージを稼げて、隙も比較的小さい。後半になると装備の質が上がって、必然的に盾攻撃が強化されるので(防御250が条件)、クリア前後に至っては多用するようになるでしょう。

レイジスキルは使えるタイミングが少し限定的。おまけに高コストなので後回しにした方が良いと思います。岩投げなど、割と地雷。ゲージ消費の効率が悪すぎて、仮に取ったとしてもほぼ使いません。

ガード・ブレイク

盾を持った敵全般に対してほぼ必須のスキル。敵のガードを崩して、怯ませます。道中でも盾持ちはすぐに現れるので、速めに取っておいて損はないです。必要XPも500ポイントとリーズナブル。

ヴァルキュリアはガードを崩されたあとに大きな怯みを発生させるので、このあとにウートガルドの一撃や、スィアチの爪の溜め3連が確定で入ります。

ガーディアン・ジャッジメント

派生前のガーディアン・スラムと合わせて、スタン値稼ぎの主力技です。R2長押しで盾による一撃、更にR2で追撃の衝撃波を繰り出します。基本としてはセット運用になるでしょう。

これ+光の矢だけで大抵スタンできますし、ダメだったら、ルーンアタックでだめ押しすればOK。オーガ騎乗の片道切符な技です。

ネックなのは取得に必要なXPがかなり重いこと。後半は余り放題なXPですが、こと中盤までは使い道が多いので、派生前と合わせて5000ポイントは少々重い。強いけどもコストを要するスキルです。

ポイント分の働きはしてくれますが、若干後回しでもよさげ。まずはアトレウスの光の矢を強化したり、ヘルの指先を強化したりする方が良さそう。

ショルダー・アタック

スタンコンボの初動技なダッシュ攻撃です。アトレウスの光の矢を浴びせながら突進し、R2でショルダー・アタック。そこからR2長押し→R2でガーディアン・ジャッジメントまで繋げて、一気にスタンに持ち込めます。

おまけに吹き飛ばし能力が高いので、場所によっては敵を突き落として即死が狙えます。利便性が高く、リトライ時に決め撃ち退場が狙えてしまう。

ブレイズ・オブ・カオス

ブレイズ オブ カオスはリーチがある分、打撃力はリバイアサンより低め。また斧投げに比べて潰しが利かないので、器用貧乏な感があります。火力不足は火炎属性で多少補えますが、敵の動きを止められる凍結に比べるとやはり弱め。特性上ボス相手には使いにくいですし、もっぱら雑魚の掃討武器になっています。

近接攻撃は叩き付けで炎のフィールドを残すカオス・インフェルノが重要。というか、基本敵にはこれかフック攻撃しか使いません。

フック攻撃は直射するR1攻撃がメイン。直射で横へのリーチ不足はありますが、与える火炎ダメージが強力。まぁそこまで多用はしませんが、R2のなぎ払いに比べれば使い道が多いです。

カオス・インフェルノ

全体的に火力不足なカオスの攻撃ではもっとも使えるフィニッシュコンボ。横方向のなぎ払い1回目からの連携で出せます。基本的にはこれを使っていく形で良いかと。

能力アップ系

ブレイズ・オブ・カオスをLv5にしたときに取れるようになる能力アップ3種類。それぞれ10ポイントだけですが、筋力とルーンと運がそれぞれ向上します。ひとつ10000ポイントと高額ですが、すでにクリア後なので、スキルポイントは余っているはず。