フォートナイト: スコープ付きアサルトライフルの運用ガイド

シェアする

倍率スコープが付随し、威力減衰が存在しないという変わり種のアサルトライフルです。

リリース当初は強すぎたので、大暴れしていましたが、その反動を受けて弱体化。長期に渡ってネタに近いポジションに落ちぶれていました。

v8.2ではようやく強化が入って、多少なりとも使える局面が出てきました。

スコープ付きアサルトライフルの性能

武器一覧
項目スコープ付きARスコープ付きAR
レアリティアンコモンレア
発射形式フルオートフルオート
最大ダメージ26.0 (~275m)27.0 (~275m)
対物ダメージ25.026.0
対物減衰なしなし
クリティカル2x2x
発射レート210RPM210RPM
装弾数20発20発
リロード時間2.3s2.2s
ターゲット速度0.3s0.3s
腰だめ精度3.5 - 53.4 - 4.9
ターゲット精度0.04 - 0.050.03 - 0.05
しゃがみ補正-20%-20%
移動補正+80%+80%
持ち替え速度0.45s0.45s
TTK100HP0.857s0.857s
対人DPS9194
対物DPS8891
最終更新日:2019/4/14
最終更新日:2019/6/27

スコープ付きアサルトライフルは即着弾の狙撃系武器です。

ライフル枠ですがスコープが付帯しており、威力減衰が存在しません。精度も非常に高く、殆ど真っ直ぐ飛びます(移動しながらだと少しだけ散らばる)。

即着弾なので動く相手には強いですが、スナイパーライフルのような奇襲性が無く、決定力には欠けています。精度重視の武器なので、DPSはあまり高くありません。

DPS:時間あたりに与えられるダメージ量

リリースからの変更点

かなり激動の調整を受けた武器です。

リリース時(シーズン1)

リリース当時のスコープ付きARを端的に言い表すなら、最強のライフルだったと思います。

ダメージはレア35、エピック37。

v8.3のそれよりダメージが10ポイントも高いです。

ヘッドショット倍率も2.5倍だったので、精度を活かした攻撃によって、ダウンを取りやすくもありました。

インファントリーライフル、サーマルスコープ等、現存する多くの武器の上位互換に近い性能になっています。

弱体化後

完全に一強状態だったのですが、そんな時代は長く続きませんでした。

パッチによる弱体化によって、ダメージが33%低下してレアで23、エピックで24に下げられました。ついでにヘッドショット倍率も他のライフル枠と同じで2倍まで引き下げられ、いよいよ冬の時代に突入。

シーズン3で初弾精度補正が追加された関係もあって、遠距離攻撃でもSCARと大差無い性能へと落ちぶれました。

一応、射撃精度がごく僅かに向上するなどの調整はあったのですが、レアリティも一段階ずつ引き下げられ、あわや保管庫送りかと思われました。

v8.2

最大ダメージが23/24から26/27へと強化されました。

積極的に使えるかと言われると微妙ですが、サーマルスコープARやスコープ付きリボルバーのようなデッドゾーンからは抜け出したと思われます。

武器比較

サーマルスコープAR

武器データ
サーマルスコープAR
項目サーマルスコープAR
モチーフHK416
レアリティレジェンダリー
発射形式セミオート
最大ダメージ37.0 (~275m)
対物ダメージ34.0
対物減衰なし
クリティカル2x
発射レート108RPM
装弾数15発
リロード時間2.1s
ターゲット速度0.3s
腰だめ精度2.8 - 5.8
ターゲット精度0
しゃがみ補正-25%
移動補正+50%
持ち替え速度0.45s
TTK100HP1.111s
対人DPS67
対物DPS61

デッドゾーン兄弟の片割れです。

特殊スコープによる補助があるとはいえ、基本性能はスコープ付きARの方が上だと考えて良いです。ごく僅かに射撃精度では劣るのですが、動きながら撃たない限りは、それが影響することもないレベル。誤差の範疇です。

それでいて使い勝手の良さでも、DPSでもスコープ付きARが勝るため、現状だとレアリティの差に関係なく、スコープ付きARを選ぶ方が無難です。

インファントリーライフル

武器データ
インファントリーライフル
項目インファントリーライフル
モチーフAR-15
レアリティレジェンダリー
発射形式セミオート
最大ダメージ44.0 (~50m)
中ダメージ37.4 (100m)
対物ダメージ49.0
対物減衰なし
クリティカル2x
発射レート240RPM
装弾数10発
リロード時間2.1s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度2.7
ターゲット精度0.05
しゃがみ補正-25%
移動補正+10%
持ち替え速度0.45s
TTK100HP0.500s
対人DPS176
対物DPS196

インファントリーライフルは、装弾数が少なく、リコイルがあるものの、遠距離のダメージソースとしては、スコープ付きARを上回っています。一発の重さがあるので、奇襲性でも上ですし、近距離での戦いもある程度はこなせます。

スコープ付きARの勝る部分としては、使いやすさになるでしょうか。経戦能力があるので横やりを入れる分にはスコープ付きARの方が利便性に富みます。

問題はそれに特化しすぎていて、通常ルールだと役に立つ場面が乏しいところであり、最終的には採用しにくい面が残ります。中距離の打撃力不足が割と痛いです。

シェアする

フォローする