Little Nightmares: 解釈と考察 -MOWに住まう人々-

シェアする

本稿はLittle Nightmaresを個人的に解釈し、考察したものです。DLC3までのネタバレを諸に含む可能性がありますし、ライターの意図とは異なるかもしれません。

本作は20世紀初頭の世界における孤児達の話を、MOWという場所に置き換えて描いたメタファーの物語。文学の世界には、信用できない語り手という概念がありますが、十分に成熟していない幼子もそれに該当します。

本作は子供の悪夢というテーマに基づき、孤児のシックスからみた著しく歪んだ世界を描いていると思われますが、あくまで解釈の一つに過ぎないので、その点だけは留意してください。

シックス

ザ・主人公。

リトルナイトメアズに登場する黄色い雨合羽を着た少女です。

絶えずお腹をすかせている弱々しい存在ですが、彼女の持つ”飢え”は暴走し、やがて多くのものに牙を剥きました。

ノームを食い殺し、レディを食い殺し、果てはゲスト達を数多殺傷するという暴走ぶり。ラストシーンでは行き場の無くなった孤島に取り残されており、彼女の物語はバッドエンドを迎えました。

小さきものでありながら、MOWに大きな禍をもたらした人物でもあります。

二つの意味を持つ名前

シックスの正体を説明するに、一番分かり安いのはそのネーミングです。

  • Six:数字の六、六才児、6番目
  • Sics:病気の

彼女の名前は”Sixですが、同時に”Sics”でもあります。英語の同音異義語。どっちも読み方が同じという、英語の駄洒落みたいなものですが、彼女の持つ二面性を表現するために意図的に付けられたものだと推察されます。

2人を1人の人物として誤認させる叙述トリックがありますが、本作のシックスもそれと同様のパターンにあります。劇中において、異なる二つの存在が、まるで一人のように描写されているのです。

主人公のシックスは、お腹をすかせ病原体に感染した孤児の少女ですが、それと当時に彼女が抱える病原体を擬人化、象徴した存在であると思われます。劇中でエスカレートしていく、食事シーンにその片鱗が見え隠れしています。

突如としてレディを捕食しはじめるシックス

小さな悪魔たち

劇中の情報から推察する少女であるシックスの生い立ちは、保護者の自殺から孤児になってしまった少女です。

孤児院に収監された彼女ですが、その生活は我慢できるものではなかったようで、監視の目をかいくぐり、保護者であった筈の管理人の腕を切り落としてまで、外へと逃げ出します。

それは彼女の歪んだ恐怖心であり、バッドエンドを決定づける誤った選択でした。

そこで待ち受けていたのは、今までと変わらない”飢え”との戦いでした。ネズミ取りに掛かったネズミを食べるまでして空腹を凌ぎますが、その行動こそが彼女を病原体のキャリアにしました。

空腹に耐えかねた彼女の目の前には、罠に掛かったネズミの姿が……。

それ以降のシックスは空腹に突き動かされるときに、咳き込むような仕草を見せるなど、病原体との同一性が色濃く表れるようになります。

また彼女が盗み食いをしていたと思われるキッチンのコック達もまた咳き込んでいることから、病原体には伝染性が見て取れます。

それはやがてラストのあのシーンへと繋がりました。

次々とゲスト達を殺める本編のラストシーン。シックスを媒介として広まった病原体によって多くの人々が死に至った。

リトルナイトメア-ズ-(英語だと複数形)というタイトルが持つもう一つの意味もここで回収されます。一つは子供達の悪夢、もう一つは人々を死に至らしめる小さな悪魔たち……。

ラナウェイ・キッド

キッドはDLC3作品に登場するもう一人の主人公で、同じくMOWに捕らわれた孤児です。

劇中の表現からは、水難事故で両親を失い孤児院に収監されたようですが、生活の質が悪いことに耐えかねて、シックスと同じく脱走しました。

その後の彼は色んな場所を転々としていたようですが、変態おばさんを感電死させたり――なにがあったんだろう(すっとぼけ)、ノーム達が働く炭鉱に流れ着いて、そのリーダーに収まったりと、高い行動力とリーダーシップを持っていたことが窺われます。

