フォートナイト: 速射式サブマシンガンの性能と運用

シェアする

速射式SMGはv12でこっそりと追加されたサブマシンガンになります。

非常に高レートなので、クラフトに対して弾抜けを起こしやすいという利点があるものの、経戦能力が絶望的に低いという欠点を抱えています。

現役だったときのシーズンでは入手経路が少し特殊で、普通の宝箱からは出現しない武器でした。

データ

武器一覧
項目速射式SMG速射式SMG速射式SMG速射式SMG速射式SMG
レアリティコモンアンコモンレアエピックレジェンド
発射形式フルオートフルオートフルオートフルオートフルオート
最大ダメージ13 (20m)14 (20m)15 (20m)16 (20m)17 (20m)
最小ダメージ5.9 (40m~)6.3 (40m~)6.8 (40m~)7.2 (40m~)7.6 (40m~)
クリティカル1.75x1.75x1.75x1.75x1.75x
連射速度900 RPM900 RPM900 RPM900 RPM900 RPM
装弾数20発20発20発26発26発
リロード時間1.7s1.6s1.5s1.4s1.3s
腰だめ精度4.4 - 9.94.2 - 9.74 - 9.53.8 - 9.33.6 - 9.1
ターゲット精度1.8 - 41.7 - 3.91.6 - 3.81.5 - 3.71.4 - 3.6
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-10% / +15%-10% / +15%-10% / +15%-10% / +15%-10% / +15%
持ち替え0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s
対物ダメージ13.014.015.016.016.0
TTK100HP0.467s0.467s0.400s0.400s0.333s
対人DPS195210225240255
対物DPS195210225240240
最終更新日:2020/7/3

武器解説

発射レートが飛び抜けて高いことが最大の特徴です。

武器の発射レートが400RPMを超えると、クラフトを張りなおすより、銃火器の連射速度の方が勝るようになります。

特にこの武器の場合、クラフトの張り直しに掛かる時間が0.15秒なのに対し、速射式SMGの射撃間隔が0.067秒なので、クラフト破壊後には2発の弾抜けが発生します。

他の武器に比べると、籠っている敵にダメージが通りやすいです。

欠点は装弾数があまりに少ない点と、射撃を続けると集弾性が極端に下がることです。

他武器との比較

武器一覧
項目サプレッサー付きSMGサブマシンガン速射式SMG
レアリティ
発射形式フルオートフルオートフルオート
最大ダメージ22 (20m)20 (20m)17 (20m)
最小ダメージ9.9 (40m~)9.0 (40m~)7.6 (40m~)
クリティカル1.75x1.75x1.75x
連射速度468 RPM660 RPM900 RPM
装弾数30発35発26発
リロード時間2s2.1s1.3s
腰だめ精度2.5 - 4.63.4 - 3.93.6 - 9.1
ターゲット精度1.5 - 2.83.1 - 3.41.4 - 3.6
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-15% / +17%-10% / +5%-10% / +15%
持ち替え0.4s0.4s0.4s
対物ダメージ22.020.016.0
TTK100HP0.513s0.364s0.333s
対人DPS172220255
対物DPS172220240

DPSはサブマシンガン(MP5)と同じ水準なのですが、ちょっとピーキーすぎる使用感になっています。

撃ち始めこそ同じレアリティのMP5と同じ水準の精度ですが、指数関数的に精度が落ちていきます。

エピック以上のレアリティになると装弾数が6発増えますが、それでも弾持ちが悪くて、敵を倒しきれないケースが多いです。近距離で瞬殺できる場合もあるのですが、安定しないことが弱みとして残ります。

入手方法

以下の現役2シーズンではドロップが特殊な武器でした。

シーズン3

以下の2パターンがあります。

アップグレードベンチを使う

アップグレードベンチを使って、サブマシンガンからサイドアップグレードする形で入手できます。サブマシンガンは通常の宝箱からも出現するので、最も手堅い手段になります。

ザ・オーソリティ―で入手

ジュールズが拠点としている名前付きロケーション「ザ・オーソリティ」で入手できます。

シャドウ陣営のマークが刻まれた武器チェストから出現するほか、シャドウヘンチマンが己の武装として持っている場合があります。

シーズン2

各所に存在するシャドウの関連施設でのみ入手できます。代表的なのはランドマーク「シャドウの隠れ家」です。

また各地の名前付きロケーションのうち、シャドウ陣営に占拠されている場所で入手できます。占領地は2週間毎に変化しているので要注意です。

パッチによる変更点

v13

  • レアリティを追加(コモン、エピック、レジェンド)
  • サブマシンガンとのサイドアップグレード実装

v12.2

  • 装弾数が増加(18 → 20)
  • レアリティの追加(エピック以上)

装弾数が少なすぎたので僅かに向上。レアリティも再び追加されて、エピック以上の個体がデータに追加されました。

エピックになると装弾数が増えるという珍しいタイプです。

v12.1

  • レアリティの追加(アンコモン)

v12

  • 新規追加

帰ってきたTEC-9か?

余談ですが、大昔に存在したサブマシンガン(TEC-9)のリバイバルかもしません。

発射レートが同じで、ダメージ量も同じ。大きな違いは、TEC-9の方が装弾数35発と2倍にちかい量なのと、威力減衰が存在しない時代の武器であること。

ダブルポンプがあったとはいえ、当時ですら使われていなかった武器なので、今更帰ってきても……という側面がぬぐい切れないです。低レアリティでは運用に難が多いです。

コメント

  1. 風吹けば名無し より:

    シーズン3になりレジェンドの速射式サブマシンガンも追加されたので追加していただきたいです。

  2. シーズン7に復活した速射式サブ久しぶりー

  3. ゆっくり実況の大ファン より:

    v12.2とv13の2回に
    速射式SMGのエピック以上が
    追加されてることになるんだが、
    どうゆうこと?

    • game_memo(管理人) より:

      v12.2でエピックが一応追加されたのですが、スパイゲームという限定的なモードのみでした。同じパターンでスコープ付きARなども追加されています。

      その後、通常モードに正式に追加されたのがv13からになります。

  4. 匿名 より:

    隠れ強武器なイメージ
    使ってるやつは通(ドヤッ!通ぶってる痛い奴)
    ちなみにマガジン少ないけどリロード早いから割と継戦能力あるよ