フォートナイト: 歴代アサルトライフルの一覧、まとめ

シェアする

フォートナイトの環境において、ショットガンと並んで高い影響力を与えてきたロングレンジ型の武器群がライフルです。

それ故にショットガンと並んで弱体化の憂き目にあうことも多いです。

武器ジャンルと同じ名前を持っていてややこしい《アサルトライフル》は環境から消えたことがない数少ない武器の一つで、色んな武器の中核になっていましたがチャプター3になって遂に引退することになりました。

なお本サイトでは武器名と混用する可能性があるので、アサルトライフルと書かずに単純にライフルと呼称しています。

データ

現役

武器一覧
項目レンジャーARハンマーARエヴォクロムBR
レアリティ
発射形式フルオートフルオート4点バースト
最大ダメージ37 (50m)35 (50m)23 (50m)
最小ダメージ33.3 (100m~)31.5 (100m~)20.7 (100m~)
クリティカル1.5x1.5x1.5x
連射速度240 RPM348 RPM900 RPM
ディレイ--0.175s
装弾数25発20発24発
リロード時間2.3s1.87s2.9s
腰だめ精度1.72 - 31.97 - 2.651.15 - 4.35
ターゲット精度0.86 - 1.51.07 - 1.450.63 - 2.4
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-20% / +80%-15% / +20%-15% / +65%
持ち替え0.4s0.4s0.4s
対物ダメージ373539
TTK100HP0.500s0.345s0.442s
対人DPS148203208
対物DPS148203353

保管庫

武器一覧
項目アサルトライフルスコープ付きARバーストARサーマルスコープARサプレッサー付きARヘビーARインファントリーRFタクティカルARスカイのARニャッスルのNNRオーシャンのバーストARスタークIND製ERメイクシフトライフルプライマルライフルパルスライフルスローンのパルスライフルBパルスライフルBPライフル(ADS)SWライフルスローンのバーストARコンバットARMK7_ARファウンデーションのMK7ストライカーBRスローンのストライカーBRハントマスターサーベルのTR
レアリティ
発射形式フルオートフルオート2点バーストセミオートフルオートフルオートセミオートフルオートフルオートフルオート2点バーストフルオートフルオートフルオートフルオートフルオートフルオート2点バーストフルオート2点バーストフルオートフルオートフルオート2点バースト2点バーストセミオート
最大ダメージ36 (50m)37 (50m)37 (50m)31 (300m)33 (50m)44 (50m)44 (50m)24 (40m)37 (50m)44 (50m)39 (50m)41 (50m)33 (50m)36 (50m)36 (50m)38 (50m)30 (50m)45 (50m)38 (50m)39 (50m)23 (50m)22 (50m)25 (50m)33 (50m)36 (50m)32 (300m)
最小ダメージ23.4 (100m~)-24.0 (100m~)-21.4 (100m~)28.6 (100m~)37.4 (100m~)16.8 (80m~)24.0 (100m~)28.6 (100m~)25.4 (100m~)26.6 (100m~)21.4 (100m~)23.4 (100m~)23.4 (100m~)24.7 (100m~)19.5 (100m~)29.2 (100m~)24.7 (100m~)25.4 (100m~)20.2 (100m~)19.8 (100m~)22.5 (100m~)26.1 (120m~)32.4 (100m~)-
クリティカル1.5x2x1.5x2x1.5x1.5x2x1.75x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x2x
連射速度330 RPM120 RPM420 RPM240 RPM330 RPM225 RPM240 RPM420 RPM360 RPM255 RPM468 RPM264 RPM270 RPM345 RPM252 RPM252 RPM252 RPM252 RPM210 RPM420 RPM540 RPM540 RPM600 RPM540 RPM540 RPM240 RPM
ディレイ--0.22s-------0.25s------0.25s-0.15s---0.3s0.3s-
装弾数30発20発20発15発30発25発10発30発30発25発30発15発20発30発16発16発20発20発14発21発35発35発35発20発26発15発
リロード時間2.1s2.1s2.3s2.1s2.1s2.52s2.1s2s2.1s2.5s2.3s2.8s3.3s1.9s2.85s2.68s2.8s2.8s2.1s2.21s2.8s2.8s2.6s2.34s2.21s2.1s
腰だめ精度2.4 - 3.855.9 - 8.32.2 - 2.35 - 10.31.8 - 7.70.95 - 54.82.8 - 4.42.2 - 3.82 - 5.22.2 - 2.51.8 - 3.21.9 - 42.5 - 42 - 2.81.6 - 2.51.75 - 3-0.85 - 42.1 - 2.251.35 - 4.75.24.6 - 6.62.8-5 - 10.3
ターゲット精度1.55 - 2.50.11.3 - 1.3801.1 - 4.60.52 - 2.750.11.1 - 1.81.45 - 2.40.9 - 2.31.3 - 1.501.25 - 2.61.6 - 2.600-00.3 - 1.41.25 - 1.350.6 - 2.700000
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-20% / +80%-20% / +80%-20% / +80%-25% / +50%-20% / +45%-20% / +60%-25% / +10%-20% / +0%-20% / +80%-20% / +60%-20% / +80%-15% / +0%--10% / +0%10% / +0%-10% / +0%-10% / +0%-10% / +10%-20% / +80%-20% / +90%-25% / +90%-25% / +90%-25% / +90%-25% / +90%-25% / +50%
持ち替え0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s
対物ダメージ3637373133444928374439413336363830303839232022333632
TTK100HP0.364s1.000s0.506s0.750s0.545s0.533s0.500s0.571s0.333s0.471s0.506s0.455s0.667s0.348s0.476s0.476s0.714s0.726s0.571s0.436s0.444s0.444s0.300s0.633s0.522s0.750s
対人DPS19874146124182165176168222187154180148207151160126124133179207198250126138128
対物DPS1987414612418216519619622218715418014820715116012683133179207180220126138128

