フォートナイト: 帰ってきたダスティ・デポ

シェアする

シーズン3の終わりに降ってきた巨大隕石によって、ダスティ・ディボットに置き換えられた場所ですが、時間の混乱によって元の姿に戻りました。

宝箱の密集率がそこそこ高いので、まぁ悪くは無い場所だと思います。

宝箱、クラフト素材の配置など

倉庫、工場、隕石などを含めて17個の宝箱がありますが、小エリア毎にぶつ切りになっているので、そこまで効率は良くありません。

クラフト素材は木製パレットが多数あるので、そこそこの効率を持っています。

3連倉庫

宝箱の総数は7個です。他に自動販売機と、リブートバンがあります。

宝箱の密集率も、総数も優れているとは言いにくいですが、ソロだったらギリギリ有りなのかなぁ……というところ。

多数の木製パレットがあるので、初動のクラフト素材確保がしやすいです。

過去のダスティ・デポは宝箱3個で、木製パレットも殆ど無なかったので、その当時より倍のアイテム、クラフト素材が取れます。……まぁ、その当時が酷すぎだったのですが。

3連工場

恐らくはここもダスティ・デポ扱い。

倉庫より優先する理由があんまり無いですが、後降りになったときの保険用などに。

シーズン3のときだと、こっちの方が宝箱が多い位だったのですが、倉庫の方が大分改善したので逆転現象は無くなっています。

物資の量では倉庫が上なので、できるだけそっちに降りた方が良いです。

隕石

宝箱3個なのはシーズン9のスカイプラットフォームなどと共通していますが、降下が不自由なので初手降りとしては微妙です。

ストーリー要素

隕石の中にカプセルがあり、すでに扉が開いています。

本来の時間軸だと、隕石落下からしばらくしてからヴィジターが出てくる。ロケットを改造してぶっ放すという流れなんですが、果たして彼はどこにいったのか……。

フォートナイトのシーズンに纏わる背景ストーリーまとめです。シーズン4の映画撮影から始まり、世界の裂け目によって引き起こされる事件と、スキンのキャラクター達の姿がフレイバーテキストで少しだけ語られています。

総評

帰ってきたのは良いけれど、目玉になるような場所ではないかなぁ……と思います。最近の追加ロケーションは強い場合が多かったのですが、割と例外になっています。

シーズン9のダスティ・ディボットが宝箱18個の場所だったので総数自体はほぼ変わっていないのですが、配置が偏ったので回収がやりにくい。シールドきのこも無くなったので、基本的には弱体化したと思います。

機動力が大幅に減少して、相対的に強くなったルート・レイクに近いのは利点ですが、それだと他に候補がいくらでもあるわけで、積極的に降りる理由がない場所です。

シェアする

フォローする