フォートナイト: 歴代トラップの一覧、まとめ

シェアする

トラップはクラフトなどの構造物に設置することで、何かしらの効果を引き出せる特殊なアイテム群です。

通常のアイテムスロットとは異なる分類で、持ち運びが容易であることが最大のメリットです。

まだまだ発展性がありそうな存在ですが、選択の利便性を考えると、急激に数を増やせない側面もあります。

トラップの一覧

トラップ一覧
項目状態ダメージ備考
バウンサー現行-接触したプレイヤーを跳ね飛ばす
格納式フロアスパイク保管庫125---接触した敵に大ダメージを与えるトラップ
ウォールダイナモ保管庫125---電流でダメージを与えるトラップ
シーリングマイクロ波保管庫125---電流でダメージを与えるトラップ
ジャンプパッド(垂直)保管庫----接触したプレイヤーを垂直に打ち上げる
ジャンプパッド(水平)保管庫----接触したプレイヤーを水平方向に跳ね飛ばす
ダメージトラップ保管庫150-接触した敵にダメージを与える
ジャンプパッド保管庫----グライダーを再展開する
ほっこり焚火保管庫----毎秒2HP回復(持続25秒)
凍結装置保管庫-接触したプレイヤーの足を凍結させる
マウンテッドタレット保管庫40---設置した場所に機銃を生み出す
ポイズンダーツ保管庫80-2マス射程の毒矢を飛ばす
ファイトラップ保管庫50接触した敵を燃やす

トラップに纏わるシステムとその変更

大リストラと再編

元がディフェンス系のCOOPゲームだったので、バトルロイヤルがリリースされた直後からトラップの数は潤沢でした。

ただし無駄に細分化されていて、実戦では使いにくい側面が強かったです。

格納式フロアスパイク~ウォールダイナモがダメージ系のトラップなんですが、それぞれ設置できる場所が異なります。床のみ、壁のみ、天井のみと、設置する場所に合わせて、使用するトラップを切り替える必要がありました。

ジャンプパッド2種類は移動系のトラップで、のちに登場したバウンサーの弱体化版です。どちらも床にセットするトラップなのに、跳ね飛ばす方向が縦横で違いました。

そんな感じで、リリース当初から5種類もあったトラップですが、あまりに使いにくかったので、ミニポーションが追加された5週目のパッチで全員リストラされてしまいました。

のちにダメージトラップとして統合されるなどして、トラップの再編が行われることになります。

トラップのスロット

トラップの持つ強みとして、武器のインベントリとは別枠扱いだから、いくらでも拾えるという点が挙げられます。

通常のアイテムだと武器の数、回復の数を減らしてしまうからと倦厭されるものでも、それがトラップ枠だったら使われる可能性は十分にあります。

反面、環境に存在するトラップの種類が多いと、事前に選択するのが難しくなるという欠点があります。チャプター1の頃には、最大で4種類のトラップが環境に共存していたので、要らないトラップを捨てるプレイヤーもいました。

チャプター2以降では、2種類より多くのトラップが共存しないようになったのは、この辺りの事情を鑑みてのことでしょう。

トラップの即時発動

初期のトラップには、設置したクラフトが完成しないと発動しないという欠点があり、事前に設置するのが主な使い方になっていました。

素材木材(Wood)石材(Stone)鋼材(Metal)
設置した直後のHP90HP100HP110HP
完成したときのHP150HP 300HP500HP
建築速度16HP/秒18HP/秒16HP/秒
完成に掛かる時間4秒11.5秒25秒
HPが150に到達する時間4秒3秒2.5秒
エディットHP減少( 小)HP減少(中)HP減少(大)
可燃性燃える燃えない燃えない

木製のクラフトでも、置いてから完成するまでに4秒の待ち時間があり、石材、鋼材の場合には10秒以上経たないと駄目でした。そんな状態では飛び込んでくる敵へのカウンターとしては使いにくかったのです。

そのあたりの事情がv4.3で解決されたので、以降のシーズンではダメージトラップが攻撃用、護身用として大いに使われるようになります。

代表的なトラップ達

ダメージトラップ

dだだmだめだめーだめだ

ダメージトラップはトラップ再編後に、3種類あったダメージ系トラップを統合する形で追加された、汎用の攻撃トラップです。

初期のダメージトラップは色々と制約があったので使い道が制限されていましたが、チャプター1・シーズン4でクラフト設置時の仕様などが変更され、また最大ダメージ量が150まで伸びたことで、実用性を帯びるようになります。

閉じ込めた相手に150ダメージというのは、1発逆転を狙える切り札となり得ます。2マス射程になったポイズンダートトラップなども登場するものの、ダメージ量の観点からか、ダメージトラップより優先されることはありませんでした。

ある種の初見殺し、初心者殺しだったのか、チャプター2以降では再録されていません。調整版にあたるファイアトラップなどが追加されたことを鑑みると、そのままの性能で復活する可能性は低いのかもしれません。

ジャンプパッド

ジャンプパッド

グライダー再展開ができるようになる強力なトラップです。トラップであるため、通常のインベントリーを圧迫せず、持っているだけ有利になるという点が、同型アイテムより有利な点でした。

トラップ種の中では比較的に古いもので、トラップ再編後にはダメージトラップに次いで登場します。

バウンサー

バウンサー

トラップ再編前には二つに分かれていたものを、ひとまとめにしたトラップです。接触したプレイヤーを大きく跳ね飛ばすことができます。