フォートナイト: サイレンサー付きサブマシンガンの性能と使い方

シェアする

サイレンサー付きSMGは最初期に登場したサプレッション効果を持った武器です。

ブマシンガンの全てが大規模に弱体化したシーズン5以降では、弱体化が軽微だった関係から最強のSMGに君臨していました。

v12では久々に帰還しましたが、再び大きな弱体化を喰らっており、レアリティの割に強いという立場を喪失しました。

精度重視のSMGであり、火力は控えめになっています。

データ

サプレッサー付きSMG
項目サプレッサー付きSMG
モチーフMP5SD
レアリティレア
発射形式フルオート
最大ダメージ22.0 (0~20m)
最小ダメージ9.9 (40m~)
クリティカル1.75x
発射レート468RPM
装弾数30発
リロード時間2s
腰だめ精度2.5 - 4.6
ターゲット精度1.5 - 2.8
精度補正(しゃがみ、歩き)-15% / +17%
持ち替え0.4s
対物ダメージ22.0
TTK100HP0.513s
対人DPS172
対物DPS172
最終更新日:2020/7/3

武器解説

サプレッサーが付帯しているので、銃声が聞こえる範囲が制限されており、周囲の敵に気取られにくい特性を持っています(黄色の範囲)。

またサブマシンガンというジャンルにおいては、最も高精度な攻撃ができる武器です。特に撃ち始めの精度が良く、ライフル並みの集弾性を発揮します。

半面、サブマシンガンとしては火力が控えめで、v12以降は更なる弱体化によって、その傾向がますます強まっています。

武器一覧
項目アサルトライフルサプレッサー付きSMGサブマシンガン
レアリティレジェンドレアレジェンド
発射形式フルオートフルオートフルオート
最大ダメージ36.0 (0~50m)22.0 (0~20m)20.0 (0~20m)
最小ダメージ23.4 (100m~)9.9 (40m~)9.0 (40m~)
クリティカル1.5x1.75x1.75x
発射レート330RPM468RPM600RPM
装弾数30発30発30発
リロード時間2.1s2s2s
腰だめ精度2.4 - 3.852.5 - 4.63.7 - 4.1
ターゲット精度1.55 - 2.51.5 - 2.83.1 - 3.4
精度補正(しゃがみ、歩き)-20% / +80%-15% / +17%-10% / +5%
持ち替え0.4s0.4s0.4s
対物ダメージ36.022.020.0
TTK100HP0.364s0.513s0.400s
対人DPS198172200
対物DPS198172200

同じレアリティだと、サプレッサーなしのMP5に比べて、DPSが25%くらいは低下します。正面で撃ちあうには不利過ぎる数値差です。密着して撃ち込むような用途には使えないです。

必然的にショットガンの射程外から削ることになりますが、それだとアサルトライフル等と役割が被っているので、よっぽどのことがない限りは選択しにくいです。高レアリティのアサルトライフルに比べると、純粋火力でも劣るので、最終決戦まで残しにくいです。

過去からの変更点

比較的早期に追加された武器なので、上がったり下がったりしています。通算すると以下のようになります。

  • ダメージが増加(すべてのレアリティで+3)
  • 発射レートが低下(540RPM → 486RPM)
  • 威力減衰の射程が短縮(すべてのレアリティで-20%)
  • 腰だめ精度が上昇(すべてのレアリティで+10%)
  • ADS時の射撃精度が上昇(すべてのレアリティで+20%)
  • ヘッドショット倍率が低下(2x → 1.75x)

v12現在においては、リリース当初と同じくらいの性能になっています。

誰も使ってないから、そのあとで上方修正の嵐になったわけで、不遇の時代に逆戻りして、誰が使うというのだろうか……。

v4.3

  • ダメージが増加(すべてのレアリティで+3)
  • 射撃精度が改善(すべてのレアリティで+25%)
  • 射程が伸長

最初の上方修正。

v4.2でサプレッサーSMGが上方修正されました。武器のダメージが3増化して、距離による威力減衰、射撃精度も向上しています。問題はだからといって使える武器になったかと言われると怪しいことで、5枠しかない武器スロットを埋めるには問題が残っています。

v4.5

  • ダメージが増加(すべてのレアリティで+2)
  • 腰だめ精度が上昇(すべてのレアリティで+10%)
  • ADS時の精度が上昇(すべてのレアリティで+20%)

性能がピークに達した時代。その後、他のサブマシンガンと同様に弱体化の嵐に見舞われます。

もう何度目になるのか分からないサブマシンガンの強化が入りました。立ち位置が中途半端なのと、上位のレアリティが存在しない関係から、最終決戦まで残すべきか疑問は残りますが、初期に比べれば遙かに改善されています。

v5

  • 射程が減少(v4.2以前へのロールバック)

v5.1.1

  • 威力減衰の射程が減少(すべてのレアリティで-20%)

v6

  • 保管庫に格納(1回目)

v7.3

  • 保管庫から復活

v9.1

  • 保管庫に格納(2回目)

v9.3.1

  • 保管庫から復活

v11

  • 保管庫に格納(3回目)

v12

  • 保管庫から復活
  • ダメージが低下(すべてのレアリティで-2)
  • 発射レートが低下(540RPM → 468RPM)
  • ヘッドショット倍率が低下(2x → 1.75x)

復活したものの、大幅に下方修正。

ほとんど最初の状態に戻っており、あえて使う理由がなくなりました。

チャプター2・シーズン2における入手場所

v12現在においては、一般の宝箱等からは出現せず、特定の名前付きロケーションでのみ入手できます。

対象となるのはザ・ヨット、ザ・エージェンシーの二つです。内部にいるヘンチマン、およびセキュリティ付きの宝箱から出現します。

またランドマークゴーストハウスの内部でも入手できます。