Apex Legends: シーズン5における武器の変化

シェアする

マスティフが通常武器に転落したくらいで大きな変化は無いです。

元のマスティフはEVA-8系統のDPS型散弾銃でしたが、大幅にDPSが低下したので同じような使い方はできなくなりました。概ね旧時代のピースキーパーを踏襲しているものの、発射レートでは上回り、代わりに腰だめ撃ちでの集弾性に劣ります。

マスティフ

  • 通常武器に変更
  • ダメージが減少(18×8 → 13×8)
  • 発射レートが減少(78RPM → 60RPM)
  • ヘッドショット倍率が減少(2x → 1.25x)
  • 装弾数が増加(4発 → 6発)
  • 弾丸サイズが減少
  • SGボルトに対応

限定武器だったのが通常武器に降格しました。これに伴って全体的に性能が低下しましたが、ショットガンボルトに対応するようになりました。

SGボルトの効果はコモンで+9%、レアで+13.5%、Sレアで+18%です。Sレア時で71RPMになりますが、元々の発射レートが78RPMだったので、やはり発射レートは低下しています。

DPSも187から104に低下して、正面対決に使えるような武器ではなくなりました。

ピースキーパー

  • レジェンド武器に変更
  • 発射レートが増加(47RPM → 60RPM)
  • リロード時間が減少(3.6秒 → 3.35秒)
  • 弾丸サイズが増加

通常武器からケアパケ限定の武器に昇格。それに伴って、デフォルトでチョークが付帯するようになりました。溜め時間は1.4秒です。

DPSは元々86だったのが、110まで伸びましたが、シーズン4までのマスティフに比べると遥かに劣ります。

このたびレジェンドになりましたが、正面対決するタイプではなく、ヒット&アウェーを繰り返す武器なのは変わりありません。

RE-45

  • ダメージが増加(11 → 12)
  • リロード時間が減少(2.1秒 → 2秒)

DPSは143から156に増加しました。

その他

  • ハボックのリコイルが増加
  • オルタネーターの装弾数が増加(16発 → 19発)
  • ウィングマンのヘッドショット倍率が減少(2.1x → 2x)
  • ロングボウのヘッドショット倍率が減少(2.15x → 2.1x)

DPSの変化

マスティフが転落したくらいで、大きな変化はないです。

シーズン5

シーズン5・上位18種類

シーズン5・下位

 シーズン4

シーズン4のDPS

シェアする

フォローする

『Apex Legends: シーズン5における武器の変化』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/05/16(土) 21:01:03 ID:eb68b62b4 返信

    この記事タイトルならレジェンドにも触れたほうがいいのでは