フォートナイト: サブマシンガンの性能と使い方

シェアする

サブマシンガンは至近距離、近距離を重視した高レートな武器です。基本的には瞬間的に打点の出せるショットガンの補助、クラフト破壊用として扱われます。

メイン運用するには射程不足であるものの、構成次第ではメインに入って来る立ち位置です。

シーズン5のときに紆余曲折あって、その後しばらく消えていましたが、チャプター2では基本武器として復活しました。

データ

武器一覧
項目サブマシンガンサブマシンガンサブマシンガンサブマシンガンサブマシンガン
モチーフMP5MP5MP5P90P90
レアリティコモンアンコモンレアエピックレジェンド
発射形式フルオートフルオートフルオートフルオートフルオート
最大ダメージ16.0 (~20m)17.0 (~20m)18.0 (~20m)19.0 (~20m)20.0 (~20m)
中ダメージ11.2 (30m)11.9 (30m)12.6 (30m)13.3 (30m)14.0 (30m)
小ダメージ7.2 (40m~)7.6 (40m~)8.1 (40m~)8.6 (40m~)9.0 (40m~)
対物ダメージ16.017.018.019.020.0
対物減衰なしなしなしなしなし
クリティカル1.75x1.75x1.75x1.75x1.75x
発射レート600RPM600RPM600RPM600RPM600RPM
装弾数30発30発30発30発30発
リロード時間2.4s2.3s2.2s2.1s2s
ターゲット速度0.2s0.2s0.2s0.2s0.2s
腰だめ精度4.7 - 5.14.4 - 4.74.1 - 4.43.9 - 4.33.7 - 4.1
ターゲット精度3.8 - 4.13.6 - 3.93.5 - 3.73.3 - 3.63.1 - 3.4
しゃがみ補正-10%-10%-10%-10%-10%
移動補正+5%+5%+5%+5%+5%
持ち替え速度0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s
TTK100HP0.600s0.500s0.500s0.500s0.400s
対人DPS160170180190200
対物DPS160170180190200

レアリティは5段階あり、エピック以上で見た目が変化します。

下位はMP5、上位はP90がモチーフです。

チャプター2からはレアリティ間の差違が強い武器が複数登場しましたが、サブマシンガンに関しては大きな変化はありません。

武器解説

サブマシンガンは小口径弾を使用する高レート型の武器です。1発のダメージは少ないですが、レートが高いのでDPS(時間当たりのダメージ量)は高いです。

レートが400RPMを越えているので、敵がクラフトを張り直していても弾抜けが発生します。

腰だめ精度が良く、移動による精度ペナルティが小さいので、移動撃ちやジャンプ撃ちにも適性があります。

レアリティの割にはDPSが高いので、精度が関わらない距離では高い戦闘力を発揮するでしょう。射程の短さと精度不足が欠点なので、距離が離れてしまうとダメージをまともに与えられなくなります。

また接近戦が得意といっても、ショットガンと撃ち合うと基本的には不利です。これはクラフトとの相性問題が大きく、採用するにしてもショットガンありきになります。射撃中は体を晒し続けることになるので、シールド量が不鮮明な段階で力押しするのはリスクを伴います。

対クラフトでの弾抜けにしても、一定以上のスキルを持つ相手には通用しにくいので過信は禁物です。

リーサルを取れる状況なのかどうか、敵のクラフトに対して、ごり押しして大丈夫なのかという判断が必要です。

武器比較

武器一覧
項目アサルトライフルサブマシンガン速射式SMG
モチーフSCARP90ベクター
レアリティレジェンドレジェンドレジェンド
発射形式フルオートフルオートフルオート
最大ダメージ36.0 (~50m)20.0 (~20m)17.0 (~20m)
中ダメージ28.8 (75m)14.0 (30m)11.9 (30m)
小ダメージ23.4 (100m~)9.0 (40m~)7.6 (40m~)
対物ダメージ36.020.016.0
対物減衰なしなしなし
クリティカル1.5x1.75x1.75x
発射レート330RPM600RPM900RPM
装弾数30発30発26発
リロード時間2.1s2s1.3s
ターゲット速度0.2s0.2s0.2s
腰だめ精度2.4 - 3.853.7 - 4.13.6 - 9.1
ターゲット精度1.55 - 2.53.1 - 3.41.4 - 3.6
しゃがみ補正-20%-10%-10%
移動補正+80%+5%+15%
持ち替え速度0.4s0.4s0.4s
TTK100HP0.364s0.400s0.333s
対人DPS198200255
対物DPS198200240

アサルトライフル

時間当たりのダメージ量ことDPSにおいても大きな数値差はありません。

サブマシンガンの優位性はジャンプ撃ちなどを使うときの精度、弾抜けが稀に発生することなんですが、射程やADS時の精度では劣り、経戦能力でも劣ります。

汎用性という点においては、アサルトライフル程の影響力は持てないので、同じレアリティならアサルトライフルを選ぶ方が無難です。

過去からの変更点

v13.2

  • 最大ダメージが低下(18/19/20/20/21 → 16/17/18/19/20)
  • レア以下の発射レートが減少(720RPM → 600RPM)
  • エピック以上の装弾数が減少(40発 → 35発)

久々の大幅弱体化。

レアリティ間の一貫性は戻ってきたものの、戦闘力が大幅に低下しました。

シーズン最初の大規模更新で、フレアガンなどが新しく追加されました。今回のシーズンでは、隔週のアイテム追加という昔ながらのスタイルに戻る模様。...

v13.1

  • 対物ダメージの威力減衰が削除

v13

  • 上位レアリティが復活
  • ヘッドショット倍率が低下(2x → 1.75x)
  • 緊急パッチでコンパクトSMGと同じ性能に低下

v12

  • 上位レアリティが保管庫に格納(エピック、レジェンド)

エピック以上のレアリティが環境から退場。

v11

  • 上位レアリティの追加(エピック、レジェンド)

保管庫から復活。

退場前とあまり変わっていませんが、ショットガンの弱体化があるので、相対的に影響力が増しています。

v7.3

保管庫に格納。

一時、戦線離脱。

v5.11

  • 腰だめ精度低下(-20%)
  • ターゲット精度低下(-20%)
  • ダメージ減少(-2)
  • 発射レート減少(780RPM → 720RPM)
  • 威力減衰の悪化
  • 対物ダメージに威力減衰適用

コンパクトSMGの登場を期に大幅な弱体化を喰らいました。

精度、ダメージ、発射レート、射程と、ほぼ全ての部分が下方修正され、対物ダメージにも威力減衰が適応されるように変更されています

フォートナイト史上、最大幅の弱体化かもしれないです。

これを持ってタクティカルSMGの下位互換となりました(現在も下位互換)。

初期SMGの貧弱、ゴミさを思えば可愛いものですが、個人的にはやり過ぎどころか、そもそも必要だったかと思う弱体化。私のSMGに対する評価が芳しくないこともあって、いよいよ持たなくて良いかなというレベルまで落ちています。

v5.1

リリース当初。

打点と精度が一切下がる前の状態で、今現在よりもハイパフォーマンス。

競合していたSMG系統の中でもバランスに優れ、サプレッサー付きSMGの上位互換に近い状態でした。

新たなるサブマシンガンのスタンダードMP5が追加されました。ただし似通った性能だったタクティカルSMGが保管庫送りに。実銃人気で客足を稼ごうというのか。

シェアする

フォローする