Apex Legends: ボルトの性能とトリビア

シェアする

ボルトはエナジーアモを使用するシーズン6の新規武器です。あんまり特徴がないSMGになっています。

スピンオフ元の前作に当たるタイタンフォール2にも登場し、そちらでは変わり種でしたが、強武器の一角を形成していました。

データ

ボルト
項目ボルト
使用弾薬エネルギー
ダメージ16
クリティカル1.5x
掠りヒット0.82x
装弾数19
リロード1.75s
タクティカルリロード1.5s
ADS時間0.2s
sprint_out0.25s
シーズン6時のDPS上位組(オレンジが平均ライン)

あんまり特徴のないSMGです。発射レートは720RPMあり、過去作に登場したボルトとは類似性が殆んどありません。

DPSは高めですが、R-301C、フラットライン、ボルトとほぼ同じ水準の武器が並んでおり、どれを使っても大きな差は生じません。リコイル特性も大差無いので、弾の兼ね合いで良いと思います。

プラウラー(FA)、ハボック(TC)、R-99などにはDPSが劣るものの、それらが手に入らないときの選択肢の一つです。

タイタンフォール時代のボルト

ボルト
項目ボルト
発射形式フルオート
ダメージ50 - 24
クリティカル倍率1.5x
減衰開始点25m
減衰終了点51m
発射レート630RPM
装填数33
リロード時間2s + +0.5
腰だめ精度0 - 0
ADS時間0.2s
Sprint out0.25s
弾速Hit-Scan
最小キルタイム0.286s
最大キルタイム0.762s

タイタンフォール2に登場したときのボルトは、「全体で一強」 → 「SMG唯一の弱武器」 → 「使いにくい強武器」という流れを辿った武器です。度重なるパッチによって、右往左往しています。

初期のボルトが強すぎたので、ダメージ、装弾数、リコイル特性、威力減衰と、ありとあらゆる要素が弱体化しました。変わらなかったのは発射レートくらいです。

ボルトはTF2に登場したSMGでは特殊な立ち位置で、かなり扱いにくい部類に入ります。抜群の高精度さを持つものの、リコイルコントロールの技術が要求されるし、高レートタイプでもないので、まるで初心者向けではありません。

スーパーパスファインダー、スーパーオクタン、スーパーレイスが横行する環境において、自分も飛んだり跳ねたりしながら、豆粒みたいな敵をフルオートでトレースできないと、R-201Cの下位互換になってしまう。

潜在能力はあるけど、扱いきれない感がありました。

シェアする

フォローする

『Apex Legends: ボルトの性能とトリビア』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/08/19(水) 14:44:22 ID:30c95ffd4 返信

    TF2では最終的に低威力で暴れてリロードの早いSMGって感じでしたっけ。
    apexの方ではリロードの早さにらしさがちょっと残ってますね。

  2. 名前:匿名 投稿日:2020/08/20(木) 00:13:13 ID:b13af8e69 返信

    タイタンフォール2のボルトは率直に言って弱かったというか、これ使うならCARやオルタネーターでいいやという感想だった
    リロードが異様に速いという面白い特徴はあった