フォートナイト: スコープ付きアサルトライフルの運用ガイド

シェアする

倍率スコープが付随し、威力減衰が存在しないという変わり種のアサルトライフルです。

リリース当初は強すぎたので、大暴れしていましたが、その反動を受けて弱体化。長期に渡ってネタに近いポジションに落ちぶれていました。

v8.2ではようやく強化が入って、多少なりとも使える局面が出てきましたが、v12.2で何故か再度の弱体化を喰らって、弱武器の座へと転落しています。

スコープ付きアサルトライフルの性能

武器一覧
項目スコープ付きARスコープ付きARスコープ付きARスコープ付きAR
モチーフ--G36G36
レアリティアンコモンレアエピックレジェンド
発射形式フルオートフルオートフルオートフルオート
最大ダメージ32.0 (0~50m)34.0 (0~50m)36.0 (0~50m)37.0 (0~50m)
クリティカル2x2x2x2x
発射レート120RPM120RPM120RPM120RPM
装弾数15発15発20発20発
リロード時間2.4s2.3s2.2s2.1s
腰だめ精度6.2 - 8.96.1 - 8.76 - 8.55.9 - 8.3
ターゲット精度0.10.10.10.1
精度補正(しゃがみ、歩き)-20% / +80%-20% / +80%-20% / +80%-20% / +80%
持ち替え0.4s0.4s0.4s0.4s
対物ダメージ32.034.036.037.0
TTK100HP1.500s1.000s1.000s1.000s
対人DPS64687274
対物DPS64687274
最終更新日:2020/9/2

スコープ付きアサルトライフルは即着弾の狙撃系武器です。ライフル枠ですがスコープが付帯しており、高精度な攻撃ができます。

即着弾なので動く相手には強いですが、スナイパーライフルのような奇襲性が無く、決定力には欠けています。精度重視の武器なので、DPSはあまり高くありません。

過去には威力減衰が存在しなかったのですが、v12以降は威力減衰が実装されており、遠距離になるとダメージが低下します。アサルトライフルに初弾補正を掛けても、スコープ付きARよりも高いDPSが出せるので、かなり立ち位置が怪しい状態になりました。

別に遠距離が強いわけでもなく、近距離はボロボロという……。

DPS:時間あたりに与えられるダメージ量

栄光の時代(チャプター1・シーズン1)

チャプター1・シーズン1においては最強のライフルとして環境に君臨していました。

ダメージ量は今現在と変わらないものの、発射レートが210RPMあって(+75%)、威力減衰もありませんでした。まぁ、当時はどの武器も威力減衰がなかったのですが、精度面で他を圧倒していたので、高い支配力を持つ武器でした。

同じレアリティのSCARより圧倒的に優先されましたし、のちに登場するサーマルスコープARなどの上位互換に当たります。

そのため、正式リリース後において、最初に弱体化を受けた武器になってしまいました。その下方修正幅もダメージ量が37から24まで下がるという強烈なもので、環境からすっかり消えてしまいました。

武器比較

武器一覧
項目スコープ付きARサーマルスコープARインファントリーRF
レアリティレジェンドレジェンドレジェンド
発射形式フルオートセミオートセミオート
最大ダメージ37.0 (0~50m)37.0 (0~275m)44.0 (0~50m)
クリティカル2x2x2x
発射レート120RPM108RPM240RPM
装弾数20発15発10発
リロード時間2.1s2.1s2.1s
腰だめ精度5.9 - 8.35 - 10.34.8
ターゲット精度0.100.1
精度補正(しゃがみ、歩き)-20% / +80%-25% / +50%-25% / +10%
持ち替え0.4s0.4s0.4s
対物ダメージ37.034.049.0
TTK100HP1.000s1.111s0.500s
対人DPS7467176
対物DPS7461196

サーマルスコープAR

過去にはスコープ付きARの方がDPSが高かったのですが、今となっては大きな差はありません。むしろ威力減衰の有無があるので、サーマルスコープARの方が優位な状況です。

近距離はどのみち捨てるしかないので、僅かなレート差を取る必要もなさそうですし、あえてスコープ付きARを選ぶ理由もないでしょう。

インファントリーライフル

スコープ付きARの性能では、インファントリーライフルに対してダメージレースで優位をとるのは難しいです。発射レートがものをいう近距離はもちろんですが、遠距離においても威力減衰の加減でインファントライフル有利です。

スコープによる視認性、装弾数の多さなど、取り扱いやすさで僅かに勝るものの、抜本的な部分が不安なので、インファントリーライフルとは張り合えないです。

リリースからの変更点

かなり激動の調整を受けた武器です。

v14

  • 保管庫から復活
  • レアリティの追加(エピック/レジェンド)

v12.2

  • ダメージが向上(25/27 → 32/34)
  • 発射レートが減少(210RPM → 120RPM)
  • 装弾数が減少(20発 → 15発)

ダメージが向上し、発射レートが代わりに大幅減少しています。

v8.2

  • ダメージが増加(+15%)

最大ダメージが23/24から26/27へと強化されました。

積極的に使えるかと言われると微妙ですが、サーマルスコープARやスコープ付きリボルバーのようなデッドゾーンからは抜け出したと思われます。

弱体化後(シーズン1~)

  • ダメージが低下(-33%)
  • ヘッドショット倍率が低下(2.5x → 2x)
  • レアリティの低下(1段階)

それまでは完全に一強の状態だったのですが、そんな時代は長く続きませんでした。

パッチによる弱体化によって、ダメージが33%低下してレア23、エピック24まで下げられました。ついでにヘッドショット倍率も他のライフル枠と同じで2倍まで引き下げられ、いよいよ冬の時代に突入。

シーズン3で初弾精度補正が追加された関係もあって、遠距離攻撃でもSCARと大差無い性能へと落ちぶれました。

シェアする

フォローする