フォートナイト: タクティカルアサルトライフルの性能と使い方

シェアする

《タクティカルAR》はv9.0で登場した精度重視のフルオートライフルです。集弾特性に優れているので、敵に当てやすい武器ではあるものの、火力不足で目立った活躍はありませんでした。

しかし、v23.0以降で付属サイトを使うように変更。それを大幅な性能向上に繋がり、一流武器の仲間入りを果たしました。

v29.3では武器MOD対応版という同名の下方修正モデルも登場しました。元からサイト付属だったので、弾速分だけ弱くなってます。

《タクティカルAR(MOD)》はv29.3にて登場した武器MODに対応したアサルトです。 過去に存在していた《タクティカルAR》を割...
スポンサーリンク

データ

武器一覧
項目タクティカルARタクティカルARタクティカルAR
レアリティレアエピックレジェンド
発射形式フルオートフルオートフルオート
最大ダメージ21 (40m)22 (40m)23 (40m)
最小ダメージ14.7 (80m~)15.4 (80m~)16.1 (80m~)
クリティカル1.5x1.5x1.5x
対物ダメージ212223
連射速度420420420
装弾数30発30発30発
リロード時間2.2s2.1s2s
腰だめ精度3.1 - 5.12.9 - 4.852.8 - 4.6
ADS精度000
精度補正
(屈み、歩き)
-20% / +0%-20% / +0%-20% / +0%
持ち替え0.4s0.4s0.4s
初登場2019-05-152019-05-152019-05-15
TTK100HP0.571s0.571s0.571s
対人DPS147154161
対物DPS147154161

簡易解説

精度重視のフルオート

SMGと同じ《小口径弾》を使う変則的なアサルトで、火力は低めですが、射撃精度が高いです。

付属しているドットサイトを使うことで、ADS時に100%の射撃精度になるので、撃ち合いにおいては圧倒的な優位性があります。

  • 火力が低い
  • 一般的なアサルトより短射程

――などの欠点はあるものの、即着で絶対に当たるという優位性があるので、中距離以遠の撃ち合いではDPSの不足を感じさせません

v23.1

チャプター4・シーズン1においては、通常ドロップしない貴重な武器でしたが、終盤の主力として広く活躍しました。特にゼロビルド環境での適性が高いです。

移動ペナルティがない

《タクティカルAR》は移動しながら射撃しても精度が落ちない元祖のフルオートライフルです。

例えば同系統の《アサルトライフル》だと、移動時には80%の拡散増化が掛かります。

移動撃ちすると極端に命中率が下がるので、攻撃を当てるには足を止めないといけないが、そうすると不意打ちも喰らいやすくなるというジレンマが発生していました。

《タクティカルAR》はこういった精度低下ペナルティが存在せず、動いていても止まっていても同じ精度で撃てます。

v23.0以降では付属の光学機器を使うようになったので、それが役立つ機会は乏しくなりましたが、腰だめ撃ちでの命中率には繋がるので、《タクティカルAR》が苦手とする近距離の不利をある程度は補ってくれます。

後からドットサイトに対応

リリース当初の《タクティカルAR》は光学機器なしの武器として扱われていました。武器のグラフィックには描かれているのですが、これは元ネタの武器との兼ね合いであって、ゲーム中では普通の武器でした。

というより、チャプター3で《MK7アサルトライフル》が登場するまで、低倍率サイトを付けた汎用アサルトという概念が存在しませんでした。

チャプター4・シーズン1になって《タクティカルAR》が復活するのですが、グラフィックではサイトが付いているのに、これでは変じゃないかとなったのでしょう。v23.0から唐突にサイトを使うようになり、一気に武器としての性能が跳ね上がりました。

後にも先にも、こういう上方修正は初めてのことでした。

映画タイアップ武器

あんまり知られていなさそうですが、《タクティカルAR》は映画「ジョン・ウィック」シリーズとのタイアップとして登場した武器です。

映画「ジョン・ウィック2」にて主人公が使った「TTI TR-1」というAR-15のカスタムモデルを、期間限定モード「ウィッグス・バウンティ」の初期武器となるべく登場させたものです。

