フォートナイト: エキゾチック武器「ダブ」ガイド(帰ってきたダブルSG)

シェアする

エキゾチック武器はチャプター2・シーズン5から新造されたレアリティ、バリアントです。

過去に存在した「フリントノック」、「二連式SG」をハイブリットした武器なんですが、ショットガン併用ペナルティがないという唯一の特性を持っています。

他のショットガンから持ち替えても、弾詰まりが発生しないので、大昔に流行していたダブルショットガン構成で運用できます。

データ

ダブ
項目ダブ
レアリティエキゾチック
発射形式セミオート
最大ダメージ12.0 x10 (2.56m)
最小ダメージ6.0 x10 (12m~)
クリティカル1.25x
連射速度114 RPM
装弾数2発
リロード時間2.7s
腰だめ精度8
ターゲット精度7.3
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-25% / +10%
持ち替え0.4s
対物ダメージ90.0
対人DPS228
対物DPS171
最終更新日:2021/1/16

武器解説

至近距離に特化

過去に存在した「2連式ショットガン」と、「フリントノック」を合成したようなエキゾチック武器です。

攻撃の特性はレジェンドの二連式SGと同じで、至近距離での火力に特化しています。クラフトの半マスから威力減衰が始まるので、密着しないとダメージが出せません。

理想的には同じマスまで詰めておいて、即座に落とす形ですが、それまでにけん制攻撃できないので、他のショットガンを併用した方が良いです。

バグなのか、仕様なのか不明ですが、他のショットガンから持ち替えてもペナルティがありません。

ショットガン併用ペナルティがない

フォートナイトには、「ショットガンから、ショットガンに持ち替えたときに、しばらく撃てなくなる」というペナルティが存在します。

これはチャプター1・シーズン1~4までの間に流行したダブルショットガン構成を制限するためのものですが、エキゾチック武器の「タブ」は例外になっています。

例えば、チャージ式SGと併用すれば、大ダメージを与えた後の追撃としてダブを使えます。同様にドラゴンブレスSGと組み合わせれば、至近距離のダメージを飛躍的に伸ばせるでしょう。

ショットガン、ショットガン、ショットガンと3連撃できる夢のようなショットガンです。積極的に他のショットガンと組み合わせた方が強い、例外的なショットガンになっています。

ノックバックの運用

過去に存在した「フリントノック」と同様の効果を持っており、発射と同時に吹き飛ばし効果が発生します。

間合いを詰めたり、有利位置を確保したり、めくり攻撃を仕掛けたり――素早く移動して、敵に奇襲を仕掛けられます。

ショットガン併用のペナルティがないので、ダブで間合いを詰めてからのドラゴンブレスSGという使い方もできるでしょう。

バウンサーや、ショックウェーブと違って、落下ダメージは普通に受けるのですが、危機的な状況になったときの緊急回避にも使えます。

反面、不可避の後退が入るので、ダブで連撃を加えようという算段が、ノックバックによって破壊される危険もあります。

入手方法

どちらか片方にいるので、確定入手は難しいです。急行すれば間に合う可能性もありますが、基本的には50%の確立になると思います。

プレザント・パーク

プレザント・パークから北上したところにある岩のあたりです。ステルシー・ストロングホールドとは中間に位置します。

コンパクトカーズ

ダーティ・ドックスから西に進んだところにあるランドマーク「コンパクト・カーズ」の中です。

武器比較

武器一覧
項目二連式ショットガンドラゴンブレスSGダブ
レアリティ
発射形式ブレイクアクションセミオートセミオート
最大ダメージ12.0 x10 (2.56m)16.0 x10 (2.56m)12.0 x10 (2.56m)
最小ダメージ6.0 x10 (12m~)8.0 x10 (12m~)6.0 x10 (12m~)
クリティカル1.25x1.25x1.25x
連射速度114 RPM13 RPM114 RPM
装弾数2発4発2発
リロード時間2.7s4.1s2.7s
腰だめ精度888
ターゲット精度7.37.27.3
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-25% / +10%-25% / +10%-25% / +10%
持ち替え0.4s0.4s0.4s
対物ダメージ90.067.090.0
対人DPS22835228
対物DPS17115171

基本的な性能は過去に存在した「2連式ショットガン」と同等です。ただし2連式SGと違って、ショットガン併用のペナルティがなく、他のショットガンから持ち替えて素早く攻撃できます。

また同じ至近距離型でも、ドラゴンブレスSGと比べると、1発当たりのダメージ量は33%低下します。

とはいえ、基本的には他のショットガンと組み合わせることになるので、サブマシンガンと役割が被っているのかもしれません。