三國志14: 簡易攻略(戦争編)

シェアする

2作ぶり位に手を出したわけですが、三国志14は内政が空気化しているので、戦争がメインで合間に内政をするゲームになっています。

守り側が相当有利で、武将の質もすごく影響します。兵力の差が影響しにくいので、小勢力でも割とめくりやすい。

本稿はそんな戦争の暫定攻略になります。

陣形

魚鱗陣が基本形

魚鱗陣が攻防において最もバランスが良く、正面からの殴り合いだと全ての陣形に対して有利が取れます。高統率、高武力の有名どころは、大抵魚鱗陣を持っているのですが、チラホラと魚鱗陣無しで画竜点睛を欠く武将も……。

それ以外だと下記の3種類は比較的使います。

  • 方円(計略、火付け)
  • 錐行陣(攪乱、補給切り)
  • 衝車(攻城)

それ以外の陣形に関しては、正直なところ使いどころが乏しい。消去法で使う場合はあっても、積極的に選択することがあんまりないです。

陣形と部隊能力 統率100の武将が士気80の部隊を率いたときの数値です。統率、士気が高いほどに部隊の能力は高くなります。 前...

戦法

武将が出陣しているときに自動発動する必殺技です。

クールタイムの大小はあれど、基本的には重い戦法の方が強い。例えば曹操の「魏武の強」とか、関羽の「軍神」とか、固有戦法の一部は流れを一変させるレベルで凶悪。

魏武の強の場合、自身と隣接している味方の全ステータスが1.5倍くらいになるので、発動中はダメージをほぼ受けないし、敵の部隊がすごい勢いで溶けていきます。

戦法は出陣前の部隊編成で予め全セットされていますが、罵声などの弱い戦法を無駄撃ちしても意味がないので、一番強い戦法以外は外してしまった方が良いかも(面倒臭いですが)。

なお君主の位が上がると、最大で4人までの戦法を任意発動できるようになります。接触時の戦法発動によって流れを獲得したり、複数を巻き込む戦法を効率良く使えるようになります。

親愛武将(連携戦法)

親愛武将を隣接させて戦闘していると、連携戦法が発生するようになります。これがかなり強力なので、親愛武将同士を固めた状態で送り出すことが望ましいです。

結果的に原作の逸話どおりとか、親族関係でひとまとめに運用するケースが多くなります。

連携戦法というのは、カットインに他の武将が紛れ込む演出のアレで、その武将が持っている戦法のいずれかを同じターゲットに撃ちます(おそらくはステータス合算状態で)。

場合によっては9999ダメとかになることもあります。

前衛と後衛

本作は射程内に敵軍がいる場合には自動的に攻撃する仕組みですが、陣形によって攻撃が届く距離が異なります。2タイル以上の射程があるなら、間に別の味方ユニットを挟む、土塁などの建設物を使うなどして、間接攻撃を一方的に当てることができます。

本作では誰でも一騎打ちを始めるので、統率が高い軍師系の武将を前に出すと、高武力系の武将に絡まれる危険があります。運が悪いと部隊が一瞬で壊滅したり、当人が戦死したりします。そういうときに役立つのが間接攻撃です。

部隊は攻撃命令を出さなくても攻撃してくれるので、進軍コマンドを使って細かい位置取りができます。

AIはその辺りがポンコツなので、武力の低すぎる武将をぽんぽん前線に出してきます。それへのカウンターになるので、武力が高い武将、一騎打ち補正のある武将の使い勝手が良かったりします。

行軍と府の奪取

敵陣営を攻めるときの最終目標は城ですが、周辺の府を奪取したり、部隊の足並みを整えたり、攻城に入るまでの行軍が重要だったりします。

事前に城付きの府を制圧していると、自部隊の能力が向上しますし(一つ4%程度)、自軍の兵站が切断されるのを防げます。中継地点を指定したり、錐行陣を使って脇道にそれたりして、極力制圧しておきましょう。

部隊によって奪い取った府は、その部隊が所属する城の管轄になります。

それこそ遠く離れた城から遠征している場合でも、出撃元の府扱いになるので、その城にいる待機武将を使って土地占領を掛けることができます。

得に「名声」の特性を持つ武将を府に配置すれば、毎ターン府の周囲を塗り返すことができるので、攻め込む際の連絡線を太く出来ます。大部隊を運用しにくい序盤や、大規模遠征する場合に、安定性を確保できます。

また移動する部隊の移動速度はそれぞれ異なるので、城に攻めかかる前に足並みを整えましょう。開いている時間を利用して、先行部隊に陣の建設などをさせると良いでしょう。錐行陣の部隊を先発させると、それら雑用に便利です。

後発する本隊の移動速度が上がりますし、城から迎撃に出てくる敵部隊と有利に戦えます。

迎撃部隊を事前に捌いておくと、攻城兵器を取り付かせやすくなりますし、自軍を各個撃破されにくくなります。

兵站切り

後半というか、ある程度都市を確保すると守ることが無くなってきますが、それまでは守りで闘うことが多く、攻め寄せて来る敵の兵站を切ることは重要です。

CPUはその辺りすごい無頓着なので、防御側だと相当なビハインドでも余裕を持って守り切れます。それこそ3倍くらいの敵だったら楽に跳ね返せます。

兵站を切る方法としては、錐行陣を使って迂回する方法がスタンダード。錐行陣は戦闘面が相当に貧弱なので、敵に絡まれないようにライン取りする必要がありますが、様々な局面で狙って行けます。

平野部なら、自軍の府を占領されないよう土嚢などでガードしておき、土地占領で兵站を切るという手段も取れそう。

建設によって設置できるものは土嚢に関わらず便利です。バフ効果があって、雁行の盾にできる陣とか、足止め効果の掛かる罠とかは、取り敢えず撒いておいて損はないです。

降伏勧告を使う

本作は降伏勧告が通りやすいです。君主が敵から嫌悪されていない限りは、残り2城~4城の段階で降伏勧告が通ります。

本作の降伏勧告は外交関係が良好な国同士だと通りやすくなるみたいです。

中規模まで勢力を拡大できれば、金銭的な余裕が出てくるので、現なまの力を使って無理矢理外交関係を修復し、降伏勧告で戦争になるのを避けることができます。

利点は敵を滅亡させた後の登用作業をカットできること、そもそも戦闘しないから兵糧の消費をなくせることです。

後半になると兵糧不足に悩まされるゲームなので、兵糧を準備している間に外交連打で時間を潰すと良いです。降伏勧告が通らなくても、取り敢えず同盟しておけば、他の勢力を潰す時間が稼げます。

駆虎呑狼で太守を独立させてからの降伏勧告という組み合わせも可(やっぱり外交改善は必要ですが)。

シェアする

フォローする