フォートナイト: エヴォクロムショットガンの性能と使い方

シェアする

《エヴォクロムSG》はv22.0で登場した進化する能力を持つエヴォクロム系の武器です。

1発のダメージ量は少ないものの連射が効くタイプのショットガンで、各地にあるクロム汚染された宝箱などから入手できます。

歴代の連射できるショットガンの中では弱い方ではあるものの、シーズン4の環境では他に変わりがいないのも事実。連射できることの利点を生かせるゼロビルドでは選択肢の一つです。

データ

武器一覧
項目エヴォクロムSGエヴォクロムSGエヴォクロムSGエヴォクロムSGエヴォクロムSG
レアリティアンコモンレアエピックレジェンドミシック
発射形式フルオートフルオートフルオートフルオートフルオート
最大ダメージ8.1 x10 (7.7m)8.5 x10 (7.7m)8.9 x10 (7.7m)9.4 x10 (7.7m)9.8 x10 (7.7m)
最小ダメージ1.6 x10 (30m~)1.7 x10 (30m~)1.8 x10 (30m~)1.9 x10 (30m~)2.0 x10 (30m~)
クリティカル1.25x1.25x1.25x1.25x1.25x
連射速度90 RPM90 RPM90 RPM90 RPM90 RPM
装弾数8発8発8発8発8発
リロード時間6s5.7s5.4s5.1s4.85s
腰だめ精度12.611.510.59.68.9
ターゲット精度12.611.510.59.68.9
精度補正
(しゃがみ、歩き)
0% / +0%0% / +0%0% / +0%0% / +0%0% / +0%
持ち替え0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s
対物ダメージ5255596263
TTK100HP0.667s0.667s0.667s0.667s0.667s
対人DPS122128133141147
対物DPS7882899395

簡易解説

ダメージを与えることで進化してレアリティが上昇する仕組みを持ったエヴォクロム系の武器に属します。

やや変則的な進化を持つ《エヴォクロムBR》と違い、オーソドックスにダメージと精度が上昇します。レアリティ間の差もそこまで大きくないので安定して戦えるのが特徴です。

武器としては連射系のショットガンに属し、単射系のショットガンに比べて少ないダメージ量を手数で補います。

ショットガンのダメージ量 v22.0

これまでの連射系ショットガンと異なる点は、発射されるペレットが横一列に広がることです。発射されるペレットが扇状に広がるので命中率が高くなります。

反面、ペレットが無暗に散らばるので、距離が離れるとダメージが落ち込みやすい欠点を持ちます。

照準の中心には必ず4発飛ぶので、狙いさえあっていれば半分のペレットは当たるものの、低い水準で安定する結果になるので、いざという時の爆発力に欠けます。

ヘッドショット倍率も1.25倍と低いので、下手にヘッドを狙うよりも、横に判定が広いだろう胴体打ちをして安定させる方が良いかと思います。

建築ありの環境では、ショットガンを連射できるメリットが弱いので、押し付けやすいゼロビルド向きの武器です。ぴょんぴょんしながらスプレーすることになります。

入手方法

各地に存在しているクロム汚染されたエリアの宝箱、あるいは《クロムスプラッシュ》によって人為的に汚染された各地の宝箱から50%の確率で出現します。

レアリティを向上させるのに、ある程度の与ダメージが必要なので、自分で用意するなら早い段階で入手する必要が出てきます。

《クロムスプラッシュ》の入手性という問題があるので、安定させるならばクロム汚染された名前付きロケーションなどに降下するのが良いでしょう。

進化について

ダメージを与えることで《エヴォクロムSG》はレアリティが上昇します。名前の付近にゲージが付いており、最大まで蓄積した後にリロードすることで進化します。

進化ゲージ

進化に必要なダメージと、武器の変化は以下のようになります。

レアリティ必要ダメージ変化
レア200ダメージ上昇、精度上昇
エピック500ダメージ上昇、精度上昇
レジェンド800ダメージ上昇、精度上昇
ミシック1500ダメージ上昇、精度上昇
成長のまとめ

《エヴォクロムBR》と違って変化はシンプルです。

各地にいるオオカミ、イノシシなどの野生動物を狩って、戦力として信頼できるところまで進化させておくのが定石と言えるでしょう。

エピックにするのに700ダメージなので、各地にいるオオカミを3匹 + αで達成になります。これで最後まで残す最低ラインは確保できるので、あとは対人込みでレジェンドに成れるかどうか。

ちなみに進化に必要となるダメージは撃ち込む相手によって変化します。中立のキャラクターや、補給シャークなどは、ゲージ増加が75%減少する補正が付いています。

武器比較

武器一覧
項目オートショットガンエヴォクロムSG
レアリティ
発射形式フルオートフルオート
最大ダメージ8.6 x12 (7.7m)9.8 x10 (7.7m)
最小ダメージ1.7 x12 (30m~)2.0 x10 (30m~)
クリティカル1.75x1.25x
連射速度90 RPM90 RPM
装弾数8発8発
リロード時間5.13s4.85s
腰だめ精度5.38.9
ターゲット精度4.58.9
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-0% / +0%
持ち替え0.5s0.4s
対物ダメージ7463
TTK100HP-0.667s
対人DPS155147
対物DPS11295

チャプター3・シーズン3に存在していた《オートSG》とは似通った特性を持っていますが、《オートSG》ほどのダメージ量は期待できません。

弾が横に拡散するので《オートSG》以上に距離管理がシビア。またヘッドショット倍率も低いので、密着して強引に倒すにも時間が掛かりやすい。

総じて《オートSG》を調整して弱くした武器という側面が強いので、早めに進化させてレアリティの高さで補う必要があるでしょう。

レアリティによるダメージ変化

ダメージ量だけならエピックの《エヴォクロムSG》で、アンコモンの《オートSG》と同等なんですが、それ以外の欠点も色々あるので、レジェンドになってようやく同等くらいじゃないかと思います。

幸いチャプター3・シーズン4においては、ライバルとなる近距離武器が全体的に弱くなっているので、ゼロビルドで枠を圧縮するためというのなら、進化を狙ってみるのも手かもしれません。

コメント

  1. 匿名 より:

    ヘッドショット倍率1.25倍!?なんのために生まれてきたんだコイツ