フォートナイト: インファントリーライフルの強化(v8.3)

シェアする

v8.3のパッチでインファントリーライフルが強化されました。

v8.2で弾速が削除されたばかりなので、立て続けの性能調整になります。

今回の変更では近距離のダメージが低下したものの、遠距離のダメージが強化されています。適正距離の差別化が進んでおり、スコープの付いていない狙撃武器に近づきました。

確かに使いにくいけど、むしろ強い側の武器だったと思いますが、将来的に上位の枠が追加されるみたいなので、それまでに武器の使用率を上げたい意図があると思われます。

v8.3であった変更について

近距離のダメージが2低下し、遠距離のダメージが6上昇しました

それまでは他のアサルトライフルと同じ威力減衰パターンでしたが、それも変更になっています。

インファントリーライフル
項目インファントリーライフル
モチーフM1ガーランド
レアリティレア
発射形式セミオート
最大ダメージ40.0 (~50m)
中ダメージ34.0 (100m)
対物ダメージ45.0
対物減衰なし
クリティカル2x
発射レート240RPM
装弾数8発
リロード時間2.3s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度2.9
ターゲット精度0.05
しゃがみ補正-25%
移動補正+10%
持ち替え速度0.45s
TTK100HP0.500s
対人DPS160
対物DPS180
更新日:2019/04/14

v8.3からのインファントリーライフルは、50メートルから威力減衰が始まり、100メートルで最大の85%までダメージが低下します。

近距離のダメージはレアのヘビーアサルトライフル(AK)と同じですが、距離によるダメージの低下が少ないです。また射撃毎の精度低下も存在しない。

通常のアサルトライフルと、スコープの付いたアサルトライフルの中間種みたいな立ち位置になっています。サマールスコープ付きARと比較すると、75メートルラインでダメージの大小が反転します。

実用面の変化とDPS

ライフル枠の時間当たりのダメージ量――DPSは以下のようになりました。

2019/04/14

近距離においては、やはりSCARのDPSが圧倒的で、他の追随を許していません。その代わり射撃精度は低めなので、クリーンヒットが取れる距離が限られています。

インファントリーライフルはSCAR、M4を始めとするアサルトライフルに次いで近距離でも強い方のライフルですが、頼れるかと言われると微妙なところ。

今回のパッチでは遠距離の射撃精度、DPSが名実ともにトップになったので、それを活かしていきたいところです。初弾補正の掛かりが強いので、止まって撃つ分には、弾が真っ直ぐ飛びます。

初弾補正:静止状態(移動、射撃なし)を一定時間維持することで、次の射撃が必ず真っ直ぐ飛ぶようになるという仕組み。通常の武器は0.1秒の静止が必要。

スコープが無いので遠距離を狙うと目が疲れますが、同じ命中率でもスコープ付きARの1.5倍、サーマルスコープAR対比2倍のダメージ総量があるというのは大きな魅力です。

SCARに初弾補正を掛けて撃つこともできますが、その場合はサーマルスコープと同じ位のDPSです。現状のライフル枠だと、それに対抗できている数少ない存在だと思います。

というか、サーマルスコープがいかにダメなのかが端的に分かる例ですが、結局特殊スコープが付いていることを除けば、全距離でSCARに勝る部分がほとんど無い……。

同様のことがリボルバー付きスコープにも言えて、もうちょっとテコ入れしないと、立つ瀬が無いままに保管庫送りは免れないかも……。

v7.4で追加されたインファントリーライフルは、過去最高の精度を持つ中距離用ライフルです。優れた性能を持っていて、命中率とDPSが共に高水準...

シェアする

フォローする