フォートナイト: ドラゴンブレスショットガンの性能と運用

シェアする

ドラゴンブレスショットガンはv15で追加された新しいショットガンです。エピック、レジェンドのバリエーションが存在します。

至近距離に特化したショットガンなので、他のショットガンのような汎用性がありません。

至近距離で100ダメージの切り替えしが付きますが、1枠消費の価値があるか考える必要があります。

データ

武器一覧
項目ドラゴンブレスSGドラゴンブレスSG
レアリティエピックレジェンド
発射形式セミオートセミオート
最大ダメージ15.2 x10 (2.56m)16.0 x10 (2.56m)
最小ダメージ7.6 x10 (12m~)8.0 x10 (12m~)
クリティカル1.25x1.25x
連射速度13 RPM13 RPM
装弾数4発4発
リロード時間4.3s4.1s
腰だめ精度8.258
ターゲット精度7.47.2
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-25% / +10%-25% / +10%
持ち替え0.4s0.4s
対物ダメージ64.067.0
対人DPS3335
対物DPS1415
最終更新日:2021/1/16

武器解説

至近距離に特化したショットガン

至近距離に特化したショットガンで、クラフトの半マス(2.56m)で威力減衰が発生します。ペレットの拡散半径も大きいため、通常のショットガンと同じように使うと、まるでダメージが出せません。

装弾数4発ですが、1トリガーで全弾を消費するので、必殺のつもりで運用しないといけません。1撃のみの近接攻撃であり、外したら終わりの伝家の宝刀。

当てれば100ダメージは普通に出るのですが、有効射程に持ち込むのがまず大変です。

密着するまでの間にショットガンなしでは立ち回りに影響が出てくるので、別途ショットガンを用意した方が良いかもしれません。

ドラゴンブレスSG1本でいくなら、せめてサブマシンガンを併用する方が良いでしょう。

発火能力を持つ

弾丸が木製の建造物、オブジェクトに接触すると発火します。

相手が木に接触している状態なら、ある程度の追加ダメージを狙えます。

炎上のダメージ量が実装当初より段々と強化されているので、木のクラフトの中に引きこもっている相手を燃やして燻り出すことはできます。

その場合、ドラゴンブレスSGは弾切れ状態になり、次弾の発射までに4秒ちかく掛かります。単独運用だと隙が大きいです。

武器比較

武器一覧
項目タクティカルSG二連式ショットガンドラゴンブレスSG
レアリティ
発射形式フルオートブレイクアクションセミオート
最大ダメージ8.8 x10 (7.7m)12.0 x10 (2.56m)16.0 x10 (2.56m)
最小ダメージ1.8 x10 (30m~)6.0 x10 (12m~)8.0 x10 (12m~)
クリティカル1.5x1.25x1.25x
連射速度90 RPM114 RPM13 RPM
装弾数8発2発4発
リロード時間5.1s2.7s4.1s
腰だめ精度5.388
ターゲット精度4.47.37.2
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-15% / +30%-25% / +10%-25% / +10%
持ち替え0.55s0.4s0.4s
対物ダメージ79.090.067.0
TTK100HP0.667s--
対人DPS13222835
対物DPS11917115

単発式になった二連式SG(初期)

ドラゴンブレスSGの性能は、弱体化が入る前の二連式ショットガンに類似しています。

初期の二連式SGは最大ダメージ150で、グラップルと組み合わせが地雷戦術として流行しました(チャプター1・シーズン5)。

おまけに発火能力が付いているので、近距離番長の破壊力は健在です。ただし連射ができないという欠点が追加されています。

当時の二連式SGみたいに、連続攻撃で仕留める使い方ができませんし、総ダメージ量は減少しています。

弱体化後の二連式SG、しいてはそれを元にしたエキゾチック武器「ダブ」の1.5倍のダメージ期待値を持つのですが、単独で戦闘を完遂させる能力に欠けています。

シーズン6の開幕を告げるv6パッチにて、事前の予告通り二連式ショットガンに下方修正が入りました。合わせてグラップラーの下方修正も来ていますが、どちらも妥当なところでしょうか。組み合わせたときに相性が良すぎたのと、そもそも特定状況で強すぎて膠着状態の原因になっていたのと。どちらも下方修正後も役割は失っていません。

タクティカルSG以上に短射程

タクティカルSGはペレットの拡散角が広いので、距離が離れるとダメージが出なくなりますが、ドラゴンブレスSGの散り方はそれ以上です。

クラフト1.5マスまで最大ダメージを保てるタクティカルSGと、クラフト0.5マスで威力が下がり始めるドラゴンブレスSGでは有効射程に大きな差が生じます。

装弾数1発なのもあって、クラフトで組み合う時のけん制射撃がまったくできない武器なので、タクティカルSGと同じような運用はできません。

密着しからの即死狙い過ぎて、それまでに攻撃するチャンスを失うので、単独で所持するなら、タクティカルSGを持つ方が無難だと思います。

変更点

v15.01

  • 最大ダメージが増加(133/140 → 152/160)

『フォートナイト: ドラゴンブレスショットガンの性能と運用』へのコメント

  1. 名前:jusdilectionな人 投稿日:2020/12/09(水) 05:13:57 ID:27150ce03 返信

    アンバンスナイパーと併用すると、一丁でも運用できますネ。
    食らわせた後に近接当てれば致命傷になりうるし、体制を立て直す時間もできる。

  2. 名前:匿名 投稿日:2021/02/01(月) 21:09:58 ID:17652904a 返信

    歴代ショットガンで一番好き

  3. 名前:匿名 投稿日:2021/02/17(水) 16:33:15 ID:64884b951 返信

    リロードがおそい