システム面での変更など

威力減衰の追加

初期のフォートナイトには威力減衰という概念が存在せず、どの距離でも最大のダメージで攻撃できました。

射撃精度による命中率の増減のみが、遠距離の強さを定義していたわけです。

当たるも八卦当たらぬも八卦。割と運ゲーだったので、v3.4で威力減衰が追加され、距離が離れるとダメージ量が低下するように変更されました。

合わせて初弾精度補正が追加され、現在の射撃システムの根幹が完成しました。

ヘッドショット倍率の低下

ライフル系の武器も、リリース当初はヘッドショット2.5倍だったのですが、それだと強すぎるということで、シーズンが経るたびに段々とヘッドショット倍率が低下しています。

チャプター2・シーズン3での弱体化によって、基本が1.5倍になり、ついにサブマシンガンや、ハンドガンよりも下になりました。

流石に前2シーズンで精度系のライフル《バーストAR》が暴れすぎました……。

王道を行くアサルトライフル

《アサルトライフル》はフォートナイトのリリース当初から存在しており、長らく保管庫に送られたこともない定番武器です。射撃精度の低さが少し気になりますが、火力と射程を兼ね合わせた汎用性から、初心者から上級者まで長らく重用されました。

威力減衰の追加、ヘッドショット倍率の低下などの、武器全体、ライフル全体にまつわる調整に巻き込まれることこそありましたが、それ以外にはわずかなダメージ変動だけで、殆んど不動のポジションを保っています。

この武器より精度が良いのか悪いのか、この武器よりDPS(火力)が高いのか低いのか、フォートナイトに登場する全ての武器の評価基準とも言えます。歴代のSMGやLMGなどが不遇になってしまった原因の一端を担っています。

ところがチャプター3に入って状況が変わり、最長の現役武器としての記録を残しつつ、遂に環境から退場。チャプター3では武器のインフレが進んだために、後発にそれ以上の性能を持つ武器が相次いで登場するなど、過去の存在へとなっています。

アサルトライフルはM4とSCARの外観を持つ、フォートナイト黎明期から存在するスタンダードなライフルです。 取り回しがよくて、初心者...

歴史を彩る凶悪ライフルたち

《アサルトライフル》を余裕で上回り、環境を支配してきた歴代の3強ライフルたち。当時は普通に使っていましたが、今考えると強すぎた連中たち。

スコープ付きアサルトライフル

スコープが付属して高精度で攻撃できるのが持ち味のライフルです。

その後の弱体化が強烈過ぎて、想像しにくいかもしれませんが、フォートナイトの初期チャプター1・シーズン1の環境ではトップメタの存在でした。

同期の《アサルトライフル》と違って点の精度を持つのに、マイナスのポイントが発射レートの33%だけでした。精度の差が極端だったので、《アサルトライフル》を選択する理由が無い。

ヘッドショット一発で全距離92ダメージ即着、ついでに無反動だったので、これを持ったプレイヤーが死神になれました。

黎明期だからこそのぶっ壊れ装備で、1シーズンも経たないうちに滅茶苦茶弱体化されたことは言うまでもない。威力が37から24に激減したというだけで、如何に最初が強かったかという……。

倍率スコープが付随し、威力減衰が存在しないという変わり種のアサルトライフルです。 リリース当初は強すぎたので、大暴れしていましたが、...

