フォートナイト: マップと環境の歴史 -歴代シーズンのマップ変化- (チャプター3編)

シェアする

毎シーズン大なり、小なりの変化が伴うフォートナイトのベースマップについてのまとめチャプター3版です。

チャプター3になってから武器の性能が全体的に向上しており、システム的な追加やゼロビルドの実装が大きいです。

過去のチャプターについては別項を参照してください。

フォートナイト・バトルロイヤルがリリースされてから、もう2年以上になりますが、初期から比べると随分地形が様変わりしてきました。 チャ...
フォートナイト:チャプター2におけるマップの変化と、対戦環境のまとめです。チャプター1に比べると、シーズンごとの変化は小さくなっています。...

シーズン1

チャプター2・シーズン8からコンテンツが整理されました。

既存の武器体系は見直され、全体的に高火力化への道を進み始めます。この段階で目立っていたのはライフル系、SMG系のインフレーションです。

ミシックの《スパイダーマンのウェブシューター》も過去最強クラスの移動装備であり、地味な時期が多かったチャプター2からの方向転換が見られます。

v19.0

v19.0

まだ正確な姿が分からない状態だったシーズン開始直後。

マップの中央部分が雪と氷で埋没しており、雪解けによって解放されるという仕組みでした。

v19.2

v19.2

シーズン中期。すっかり雪解けして完全な姿になっています。名前付きロケーションとして《カヴァート・キャヴァーン》、《ティルテッド・タワー》が改めて追加されました。

各地の名称なども含めて、チャプター1時代のマップに水路の概念を足したような構造になっています。

v10.0
v18.4

シーズン2

建築なしのモード《ゼロビルド》が追加されました。シーズン中にあった各種の調整も大体ゼロビルド目線になっており、ショットガン以外の装備パワーは全体的に低下しています。

前シーズンのスライディングに続き、新しいパルクールアクションも追加され、建築以外の要素を活かそうという動きが見られます。

v20.0

v20.0

初期の勢力図。

今シーズンの特色として、セブンとIOの勢力争いがあり、それに従ってマップ上に青と赤でライン取りがされています。

シーズン中にIOエアシップがあった各都市で戦闘が起こり、そのたびにセブン側の勢力圏が増えていきましたが、それに伴いIOエアシップは次々と撃墜されています。

新しい名前付きロケーションとして、《シナプス・ステーション》、《ザ・フォートレス》が追加されています。

v20.4

IO側の劣勢がいよいよ明らかになった後の最終的な局面。

v20.4から新しい名前付きロケーションとして《コライダー》がマップの中央に追加されています。このシーズンで扱われていた全ての要素がここだけで揃う場所で、シーズンの集大成的な場所になっています。

コライダー外観

シーズン3

v21.4

野生動物に騎乗するライディングが追加されました。

マップの西側に新しいバイオームが追加され、それに伴い地形の大部分が一新されています。

ルート・レイクに沈んでいるゼロポイントのエネルギーは下流にてドリフト現象を発生させ、《リアリティ・フォールズ》を生み出しました。

各地では現実の木による浸食が続いており、地形が順次変更されたシーズンになっています。

チャプター3・シーズン3で扱われている地形変化のまとめです。 《リアリティ・フォールズ》にある現実の木によるエリア浸食が徐々に進んで...

現実の木から生み出された《現実の苗木》によって、武器などを調達できる仕組みが登場しましたが、リリース当初の仕様では強すぎたのでのちに弱体化を受けています。

シーズン4

地面から噴き出してきたクロムによって、東側の名前付きロケーションの多くが汚染されています。

シーズン3限定の要素かと思われた《現実の苗木》ですが、シーズンを跨いで続投になりました。

コメント

  1. 匿名 より:

    デイリー・ビューグルはすぐに消えると思ってましたが半年以上残ってますね。いつまでもつでしょうか。

  2. こんにちはんこそば より:

    レイブケイブオモロw

  3. 赤橋信者 より:

    シフティシャフトの西の赤い橋物資いいよ。その後は西へ西へいってみ?

  4. 匿名 より:

    動画でこのマップ使わせていただいてもいいでしょうか?