フォートナイト: 二連式ショットガン、グラップラーの弱体化

シェアする

シーズン6の開幕を告げるv6パッチにて、事前の予告通り二連式ショットガンに下方修正が入りました。合わせてグラップラーの下方修正も来ていますが、どちらも妥当なところでしょうか。

組み合わせたときに相性が良すぎたのと、そもそも特定状況で強すぎて膠着状態の原因になっていたのと。どちらも下方修正後も役割は失っていません。

二連式ショットガン

最大ダメージが143/150から114/120に低下しました。

武器一覧
項目二連式ショットガン二連式ショットガン
レアリティエピックレジェンド
発射形式ブレイクアクションブレイクアクション
最大ダメージ11.4 x10 (2.56m)12.0 x10 (2.56m)
最小ダメージ5.7 x10 (12m~)6.0 x10 (12m~)
クリティカル1.25x1.25x
連射速度114 RPM114 RPM
装弾数2発2発
リロード時間2.85s2.7s
腰だめ精度8.28
ターゲット精度7.57.3
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-25% / +10%-25% / +10%
持ち替え0.4s0.4s
対物ダメージ87.090.0
対人DPS217228
対物DPS165171

これに伴いDPS(時間当たりのダメージ量)もサブマシンガン並に低下しています。広範囲に弾をばらまくので、限られた距離においては相変わらずのガバ判定を持つのですが、正面対決するとサブマシンガンに競り負けるかもしれない状態に。

HP200の相手を即死させるには散弾の65%命中が必要だったのが、84%命中になったので、多少AIMが必要になっていますが、至近距離でそうそう外すようなものでもないので、役割的にはそう変わりないとは思います。

安直なNSWだったので、まぁ仕方の無いところ。常に警戒していないといけないので、無駄に時間が掛かって面倒臭かったので……。

ダメージチャート

以下の様になりました。

v5.4まで

2018/8/8

v6から

2018/9/27

パッチ前は12メートル(タイル2枚半くらい)までは一応ダメージ量でポンプに勝っていたのが、6メートルまでに短縮。精度でも大きく劣るので、いよいよ密着以外ではダメージが出ないようになってきました。

グラップラー

グラップル
項目グラップル
レアリティエピック
発射形式セミオート
連射速度60 RPM
装弾数10発
ターゲット速度0.2s
持ち替え速度0.4s

あまりに使用回数が多かったので、15回から10回に減らされましたが、相変わらず多い気はします。ショックウェーブ・グレネードと二択になったとき、果たしてショックウェーブを拾うかという話。ショックウェーブの入手率がもうちょっと良かったら話は別ですが……。

無駄使いをしなければ、10回でも十分に使用に耐えるので、今後も主力アイテムの一角を担うとは思います。