ヘビーアサルトライフル

《アサルトライフル》より高精度であることが売りのライフルです。のちにマイルド化の調整を受けましたが、シーズン6時代には長らく続いていた《アサルトライフル》の1強を崩しました。

高ダメージで、高精度なのが強みで、ヘッドショット時に96ダメージという凶悪な一撃が出せました。

シーズン7で精度が引き下げられたものの猛威は止まらず、シーズン8で本格的な下方修正を受けることになります。

また《インファントリーライフル》という癖はあるけど強力なライバルが登場したことによって、支配力を減退させていきました。

ヘビーアサルトライフルは、射撃精度を重視したフルオート系のライフルです。 指切り射撃が重要なので、全くの初心者向きとは言えませんが、...

バーストアサルトライフル

フォートナイトの比較的に早い段階から存在していたけれども、あんまり使われてこなかった不遇の存在。チャプター2で上方修正されたことによって、性能が爆上がりした経緯を持ちます。

チャプター2・シーズン1で復帰するときに、射撃精度に大幅な上方修正を受け、圧倒的な集弾性と、3点バーストの安定性で、誰が使っても強い高精度ライフルとして環境に君臨しました。

奇襲性能が高いので、警戒されていない野良マッチだと尚更に強い。

何故、弱体化されないのだろうと疑問に思いつつも2シーズン継続しましたが、チャプター2・シーズン3ではミシックのレアリティが追加されるに合わせて大幅な下方修正を受けることに。2点バーストになって弾幕量が低下し、DPSが15%低下、ヘッドショットも倍率も低下しています。

これにて《スコープ付きアサルトライフル》に次いで強烈な弱体化を受けたライフルになりました。

それでも《アサルトライフル》と拮抗するレベルの強さというのが、それまでの圧倒的なポテンシャルを反映しています。

フォートナイトの3点バーストARは中距離の対人戦に特化した武器です。クラフトとの相性が良く、ヒットアンドウェーで敵の体力を削っていけるのが...

その他の代表的な武器たち

強すぎとは言わないまでも、トップクラスの性能を持っていたライフル。

インファントリーライフル

高いDPSと命中率を兼ね揃えたことにより、対人での撃ち合いでは無類の強さを発揮するライフルです。

初期はライフルなのに弾速ありで命中率が上がらないという欠点がありましたが、上方修正で即着になり、上位のレアリティが追加されてと、段階的に強化されていきました。

本格的に躍進したのはシーズン9で《コンバットショットガン》が追加されたあとです。当時のコンバットSGの射程が長すぎて、《アサルトライフル》すら正面から喰われる惨状に。それとの差別化ができることが《インファントリーライフル》を躍進させることに繋がりました。

スターク・インダストリーズ製エネルギーライフル

のちに登場する《パルスライフル》の原型になった武器で、当時環境に存在していた《アサルトライフル》と、《バーストAR(すでに弱体化済み)》の中間に位置する高ステータスなライフルです。

マーベルコラボを大々的に押し出していたチャプター2・シーズン4ですが、コラボのヒーローの武装や超能力よりも、汎用ロボットが持っている武器の方が強いという変な状況になりました。

ストライカーバーストライフル

チャプター3・シーズン2に登場したゼロビルドの死神。

圧倒的な集弾性、高精度でありながら、そこそこのDPSも持つため、ゼロビルドの環境においては持たないことが敗因であると断言できるレベルの性能を持ちます。

その後にチャプター3・シーズン3にて弱体化を受けるものの、それでもゼロビルドでは必須級の武装であり続けました。

ストライカーバーストライフルはv20.0で追加されたライフル系の武器です。 バースト特有の癖はあるものの、凄まじい戦闘力を持っており...

コメント

  1. 匿名 より:

    インファントリーが一番好きだった

    チャプター1を返して(届かぬ想い)

  2. ゆっくり実況の大ファン より:

    エネルギーライフルが最強AR。
    バーストアサルトも拡大率が高いて好き。

  3. 39 より:

    サマスコ帰って来て!

  4. 匿名 より:

    エネルギーライフルは最強

  5. フッフッフッ より:

    IND製ライフルとっても強いよね
    共感しない奴は殺る

  6. ゆっくり実況者 より:

    サマスコ帰って来い異論は認めん!

  7. いぶき伊吹 より:

    サマスコ強いよね。

  8. 匿名 より:

    バーストパルスライフルは強いぞ!チャプター3シーズン2で帰ってきて欲しいです!ダメがやば〜〜〜〜い!だってバーストだから、連射できて強い!

  9. 匿名 より:

    mk7アサルトライフルは帰ってきたと思う

  10. こたくら より:

    DMRもアサルトライフルだと思います

  11. トクメイ より:

    MKセブン強かった

  12. トクメイ より:

    ストライカーBR強い

  13. 匿名とは より:

    コンバットAR強すぎ
    30mくらいだと

  14. しろねこ より:

    サプレッサー付きピストルの記事を作って欲しいですm(_ _)m

  15. 匿名 より:

    ハントマスターのサマスコクリエに来てくれ