E3-2019の1日目・雑感

シェアする

いよいよカンファレンスが始まったE3(2019)に関する雑記です。興味があった、気になった順になっています。

サイバーパンク2077

前々から情報が出ていたウィッチャーシリーズの開発元が送り出す新作RPGです。

サイバーパンクというのはSFの下位分類なんですが、主な特徴として機械工学による人体の拡張や、電脳世界の表現が含まれます。日本におけるサイバーパンクとしては、攻殻機動隊が一番有名だと思います。

様々なアニメにもその影響が見られますが、そもそものSF自体が衰退傾向にあるジャンル。東西冷戦の終わりとか、科学の限界が見え隠れしてきて破綻しやすくなったとか、シンイチ・ホシィのせいでネタが無くなったとか、色々理由はありますが、そんな中で集大成的作風を持った新作が、しかもウィッチャー1、2、3と着実にキャリアを積み重ねてきたチームが手がけるとあって、久々に期待値の高いオープンワールドが来そうな雰囲気があります。

オープンワールドというゲームデザインは知名度こそ一人歩きしていますが、製作コストが高いので、多売戦略を取るとクオリティが犠牲になる諸刃の剣。それを武器に出来るようなゲームとなると、滅多に現れませんし、代わり映えのしないタイトルも多いです。

オープンワールドとしては、ゼルダBotW以来の作品になるか、という過度な期待を背負っているような気もします。

リリースは2020年の4月16日で、国内でも同時販売される模様。まぁ私はPC版を選ぶだろうと思いますが、海外版にも日本語は入ってるみたい。

GHOSTWIRE TOKYO

ベセスダに移籍した三上真司氏の新作。

一応クレジットされているものの、あんまり製作には関わってなかったらしいサイコブレイク2が強引なたたみ方をしていたので、いずれ来るだろうなと思っていた新作です。

方向性としてはミステリータッチになりそうな、そんな予感。

サイコブレイク1作目が、ちょっとコア向け過ぎて一般受けしなかったので、その辺りをどういう風にカバーするかが最大の課題かもしれません。

テイルズ オブ アライズ

随分と前からスパンが開いたので、内部でゴタゴタしてたんだろうな……という感じがします。

背景は頑張っているように見えますが、キャラデザの浮き方が割と深刻です。

方向性としては海外受けを狙いにいったんでしょうが、今更そっちに寄っても成功しないんじゃないかとは……。諸々のセンスが10年前なので、なにか不安を感じるタイトル。

ファイナルファンタジー7 リメイク

発売日は2020年3月3日に決まった模様。

分割になるのは先に発表されていましたが、それにしたってリリースが速い気がしますね。まるで開発が進んでないという話も合ったので、2021年後半辺りまではリリースされないんじゃないかと思ってました。

最近のスクウェアサイドはすっかり落ち目なので、なんとか踏みとどまって欲しいところ。

新型Xbox

2020年の終わりくらいにリリースされるようです。詳しいスペックは不明ですが、Xbox One Xの4倍になるとか、ならないとか。

結局の所、PS5もXboxも似たり寄ったりな性能になることは決定付けられているので、ハードの性能以外で勝負しないと駄目なのかも。

Blair Witch

シリーズの元祖にあたるブレア・ウィッチ・プロジェクトも随分昔の映画になってしまいましたが、モキュメンタリー・ホラーの先駆けとなった作品です。

以降、この手のホラー映画は国内、国外問わずに増えましたが、今となっては過去のこと。

なんで今更、これをゲームに? と思ったら、いつの間にか続編が出ていた件。個人的にはそっちの方が驚きでした。

発売日は今夏8月30日。

ELDEN RING

オープンワールドになるとか、色々噂がありますが、現段階だとなんとも言えない雰囲気です。

発売日はまだまだ先になりそう。

シェアする

フォローする