フォートナイト: 新マップのクラフト素材収集ポイントまとめ

シェアする

まぁ、それなりの回数をこなし、ある程度は地形が把握できてきたので、現時点におけるクラフト素材の取りやすい場所のまとめです。

通常マッチにおいては、クラフト素材さえいっぱいあれば勝てるパターンが結構多いですし、武器アップグレードの要素も追加されたので、どこで何が取れるかを把握しておくと、勝率が伸びやすくなるでしょう。

クラフト素材の取りやすい場所一覧

クラフト素材マップ

チャプター2、シーズン1におけるクラフト素材のお勧め収集ポイントのマップです。

王冠マークの付いている場所は、特に獲得効率が高い場所で、後述して紹介しています。

木材

植生が大きく変わって、生木から取れるクラフト素材の平均値が大分下がりました。

とはいえ旧来から存在するエリアの木々や、辺境の珍しい木々は従来通りの数値ですし、ログジャムウッドワークスという、突出した場所も存在します。

ログジャムウッドワークス

ウィービング・ウッズの西に存在するランドマークです。

宝箱は最大5個と少なめですが、過去に例をみない数のパレットが設置されている木材の資源庫になっています。

パレットがうずたかく積まれており、ここだけで4000オーバーの木材が手に入るんじゃないかって勢いです。

木のパレット

パレットは一殴り8.8木材を入手できる優秀なオブジェクトで、過去のシーズンから重宝しました。

新マップにおいても各地に設置されているので、見かけたら積極的に殴った方が良いです。

石材

都市部だと取りにくいのものの、川辺や海辺などの水際関連に巨大な岩が点在しています。

モアイに相当する強力な石材ソースが3つ以上集中している場所が複数あるため、過去のマップより石材を集めやすくなっています。

該当箇所に関しては上記マップを確認してください。

以下、王冠マーク付きの突出している場所の紹介。

シップレットコーヴ

リテイル・ローの南に存在する船の墓場みたいなランドマークです。

入り江の内部に存在する巨大な岩石は、過去におけるモアイに相当します。一殴り5.4石材で耐久力も900HPあるので、一つ当たり90前後の石材を獲得できます。

シップレットコーヴには、そんな巨大岩石が7つも存在します。

また座礁している6隻の船も、パレットと同じ量の木材が取れるので、クラフト素材に関しては他を寄せ付けない量になっています。

欠点は宝箱が2個しかないことと、過疎地過ぎて、次へのアクセス性が悪いことです。

直接降りるより、近くのロッジに降りてから斜面を滑り降り、その後モーターボートで脱出するなどの動きが良いでしょうか。

ラピッズレスト

レイジー・レイクの東に存在する川辺のランドマークです。

モアイに相当する巨大岩石が4個存在し、最寄りの待ちにも近いという、通りかかったら確実に確保して起きたい場所です。

素材の獲得量自体はシップレットコーヴに劣るのですが、周辺へのアクセス性に富むという点で有用性は上回ります。

レイジー・レイクからはしごするのにも重宝し、武器のアップグレードにも役立つでしょう。

なお、同じ巨大岩石なのに一殴り2.2しかないスカ石が二つ混じっている模様。バグなのか、仕様なのか……。

金属

過去のシーズンに存在したオブジェクトが強化され、よりクラフト素材を取りやすくなっています。

主な変更点は下記の通り。

  • 普通車(2.9 → 4)
  • フードトラック(7.2 → 4)

それぞれ一殴りで取れる金属の量です。

フードトラックはひと殴りで取れる量が減りましたが、代わりに耐久力が伸びました。

また金属のフェンスもぼろいのと、新しいのとで分けられ、銀色のフェンスは一殴り5.5金属という高収入素材になっています。

リスキー・リールズ

フレンジー・ファームズの西にあるドライブシアターです。

まぁ、ドライブシアターなんて日本にはもう残ってないでしょうが、すごい量の普通乗用車が止まっているので、金属を効率良く獲得できます。

宝箱も14個あるので隙がなく、初動降りにも適しています。

周辺の立地も恵まれていて、石材の取れる森の遺跡あとが北東にあり、船へのアクセス性も高いです。

ダーティー・ドックス

木材と金属の収集に優れた新しい名前付きエリアです。

パレットがそれなりにあって、新しい金属のフェンス、発電機がそれなりにあってと、石材以外なら十分な量が蓄えられます。

突出してはいないのですが、バランスの良さが魅力です。

まとめ

全体を総括しますと、クラフト素材の取れる場所、取れない場所が明確化された印象です。

特に木材で顕著なんですが、中央付近に生えている普通の木が軒並みパワーダウンして、外周部にある枯れた木や、椰子の木、りんごの木などが勝るようになっています。

理由は定かではありませんが、あんまり伐採して欲しくなかったのかなぁ……と。

代わりにログジャムウッドみたいなぶっ飛んだ資源量の場所が追加され、各地のランドマークには、豊富な素材ソースが配置されるようになっています。

使い道に関しても、武器のアップグレードという新要素が追加されたので、下手に闘ったり、逃げ回るよりも、堂々とクラフト素材を集めて回り、最後に決戦を挑むスタイルの堅実性が高まっている気がします。

例えば同じ木でも、殴る相手が異なれば取れる量が異なります。クラフトが戦闘の大勢を握っているので、それの元となるクラフト資源は非常に大切。クラ...