フォートナイト: 現実の木によるマップ変化まとめ(CP3-S3)

シェアする

チャプター3・シーズン3で扱われている地形変化のまとめです。

《リアリティ・フォールズ》にある現実の木によるエリア浸食が徐々に進んでおり、島の遠方へと根を広げています。

スポンサーリンク

概要

現実の木はチャプター3・シーズン3で大きく取り扱われているゲーム内要素、ストーリー要素です。名前付きロケーション《リアリティ・フォールズ》に存在し、各地にその勢力圏を広げています。

現実の木が初登場したのはチャプター2・シーズン6のワンタイムイベントの際です。暴走するゼロポイントの最終形態として、イベント中にのみ登場しました。

チャプター2・シーズン6時の現実の花

その際にはすったもんだで封印されたのですが、それが再び登場したのがチャプター3・シーズン3です。

前シーズンの最後で《ルート・レイク》に沈んだゼロポイントですが、そのエネルギーは川を下って《キャンプ・カドル》に流れ込み、その場所を《リアリティ・フォールズ》へと変貌させました。

《リアリティ・フォールズ》に再び発生した現実の木は、その根を島の遠方まで伸ばすようになり、同シーズンの間に様々なマップ変化をもたらしています。

v21.3

上記は島で発生した現実の木の浸食過程です。

  • ブルーム地点
  • 現実の根(種のある場所)

赤い文字は「開花→成木化」の日付です。

若干のずれはあるものの、まずは地上に露出した根から小規模な開花があり、1週間後に完全な枝へと成長します。

それに伴い《ログジャム・ロータス》や《シャッフルド・シュライン》を生み出しました。

シャッフルド・シュライン

これらブルーム系の名前付きロケーション、ランドマークの特徴として、マッチ毎に地形が変化する点が挙げられます。

各地の様子

ログジャム・ロータス

成長前
成長後

最初に現実の木が成長した場所で、マッチ毎に異なる時代の街になるという特徴を持っています。以下の3パターンのどれかが採用されます。

パターン化しにくいわりに、宝箱の数も平均的なので、積極的には使いにくい場所だと思います。

バター・ブルーム

成長前
成長後

2カ所目の変化地点で、先の《ログジャム・ロータス》と同じで、3種類の異なる時代、場所に変化します。

宝箱の数などはそこまで多くありません。《バターバーン》だった頃よりは増えたものの、大きなランドマークの平均的な水準です。

砂漠の最寄なので、《スティンガーSMG》ミシックなどを絡めたいところ。

シャッフルド・シュライン

成長前
成長後

3度目の地形変化によって誕生した名前付きロケーションです。インディージョーンズとのコラボ地形で、謎解きと宝物庫のギミックが存在します。

宝物庫の入り口に色が変わるギミック鍵があるので、対応した石碑の色と合致させることで、宝物庫の扉を開けることができます。

シャッフルド・シュラインの地形図

北部にある3か所の石碑(2~4)は比較的に近い場所にあるので、この3つの色を覚えておけば、最後の1個は総当たりで開けることができます。

宝物庫の入り口

スリーピー・シュラブス

成長前
成長後

名前付きロケーション《スリーピー・サウンド》の北部に生まれたランドマークです。マッチ毎に異なる姿に変わります。モチーフになっているのは以下の4か所。

《スリーピー・サウンド》の北部のみに限って言えば、宝箱の数が1.5倍になりました。

バンガロー・ブルームス

成長前
成長後

5カ所目の地形変化です。

《シャッフルド・シュライン》以外の場所に共通した要素として、過去にあったロケーションをモチーフとした形状にランダム変化します。

宝箱は僅かに増えたのですが、やはり積極的に降りるには魅力不足か。

レイジー・ラグーン

成長前
成長後

《デイリー・ビューグル》が消え去り、過去の名前付きロケーション《レイジー・ラグーン》に置き換わっています。元々のの面影が殆ど無くなっており、僅かに海賊船に引っ掛かっている看板だけが名残り。

《レイジー・ラグーン》自体はチャプター1時代に存在した場所ですが、海賊船の有無くらいで、地形自体は元々とは大きく異なります。

レイジー・ラグーンの原型(チャプター1)
スポンサーリンク
申し込む
注目する
guest

2 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
ななし
ななし
1 年 前に

いつも楽しみにしています。
地名について、正しくは「リアリティー・フォールズ」(滝)ですね。

YMS
YMS
1 年 前に

最初ら辺で、ルート・レイクがレイジー・レイクになってますね。

執筆お疲れ様です。