ノームの正体

ノームとは伝承における働き者の妖精で、炭鉱などに棲息すると言われています。

本作は現実の世界をファンタジー風に描いた作品なので、ノームの正体も現実世界の何かということになりますが、それに関してはDLCで説明されています。

ノーム達が暖を取っているシーンですが、その影が子供の姿になっています。

つまりノームとは、鉱山などで働かされている児童労働者となります。

この辺りの歴史的事情は有名な写真家がいるのでリンクを乗せておきます。20世紀前半における過酷な児童労働者の姿を捉えています。

Atget Photography アジェ・フォトは、ルイス・ハイン Lewis W. Hine 作品とプロフィール・写真集・名言集・動画 YouTubeを見やすく丁寧にわかりやすく紹介するサイトです。

最初の犠牲者

すっかり孤児、浮浪者としての生活が板に付いてきたラナウェイが辿り着いたのは、レディの経営する店でした。

そこでレディの持つコンプレックス、秘密を知ってしまったが故にノームに変えられてしまいます。ノームに変えられるということが何を挿すのか、あまり想像したくない話ではありますね。

そしてノームとなった彼を待ち受けていたのは、シックス(伝染病)でした。

DLC3でのラストシーン。どこかで見たようなソーセージに歩み寄るキッドが描かれます。

次に襲われたレディの正体が老婆であったこともあわせて、伝染病の犠牲が免疫が弱い子供、老人から始まるという側面を表すことになっています。

怪人たち

管理人

盲目の管理人で、子供達を人形にしてしまう怪物……とシックスは思っていました。

本作が現実の世界を元に、子供の恐怖心というフィルターが掛かった状態で描かれていると前提するなら、本当にあくどい人物であったかは定かではありません。

ただゲーム内に見え隠れしているのは、彼はしがない靴職人であり、夜な夜なオモチャを自作しており、収入が少ないのか、自分が来ている衣服もみすぼらしい。

そんな彼の腕を切り落とし、施設から飛び出したことは様々な意味でシックスの分岐点となったのではないか……と思います。

レディ

レディは高級料理店、子供達を酷使する鉱山等を経営する資本家の女性で、厚塗りの化粧によって自身の歳を偽っています。

自身の美貌に自身を持ち、それに執着していた彼女は、素顔を見てしまったキッドを捉えて、ノームに変えてしまいます。

レディの素顔はDLC3で見ることができます

シェフ

シックスが盗み食いを繰り返していた厨房のシェフです。

浮浪者となっていたシックスを追い回すうちに伝染病をうつされ、のちのパンデミックを発生させる原因となってしまいました。シックスと同じような咳をする姿が見受けられます。

咳き込む双子のシェフ。これがラストの遠因になりました。

ゲスト

レディの高級料理店に訪れる財産を持つ大人達です。シックスが飢えて苦労しているのに、彼らは丸々太っています。

また子供であるシックスに比べれば大食漢であり、シックス自身も食べようとするのではないか、という恐ろしい勘違いをさせました。

ラストシーンは彼らが病に倒れ、次々と死んでいくという刺激的な表現になっています。

まとめ

本作は20世紀初頭で起きていた孤児達の生活や、貧富の差を題材にし、それをダークファンタジー風に描写した作品です。

といってもこれは私の解釈に過ぎませんから、純粋にファンタージ世界だと捉えるもよし、実はなにかのメタファーと考えるもよし。抽象化された世界で、映像だけで表現しているため、受け取り方には幅が生まれています。

サイレント映画、ホラー映画を研究していると思いますし、繰り返し見てみれば、新たな発見があるかもしれないですね。