《コンバットSG》も同じ形で追加されているので、《コンバットSG》とは兄弟のような関係です。

スポンサーリンク

武器比較

武器一覧
項目アサルトライフルタクティカルARサプレッサー付きSMG
レアリティ
発射形式フルオートフルオートフルオート
最大ダメージ36 (50m)23 (40m)24 (20m)
最小ダメージ23.4 (100m~)16.1 (80m~)10.8 (40m~)
クリティカル1.5x1.5x1.75x
対物ダメージ362324
連射速度330420468
装弾数30発30発30発
リロード時間2.1s2s1.8s
腰だめ精度2.4 - 3.852.8 - 4.63 - 6.8
ADS精度1.55 - 2.501.8 - 4.1
精度補正
(屈み、歩き)
-20% / +80%-20% / +0%-15% / +17%
持ち替え0.4s0.4s0.4s
初登場2017-09-262019-05-152017-11-21
TTK100HP0.364s0.571s0.513s
対人DPS198161187
対物DPS198161187

vs アサルトライフル

チャプター1時代の末に競合し、チャプター4・シーズン1でも競合したライバルです。

チャプター1時代ではDPSの分だけ《アサルトライフル》優位の状況でしたが、チャプター4になって《タクティカルAR》にADS時に100%命中という上方修正が入ったので、立場が一夜のうちに逆転しました。

依然としてDPSの差があるので、近距離の戦いでは《アサルトライフル》が優位ですが、中距離になるとダメージレースは圧倒的に《タクティカルAR》有利です。

またゼロビルドではサイトを使えるだけで強武器の証みたいな側面があるので、こちらでは《タクティカルAR》を選ばない理由がありません。

入手方法

チャプター4・シーズン1

復活はしましたが、通常のドロップでは入手できず、同シーズンで実装された新システム《現実拡張》での選択によってのみ入手できます。

敵から奪うこともできそうですが、そもそも該当の《タクティカル武器庫》がレアなので、入手性は良くありません。

拡張現実はチャプター4・シーズン1(v23.0)で登場した選択式のパッシブスキル群です。マッチ中に時間経過で獲得できるようになり、それに応...
スポンサーリンク

変更点

v23.1

  • 対人ダメージが低下(22/23/24 → 21/22/23)
  • 対物ダメージが低下(24/25/26 → 21/22/23)

サイト運用武器としては強すぎる状態だったので下方修正を受けました。

v23.0

  • ターゲットモード時にサイトを使うように変更

外観に合わせての仕様変更なんですが、チャプター3以降で実装されたライフルのドットサイト使用は非常に強力。

特にゼロビルドでは精度と射程が大きく影響するため、中堅やや下くらいから、一気にトップメタクラスの武器へと立場を向上させたと思います。

スポンサーリンク
申し込む
注目する
guest

9 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
匿名
匿名
3 月 前に

弱体化しなくて良い気がするどうせMKアルファアサルトライフルの下位互換だから

ななし
ななし
7 月 前に

どこのタイミングでヘッショ倍率変わったんだろ
確かC2S5の時点ではまだ1.75倍だったハズだし

ななし
ななし
7 月 前に
に返信  ななし

スコープ付きになった時じゃない?
ヘッドショット狙いやすくなったわけだし

ななし
ななし
8 月 前に

タクティカルアサルトライフルはヘッドショット倍率1.5ですよ。

蚊
1 年 前に

指切り射撃すれば遠距離でも対応できるし、連射速度速めだから近距離でも対応できる神武器
タクティカル武器庫を引けた時の嬉しさはレア度とも相まってトップクラス

ななし
ななし
1 年 前に

バトロワモードではサイトを覗くようになりましたが、クリエにあるものだと覗かないままですね。

蚊
9 月 前に
に返信  ななし

普通にスコープですよ?

ななし
ななし
6 月 前に
に返信 

一時期そんなときがありましたよ

タクアサ愛してる
タクアサ愛してる
2 年 前に

元ネタはSIG SAUER MPX TTIです。
TR1は5.56(中口径),MPXは9mm(小口径)なので口径の大きさが違います。スコープはショートスコープ。あとはバレルの長さ、見た目と色の違いがあります。
マガジンとロワーレシーバーとグリップでわかりません?