今週のゲームニュース振り返り(2022年/1月/2週)

シェアする

共通テストが行われた1月第2週にあったゲ―ム関連の話題まとめです。発売延期の常連タイトル2作についてや、PUBGの無料化などがありました。

ゲームとは関係ないですが、トンガでの火山噴火は年間通しての大事件かもしれません。現地での被害もそうですが、寒冷化による食糧問題なども危惧されています。

Dying Light2のコンプリートに500時間

Dying Light2はゾンビ盆踊りの世界を題材にしたオープンワールドサバイバルゲームの第二作。

開発側はゲームのボリュームをアピールして、ユーザーを喜ばせようとしたんでしょうが、数字が大きすぎたので逆に不安になった人が多かったという事件です。

私も常々から量よりも質だと思っているので、いきなり500時間とか言われたら水増しが酷いと捉えますよね……。

なおメインクエストについては20時間程度であり、500時間というのは全ての要素を回収した場合の数字らしいです。また発売前の悪評を払拭するためか、5年はコンテンツを追加すると明言しています。

そんなDying Light2は2月4日に発売予定です。

延期しなければ……(すでに3回くらい発売を延期してる)。

STALKER2が発売延期

STALKER2は「2」とナンバリングが付いているものの、実はシリーズ4作目にあたるホラーFPSです。

元々は2022年の4月28日に発売の予定でしたが、同年の12月8日まで延期が発表されました。過去の経緯を考えると、なんかズルズルと延期が続いてもおかしくない状況です。

初代のSTALKERも2003年発売予定だったのが、2004年の年末に変更され、2005年の初頭に変更されで、結局1作目のSOCが発売されたのが2007年です。

延期なんて、慣れっ子じゃい。

STALKER2自身も10年前に開発がとん挫して従業員の75%が退社、2018年になってから再始動した経緯を持つので、この先に何が起こっても不思議ではありません。

まぁ、無理にリリースして誇大広告になるよりは良いので、なんとか良い形でリリースしてもらいたいところ。

サイバーパンク、うっ頭が……。

BF2042がチート業者からも見放される

ゲームパフォーマンスが悪すぎてチートが動作しないからストアから消します(Byチート業者)

そもそもBF2042自体がやらかしが酷すぎてSteamの統計100位から転落しているんですが、これもう巻き返すのは不可能だと思います。

過疎過疎言われていたPC版のCodですら、100位以下になるのに半年以上掛かっていたのに……。

流石はEA。アメリカでの最悪企業ランキングでTOP2回の強豪っぷりを見せてくれました。

PS4の生産が再開

PS5への移行を促すためか、生産が止まっていたPS4が再生産されているという噂。

PS5などに関連している7nmプロセスの生産ラインがひっ迫している状況なので、16nmプロセスのPS4で補おうというのは、プレイステーションの人口維持を鑑みれば不思議ではありません。

Nvidiaも12nmプロセスのRTX2060を復活させて、RTX3060の弾不足を補おうとしていました。

とはいえ、半導体の不足は16nmプロセスでも発生しているようなので、PS4が流通するとしても少数に留まるんじゃないかと思います。

Nintendo Switchを含め、未だに16nmプロセスで現役の機器は大量にあるので、予算をつぎ込んでラインを確保するにしても限界がありますしね……。

PC版のゴッドオブウォーは開発2年

1月15日にゴッドオブウォーのPC版がリリースされました。元々は2018年に発売されたゲームなんですが、4年越しでの移植になります。

近年はソニーファーストのゲームもPCで出るようになっており、本作についてもその流れを受けたものになります。先に出ていたPC版のHorizonは移植が下手過ぎてプチ炎上してましたが、今回についてはすんなり治まった模様。

PC版の開発に2年ほど掛かっているという記事があり、意外と労力が掛かっているのかもしれません。

AAA路線からの脱却を言い出す会社も増えていますが、高騰したゲーム開発費をペイするためにも、この手のゲーム移植は今後も続くでしょう。

家庭用ゲーム機という存在の寿命がそんなに長くないと予想しているのは私だけでは無い筈。

PUBGが無料化

過去に一世を風靡したバトロワの風雲児PUBGがこの度無料化しました。

それに合わせてSTEAMにおけるプレイヤー数も激増しており、ここ数日は60万人の同時接続数を記録しています。無料であるということが大きな影響力を持つということが改めて証明された形です。

なお昨年度のフォートナイトが同時接続270万人らしいので、モバイル版なども足してフォートナイトの半分に届かないくらい? ApexやCod Warzoneの2~3倍程度のパワーです。

バトロワ王者の座をフォートナイトに奪われて久しいですが、無料であっても流行らないゲームも多いですし、まだまだ影響力は失われていないということでしょうか。

場合によっては、この先も無料ゲームとして定着するかもしれません。

コメント

  1. 匿名 より:

    BFはついにIPごと消えることになりそうですね
    むしろ毎作未完成品を見切り発車でリリースしてた割によく持ったほうだとは思いますが

  2. 匿名 より:

    再生産されるps4はスリムなのかなプロなのかな
    ps5の普及に力入れて欲しいけどどうやっても無理なんでしょうねぇ、ここまで来ると

  3. 匿名 より:

    BFのEAもそうですが、Activision ブリザードもなんかやばいですね。OverWatch2は本当にできるの?って感じです。

  4. 匿名 より:

    BFはこのまま消えるには惜しい作品だなぁ
    あのゲーム性は唯一無二だったからな

  5. 匿名 より:

    家庭用ゲーム機自体には一般家庭への普及という役割が残っているので消えないと思っていますが、専用タイトルは立ち行かなくなるんじゃないかなと想像しています。
    そしてXBOXあたりがSTEAM互換になったりしたら面白いだろうなと。

    ただそういった舵取りはソフト価格の面で不幸を招きそうで怖いですね。
    全てのタイトルがおま値になったりしたら日本市場はいよいよ終わりです。