Call of Duty WW2: ラピッドファイアの効果とキルタイムの変化

シェアする

ラピッドファイアの影響と、各武器のファイアレートまとめです。この投稿は前サイトの投稿に加筆修正を加えたものになります。前サイトでのLMG3種が諸に間違っていたので修正しました。

発射レート一覧

発射レート(ラピッドファイア含む)
項目発射レート(NA)発射レート(RF)RF増化率キルタイム変化分類
M1941810RPM870RPM7.41%-0.015sRF
M1 ガーランド315RPM337RPM6.98%-0.012sRF
STG-44666RPM720RPM8.11%-0.020sRF
M1A1 カービン427RPM457RPM7.03%-0.018sRF
FG42427RPM457RPM7.03%-0.018sRF
BAR580RPM625RPM7.76%-0.015sRF
SVT-40257RPM275RPM7.00%-0.015sRF
Grese Gun550RPM590RPM7.27%-0.015sSMG
PPSh-41720RPM780RPM8.33%-0.019sSMG
百式機関短銃625RPM672RPM7.52%-0.020sSMG
Waffe 281080RPM1200RPM11.11%-0.017sSMG
M1928900RPM947RPM5.22%-0.010sSMG
MP40720RPM765RPM6.25%-0.010sSMG
ルイス機関銃517RPM550RPM6.38%-0.014sLMG
MG15720RPM765RPM6.25%-0.015sLMG
ブレン機関銃300RPM322RPM7.33%-0.014sLMG
MG42650RPM696RPM7.08%-0.018sLMG
KARABIN234RPM257RPM9.83%-0.023sSR
リー・エンフィールド51RPM53RPM3.92%-0.044sSR
M190341RPM44RPM7.32%-0.100sSR
Kar98k49RPM51RPM4.08%-0.048sSR
Combat Shotgun59RPM63RPM6.78%-0.000sSG
M30 Luftwaffe154RPM174RPM12.99%-0.000sSG
M30 ライフル弾12RPM13RPM8.33%-0.000sSG
トグルアクション154RPM174RPM12.99%-0.000sSG
ソードオフ200RPM225RPM12.50%-0.000sSG
P-08420RPM---HG
M1911327RPM---HG
マシンピストル735RPM---HG
G43500RPM540RPM8.00%-0.018sRF
ステン短機関銃625RPM692RPM10.72%-0.019sSMG
汎用機関銃720RPM769RPM6.81%-0.016sLMG
国民突撃銃705RPM752RPM6.67%-0.016sRF
ORSO810RPM870RPM7.41%-0.015sSMG
9mm SAP450RPM---HG

ラピッドファイアの影響

概ね7パーセント前後の数値アップが付きます。キルタイム換算だと1フレーム前後の差であることが多いです。命中率33パーセントの場合で、0.05秒程度の体感差です。必ずしも付ける必要があるアタッチメントではないので、枠に余裕がある場合で問題ないです。

  • STG-44
  • FG42
  • 百式機関短銃
  • ステン短機関銃

などの高精度タイプの方が少しだけ影響度が高い傾向にあります。

また上記のキルタイムの変化率は、それぞれ最高のダメージを引き出せるレンジの場合です。より弾数が必要になるレンジでは、影響度が高くなる可能性があります。極端に最大威力レンジが短いMP40や、ステン短機関銃がそれに該当します。

アクション系

スナイパーライフルのリー・エンフィールドとKar98kは0.05秒、M1903は0.1秒コッキング時間が短縮されます。同じくショットガンのCombat Shotgunは0.067秒ポンプアクションが短縮されます。

二射目で倒すことは本来の運用からは外れるので、キルタイム云々には影響しませんが、敵の数が多いときの対応力に差が付いてきます。M1903は特に影響力が高いので、極力付けておいた方が良いです。

シェアする

フォローする