Cod BO4: 2月パッチによる変更点など

シェアする

2日遅れでPC版にもパッチが当たりました。PC版の視点だと違和感があるのはRAMPARTを更に強化したこと、TITANを弱体化したこと位ですが、まぁまぁ無難な内容だったんじゃないでしょうか。MX9が大幅に強化されたので、今後は見る機会も多そう。

アサルトライフル

  • アサルトライフルの腰だめ精度が向上(5.5 → 4.8)
  • RAMPART17の最大威力射程が増加(35m → 38m)
  • KN-57の最大威力射程が増加(14m → 15m)
  • VAPRの中威力射程が増加(32m → 45m)
  • Maddox周りの微修正

基本的には全てアッパー調整になります。Maddoxですら腰だめ精度が向上して、いよいよレーザーサイト2最強の武器になったので、細かい弱体化はあるもののトータルでは恐らく上方修正。PC版は射程の減少すらなかったですし、リコイルも元々小さくて誤差の範疇でしたから。

ちょっと試した感じだと、相変わらずRAMPRT17とMADDOXの二強って感じです。強化されたVAPRは、相変わらずラピファ込みでRAMPART17の大口径2なしとしか……。銃剣とストック2に全てが掛かっていますが、PC版だと正直そこまで評価できないです。

PC版のICR-7は完全に負け組路線に。大口径が無いから、SWATよりも弱いし、ロングはSRがいるから役割がなにもない件……。

更新日:2019/2/24

※ Maddoxの青い影の縁取り部分はPC版のみ

サブマシンガン

  • MX9の最大威力が上昇(28 → 34)
  • MX9のADS速度が向上(0.25秒 → 0.225秒)
  • GKSの最大威力が上昇(28 → 34)
  • Sptitfireの腰だめ精度が僅かに減少(4.6 → 4.8)
  • Corditeの腰だめ精度が減少(5 → 5.5)
  • Saug 9mmの腰だめ精度が減少(5 → 5.5)
  • Saug 9mmの走り復帰が悪化(0.2秒 → 0.25秒)
  • DEAMON 3XBの最大威力射程が増加(7m → 9m)
  • その他 色々

MX9、GKS、DEAMONが強化で、Spitfe、Cordite、Saugが弱体化。MX9とGKSは家庭用機版と同じダメージモデルに復帰しました。これでダメージモデルが異なる武器はSPITFIREとCORDITEの二つだけに。

Saugの腰だめが低下したのと、AR全般の腰だめ精度が強化されたのが重なって、両者の精度事情が逆転することに。今はSaugの方が腰だめ精度が悪いです。Sprint Outも同日悪くなったため、よりADSの高速さを生かす方が良い武器に。

トータルで見ますと、MX9が実用的になったので、いくらか選択肢は増えたと思います。GKSのポジションが相当怪しいですが、取り敢えずどれも使える武器。

更新日:2019/2/24

※ 破線部分はPC版だと存在しないエリア

タクティカルライフル

  • AUGERダブルタップ時の発射レートが上昇(480RPM → 517RPM)
  • その他 色々

AUGER DMRのダブルタップが強化されました。パッチノートの記載だと、どうとでも取れるのですが、どうも発射レートが伸びた臭い。ディレイ込みの平均発射レートが357RPMになったので、取り敢えずMODを付けたら弱くなる状態が改善されています。

というのも今回のパッチでCS版のAUGERも360RPMへと強化されたみたいですが、PC版だと結構前から360RPMになっていました。それなのにMOD時の性能が据え置きだったから、PC版ではMODを付けると弱くなるという本末転倒な状態に。今回のパッチではMOD採用時の性能が微妙に向上して、取り敢えずマイナスに作用することは無くなりました。

まぁ、付けてもキルタイムは変わらないので、大口径2を併用してワンバーストキルを取れないと意味がないMODなのは変わらないのですが……。

更新日:2019/2/24

ライトマシンガン

  • Titanの最大ダメージ減少 (46 → 38)
  • その他 細かい調整

あんまり変わっていないです。PC版だとほとんど誰も使ってないですが、それに関しては今後も変わることがないでしょう。

スナイパーライフル

  • PALADIN HB50の発射レートが上昇(37RPM → 44RPM)
  • OUTLAWボルトシリンダーの発射レートが減少(600RPM → 550RPM)
  • KOSHAKAの発射レートが上昇(40RPM → 49RPM)
  • その他 細かい修正

PALADINとKOSHKAの発射レートが向上して、敵を処理する能力が向上しました。パッチノートの書き方からすると、どうもPC版だけ発射レートが元々低かった模様。元々強い側の武器でしたが、これでオブジェクトルールでも使いやすくなりました。

OUTLAWは発射レートが減少して、バーストの胡散臭さが少しはマシになった……のか? キルタイムだと1Fに満たない差なので、関係ないような気もしますが。

PERK

  • フラックジャケットに放射線と火炎耐性追加
  • タクティカルマスクから上記耐性削除
  • タクティカルマスクの耐性が強化

過去作BOのフラジャケと同じ仕様になりました。PC版だとピュリファイアーが割と脅威なので(こっそりPCだけ弱体化してますが)、取り敢えずフラックジャケットでも良いかなぁ……と思う部分も。

シェアする

フォローする

『Cod BO4: 2月パッチによる変更点など』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/02/25(月) 16:51:30 ID:4e1b90614 返信

    メッシュマイン、リアクターコア、
    グレネード、ウォーマシンでほぼ殺されることなくなるので最近フラジャケ付けること多いですね。
    リアクターコアに関してはダメージ全然受けないのと回復も早くなるので楽でいいです。

  2. 名前:匿名 投稿日:2019/02/25(月) 19:33:42 ID:408a1677f 返信

    PC版はHADESのMODが弱体化されたのが一番影響あるくらいですね
    CS版で話題のMADDOXやSWORDFISHはこれまでと変わらず大勢に影響なさそう