フォートナイト: v11.3におけるマップ変化のまとめ

シェアする

ウィンターシーズンに突入して冠雪エリアが増化。

冷気にちなんだオブジェクトとして、アイスボックスと氷の保管庫が新しく追加されています。

ランドマークも5ヶ所増えて、総計70個になりました。

ウィンターマップの変化

ウィンターマップでの変化

標高の高い場所に雪が積もり始めました。例年の展開だと、このあと降雪エリアが徐々に拡大していき、最終的には全面が雪景色になることが予想されます。

あとは池が凍結して上を滑るようになるとかか。

各地に新しいランドマークが5つ追加されています(もっとあるかも)。

ランドマークというのはいわゆる記念碑などのことで、エリアとして名前がマップ上に表示されてないけど、名前が付いている場所だと考えれば良さそう...

グランピーグリーンズ

プレザント・パークから出て東に進んだ場所にある植木です。ちかくにブルースチールブリッジもある。

この場所の特徴ですが、なんもないです。本当になにも無い。

ようするに植木の形が不機嫌な顔になっているだけというバットポイント。

MR.ポーラー アーティザナルアイス

ダーティー・ドッグスの内部に新設されたランドマークです。もとあった建物が製氷会社になっています。

内部にはv11.3から追加された新しい要素「アイスボックス」、「氷の保管庫」があります。

特にアイスボックスの量は他の細々とした追加地点より明らかに多いので、スノーボールランチャーを狙うにはうってつけの場所になっています。

アイスボックス

新しい宝箱の一種です。蓋を開けると、中からアイテムが飛び出します。

出現するアイテムはスニーキー・スノーマンか、スノーボールランチャーのどちらか一つ。それと三種類の魚からどれか一種類。

各地のそれらしい場所に設置されていますが、やっぱり製造元が一番多いです。

クラックショットキャビン

マップの中央付近にあります。

内部にクリスマスツリーが設置されているチャプター1にもあった家が復活。

シバーイン

南東にある山岳地帯の麓に追加された氷の女王とかが住んでいそうな場所。

氷の彫像から取れる石材の量に優れており、ソロなら初期降下も考えられる良好なランドマークです。

宝箱の総数は少ないですが、氷塊が複数あるのである程度アイテム不足を補えます。

凍った戦利品

綺麗にカットされていて、ウィスキーに入れたら旨そうな氷の塊です(でかすぎるけど)。

中にはレア以上の武器か、ストック上限数の魚が入っていて、殴って破壊することで取り出せます。

氷の耐久度が3500HPもありますが、中身が見えているので、必要なものだけ殴れば良いので無駄がありません。

アプレスキー

南端の山岳地帯に追加されたダンスホール付きのロッジです。

近くにEGOコムタワー、ボートランチもあるので、ますます山岳地帯のランドマーク密集率が高くなることに。観光名所大杉案件。

その他の変化

クリスマス向けに外装が変わったり、なんだり以外で。

ジンジャークッキーの氷の家

ランドマークでも良いと思うんですが、ランドマークでは無い特徴的な家。

ウィーピング・ウッズの東にある山岳の中腹にあります。

中に氷塊があるくらいで目立った長所は無いです。

リスキー・リールズ

スターウォーズ・ライブイベントもいよいよ明日の深夜(もう残り12時間を切ってます)。

なんかファースト・オーダーのファイター(グライダー)が貰えるらしいです。ちと辛い時間ですがお忘れ無く。