World War Z: ゾンビ処理マニュアル

シェアする

やたら数の多い通常ゾンビの他に、ブル、ラーカー、ガスバグ、スクリーマーという4種類の特殊ゾンビが存在します。

L4DやKilling Floorをプレイしているのなら、近視感のあるゾンビが多いです。

パターンはそう多くないので、道中では無駄な音を発てないこと。敵に捕まったことを考えて、単独行動を控えることの2つを押さえれば、取り敢えずは大丈夫。

あとはゾンビを処理する速度だけです。

ゾンビ

どこにでもいるごく一般的なゾンビ。強いて違うところをあげるとすれば、音に興味があるってとこかナ。

普段は非活性ですが、物音を聞きつけると俄然アクティブになって、数を頼みに押し寄せて来ます。個々の戦闘力は低めですが、近寄られる前に処理する手際が重要です。

側にゾンビがいるとダッシュを妨害されますし、大量のゾンビに囲まれると、押さえ込まれて動けなくなります。

スォーム

初期配置されているゾンビの他に、エリア外から雪崩のように押し寄せて来る場合があり、これをスォームと呼びます。

ミッション毎の固定イベントの他、大きな音を発てるとスォームを誘発します。

高難易度ではスォームを発生させないのが基本なので、音の扱いには注意しましょう。

道中の移動ではサプレッサー付きの武器を使えば、スォームを誘発せずに倒すことができます。またスォームを誘発させるスクリーマーという特殊ゾンビもいるので、早めに処理しないとスォームがいつまで経っても終わりません。

ブル(Bull)

強化服で全身を覆った特殊ゾンビ。耐久力だけは無駄に高く、突進してくるのを通常火器で止めるのは難しいです。

背中の部分が弱点になっていますが、単独で後ろを取るには、誘導して壁に激突させるなどの手間がかかり、乱戦状態だとそんな余裕もなかったりします。

確実に倒すのなら、突進攻撃が始まる前にヘビー武器や、フィクサーの爆装弾を使って押しつぶすのが良いです。

各クラス毎の対処方としては、いくつかありますが、無難なのはスラッシャーのスタンを使うことでしょうか。スラッシャーの役割は味方の護衛もあるので、積極的にガードしましょう。

ラーカー(lurker)

引きこもりという名前が指すとおり、物陰で角待ちしている陰の者。

耐久力は普通のゾンビに毛が生えた程度なのですが、いきなり飛びかかってきてマウントを取られるので、単独行動していると事故りやすい相手です。

沸きポイントが決まっていますが、初見だと躱せないだろう嫌らしい配置になっています。またクリアリングした筈の場所に、後から沸き出すこともあるので油断できません。

事前に警戒しておけば、飛びかかられる前に処理できます。

ガスバグ(Gasbug)

防護服をまとったゾンビで、服を傷つけると周囲に毒ガスをばらまく特性を持ちます。

対処方法としては、毒ガスに巻き込まれないような遠くで倒すこと、防護服を傷つけないようにヘッドショットのみで敵を倒すの2つです。

ヘッド2発で確定処理ですが、割と流れ弾などで上手く行かないことがあります。

スクリーマー(Screamer)

黄色いヘルメットに、赤いジャケット。工事現場の作業員みたいな姿をしたゾンビで、甲高い声でゾンビを引き寄せる特性を持っています。

こいつが叫び始めると、エリア外からゾンビがワラワラ湧いてきます。

即座に倒せないような位置に沸く場合も有り、早めに潰して負担を軽減するか、追ってこられない場所まで逃げると良いです。