フォートナイト: 火の特殊効果まとめ

シェアする

火はv13.1で「ホタルのビン」と共に追加された環境要素で、プレイヤーや可燃性のオブジェクトに継続ダメージを与えるシステムです。

様々な手段で火をつけることができますが、当初は仕組みとして弱かったのであまりに地味。その後、数回にわたって強化を受けており、ある程度の実用性を帯びるようになっています。

あとは火を付けられる強い武器の登場次第ですが、場合によっては環境で大きな存在感を示せるかもしれません。

ダメージ量

火によるダメージは対人、対物ともに毎秒15ダメージです。

プレイヤーが火に接触した場合には、ダメージを受け始めるまでに1秒の猶予時間があります。火に接触すると耐久力を表すUIが変化し、その状態で1秒経過するとスリップダメージを受け始めます。

スリップダメージはシールドを無視して、HPを直接削ります。

木製の建築などの可燃物に接触すると、その物体も毎秒15ダメージのスリップダメージを受けます。そのダメージは燃えている物体が破壊されるか、火が消えるまで持続します。

延焼と鎮火

アイテム等で発生した火は、周囲に可燃物があるとそれに燃え広がります。

発生した1つの火種からは、最大18連鎖まで延焼します。例えば、木でできた建築物に対して着火した場合、最大で18個の隣接した木の壁、床等に火が燃え広がります。

18連鎖というと多いようにも感じますが、建築の1ボックスが6個なので、およそ3ボックス程度しか伝わりません。大きな建造物を燃やし尽くそうとするなら、複数の火種が必要になるでしょう。

なお火の持続時間は10秒ですが、可燃物(木など)に燃え移った場合には、その物体が破壊されるまで延長されます。山火事になったら、中々火が消えない原因です。

逆に水に関連したアイテムを使うことで火を消すこともできます

代表的な消火アイテムとしては、チャグスプラッシュが挙げられます。

火に関連したアイテム

着火能力を持つ武器やアイテム。

水に関連したアイテム

消火能力を持つ武器やアイテム。

火の変更点

僅かに減った部分もありますが、基本的には強化傾向です。

v17以降

  • 可燃物が受ける対物ダメージが減少(20 → 15)
  • 可燃物が燃えているときの持続時間が増加(10秒 → 無制限)
  • 火に接触したときの猶予時間が短縮(2秒 → 1秒)
  • 燃え広がっていない火のダメージが増加(1 → 15)

火にし接触したときの対人ダメージが更に強化され、速効性が増しました。

ダメージ関連が全て15で統一されており、木が燃えているときの対物ダメージが僅かに減少しています。代わりに消火されるまで消えなくなりました。

v16.4

  • 可燃物の燃え広がる速度が上昇
  • プレイヤーへのダメージが増加(10 → 15)

プレイヤーへのダメージが増加し、火の連鎖速度が上昇しました。

v13.1(初期)

  1. 火の持続時間は10秒
  2. 可燃物が火に接触すると燃え移り、毎秒20ダメージを受ける
  3. プレイヤーが可燃物の火に2秒以上接触すると、毎秒10ダメージを受ける
  4. 非可燃物が火に接触すると、熱せられた状態になる
  5. プレイヤーが熱せられた物体に接触すると、毎秒1ダメージを受ける

初期の状態。

燃えない物体が熱を持って微小なダメージを発生させるなど、その後に仕様変更で削除されてしまった要素がいくらか含まれています。

ダメージが入るまでに2秒のタイムラグがあったので、スリップダメージに期待が持てない状況でした。

コメント

  1. […] フォートナイト: 火の特殊効果まとめげぇむはしりがき […]