フォートナイト: サイドウェイズライフルの性能と使い方

シェアする

サイドウェイズライフルはv18.0で追加された新しいライフルです。

オーバーヒート・ゲージをある程度溜めていると(35%くらい)、与ダメージが1.5倍になる特性を持っています。

とはいえ射撃特性にくせがあり、連射すると極端に射撃精度が下がるし、ゲージの関係から出会い頭の撃ち合いには弱い。

後半でもアップグレードするチャンスがあるものの、素直にミニガン優先という気も……。

データ

武器一覧
項目SWライフルSWライフルSWライフルSWライフルSWライフル
レアリティアンコモンレアエピックレジェンドミシック
発射形式フルオートフルオートフルオートフルオートフルオート
最大ダメージ29 (50m)30 (50m)32 (50m)33 (50m)38 (50m)
最小ダメージ18.8 (100m~)19.5 (100m~)20.8 (100m~)21.4 (100m~)24.7 (100m~)
クリティカル1.5x1.5x1.5x1.5x1.5x
連射速度210 RPM210 RPM210 RPM210 RPM210 RPM
装弾数11発11発11発11発11発
リロード時間2.94s2.8s2.66s2.53s2.1s
腰だめ精度1.8 - 8.51.65 - 7.71.48 - 71.33 - 6.41.2 - 5.8
ターゲット精度0.63 - 30.58 - 2.70.52 - 2.450.47 - 2.250.42 - 2
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-10% / +10%-10% / +10%-10% / +10%-10% / +10%-10% / +10%
持ち替え0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s
対物ダメージ29.030.032.033.038.0
TTK100HP0.857s0.857s0.857s0.857s0.571s
対人DPS102105112116133
対物DPS102105112116133

簡易解説

オーバーヒート・ゲージ

装弾数という概念がなく、連続で射撃するとオーバーヒートするタイプの武器です。フルオートで撃ちきる場合、11発の連続射撃でオーバーヒートします。

既存のオーバーヒート型の武器と違う点は、オーバーヒート・ゲージの大小でダメージ量が変化するところです。

上記のように、オーバーヒート・ゲージが紫に達していれば、サイドウェイズライフルのダメージは1.5倍になります。

ゲージがゼロの状態から射撃する場合、4発でゲージが紫まで到達し、5発目から1.5倍のダメージです。DPSも1.5倍になるのですが、フルオート射撃だと7発でオーバーヒートするので長期的な攻撃には向きません。

射撃精度の変化が大きい

射撃の方法によって集弾性が変化しやすい武器です。

静止せずとも初弾付近の射撃精度は良く、連射すると極端に精度が落ちます。特に腰だめ撃ちのときには、2発目以降の命中率が劇的に下がります。

左:初弾、右:2発目

同じライフル群の中でも、腰だめ撃ちが弱い方です。ゲージが溜まらないとDPSは低調だし、射撃精度は悪いしで至近距離で撃ちあって有利な相手があまりに少ない。

ターゲット射撃の場合には、連射時の精度悪化がある程度は抑えられますが、やはりフルオート射撃だと精度の低下がきついです。

ゲージが紫に到達するまではフルオートで攻撃し、それ以降は射撃精度が回復するのを待って単射よりに撃つ――というのが基本になると思います。

敵が十分に近いならその限りではありませんが、11発でオーバーヒートという制限を考えると、フルオートで弾幕を張って命中弾を得るという使い方には限りがあります。

撃ち分けが必要なライフルというと、前シーズンのパルスライフルなどがありますが、サイドウエイズライフルの場合、腰だめ撃ちをほぼ捨てることになります。癖の強さはそれ以上です。

武器比較

武器一覧
項目アサルトライフルバーストARSWライフル
レアリティ
発射形式フルオート2点バーストフルオート
最大ダメージ36 (50m)37 (50m)33 (50m)
最小ダメージ23.4 (100m~)24.0 (100m~)21.4 (100m~)
クリティカル1.5x1.5x1.5x
連射速度330 RPM420 RPM210 RPM
ディレイ-0.22s-
装弾数30発20発11発
リロード時間2.1s2.3s2.53s
腰だめ精度2.4 - 3.852.2 - 2.51.33 - 6.4
ターゲット精度1.55 - 2.51.3 - 1.50.47 - 2.25
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-20% / +80%-20% / +80%-10% / +10%
持ち替え0.4s0.4s0.4s
対物ダメージ36.037.033.0
TTK100HP0.364s0.506s0.857s
対人DPS198146116
対物DPS198146116

例え紫ゲージの状態であっても、それぞれの得意距離だと不利になってしまう。

特性的にはアサルトライフル、バーストARの中間にあたるので、上手く距離を調節して、紫ゲージの状態であれば……。レアリティを伸ばしやすい特性を持つので、できたらレアリティ優位にしたいです。

vs アサルトライフル

アサルトライフルと比べると露骨にDPS(時間当たりのダメージ量)が落ちるのですが、ゲージを溜めた状態なら対抗できます。ADS状態の射撃精度で勝るので、中距離以遠から攻撃できれば有利が取れます。

問題はゲージが溜まっていない状態で撃ち合いになったときの不利さです。精度で勝るといっても1.5倍にならないとDPSの格差があまりに大きい。

またアサルトライフルに比べると弾持ちが悪く、クラフトを破壊してごり押しするのも苦手です。接近戦になってしまった場合には、撃ち始めのDPSが低いこと、腰だめの射撃精度が悪いことで相当なリスクを抱えます。

ライフルの強みは武器スロットを圧縮できる汎用性もあるので、まずアサルトライフルを選択する方が無難だと思います。

ミシックのサイドウェイズライフルになると、1.5倍の攻撃でレジェンドのアサルトライフルに並ぶDPSを発揮するようになります。任意に強化できる点もこの武器の強みなので、どうせ使うのならミシックを狙いたいです。

vs バーストAR

フルオートで十分な命中弾が出る距離なら不利は付かないです。撃ち始めのDPSだと明らかな不利にはなるものの、アサルトライフルほどの差は生じません。

中距離で正面から撃ち合う分には、バーストARに対して有利になる場合が多いです。

また遠距離の集弾性を確保するとDPSを犠牲にすることになるので、バーストARほどの削り能力を発揮することは少なそうです。

自前で発射サイクルをコントロールすることで、1.5倍ダメージで高精度な攻撃ができますが、例え紫ゲージの状態でもバーストARと頭出し勝負をするのは苦しいです。

入手方法

各地に出現するサイドウェイズ及び、サイドウェイズアノマリーで入手できます。

サイドウェイズは地名がオレンジになっている場所、サイドウェイズアノマリーはランダムに出現する裂け目のような場所です。

これらのエリアは、キューブ・モンスターが湧き出す異界になっており、内部のシャドウチェストなどから武器がドロップします。モンスターを倒したときの落とす「モンスターのかけら」でレアリティ強化することもできます。

ミシックレアリティのサイドウェイズライフルは通常ドロップしませんが、これもモンスターのかけらを使ったクラフトで入手できます。

モンスターのかけらは敵プレイヤーを倒したときに全て奪えるので、後半になってもアップグレードするチャンスがあるという強みを持っています。