ジェダイ・フォールン・オーダー: ライトセーバーの技に関して

シェアする

比較的シンプルなデザインなので、どちらかというとフォースプッシュや、パリィによるはじき返しなど、敵を崩す方法の方が重要なゲームだと思います。

なので敵によってライトセーバーの使い方が変わるとか、コンボルートが変わるとか、そういう要素はないのですが、有用なアクションについての簡単な考察になります。

パリィの活用

自分からガンガン攻撃するタイプのゲームではないので、敵の体勢を崩す手法の方が重要になります。ライトセーバーによるパリィはその代表的な手段です。

敵の攻撃をジャストタイミングでブロックするとはじき返しが発生し、敵の体勢を崩したり、ブラスターを跳ね返したりできます。

パリィによってインスタントキルを狙える敵も存在します。

ウィーショック

キャッシークに出現する巨大蜘蛛。飛びかかり攻撃をパリィすると即死モーションの攻撃が出せます。

レッサー・二ダック

連続でパリィすると、即死が狙える。

シングルブレードとダブルブレード

初期はシングルブレードしか使えませんが、惑星ダソミアの3合目まで進むと、ダブルブレードが使えるようになります。

ダソミアは物語上は最後に向かう場所ですが、ダブルブレードを取るだけなら、惑星ボガーノを出た後から進めることができます。

ダブルブレードの利点はリーチが広いこと、ブラスターの跳ね返しが強力であること、フォース攻撃時のダメージ量が多いことです。

ダブルブレードは複数対面用なんですが、高難易度になるほど敵の攻撃がきつくなるので、道中でもシングルブレードに頼ることが多くなります。フォースプッシュなどで対処する方が安全なので、中々活用する機会が無かったりします。

攻撃モーションが長めなので、反撃がきついボス相手や、怯みにくい相手には向きません。

カル覚醒イベント後に二刀流を取得しますが、これは独自のスタンスではなく必殺攻撃に近いものです。ダブルセーバー・スプリットが非常に高火力なので、既存の敵への打点が大幅に増加します。

シングルブレード

初期から使えるライトセイバーで、隙が小さく単体火力に優れています。

囲まれないように闘うゲームなので、結局は一番使う事になるでしょう。ボス相手も基本はシングルブレードで、後半のぶっ放し目的でダブルブレードに変えたりもします。

以下、重要な技について。

通常攻撃

  • コマンド: □ → □ → □
  • ダメージ: 100 → 115 → 115
  • 技時間: 0.55秒 → 0.35秒 → 0.9秒

3回まで連携できる通常のライトセイバーアタック。バランスが良いので終始使うことにはなります。

ダブルブレードの通常攻撃より攻撃モーションが短く、隙が小さいので敵からの反撃を受けにくい。時間当たりのダメージ量でもダブルブレードに勝ります。

1段目にディレイを入れると、派生技になりますが、その場合のダメージ量は170です。技時間が0.7秒まで増えるので、特段使う必要はないです。

オーバーヘッド・スラッシュ

  • コマンド: △ → △
  • ダメージ: 275 → 275
  • 技時間: 1秒 → 1.2秒
  • ゲージ消費: 16% → 16%

フォースを消費して大ダメージを与える強攻撃です。通常攻撃1セット3発分の威力を持ち、且つ隙も小さいという優秀な技です。

スキルツリーを伸ばせば、同じボタンでリーピング・スラッシュに派生するようになります。

リーピング・スラッシュまで派生させた場合、通常攻撃の1セットと同じ攻撃時間で1.6倍のダメージを敵に叩き込みます。

フォースゲージの消費量も、他のフォースに比べると軽めなの優秀です。ボスや巨大生物相手に対して多用することになります。

スプリット・セーバー

  • コマンド: ガード中に□
  • ダメージ: 275(全ヒット)
  • 技時間: 2.8秒
  • ゲージ消費:30%

カル覚醒イベント後に習得。周囲を巻き込みつつ、二刀流なぎ払いを繰り出します。

複数対面が苦手なシングルソードの中では唯一の範囲攻撃になるのですが、フォースゲージの消費量が多すぎて多用はできないです。

単体に対するダメージ量は、上記オーバー・ヘッドスラッシュの1発と同じ。それでいてフォースゲージの30%を消費するので、ボス等に使う利点が無いです。

シングルブレード時に囲まれてたこ殴りにされたときの暴れ用です。

ダブルブレード

全体的にモーションが長いですが、フォース攻撃系の火力が高いことが最大の利点です。複数に囲まれたときの対処方法としては頼りなさが残るので、過信はしない方が良いです。

通常攻撃

  • コマンド: □ → □ → □
  • ダメージ: (60 → 70) → (70 → 70) → 115
  • 技時間: 0.75秒 → 0.75秒 → 1.2秒

3回まで連携できるダブルブレード時の通常攻撃。1回の入力で2回攻撃します。

攻撃モーションが長いので隙も大きいし、時間当たりのダメージ量も下がります。怯まない相手に出すと反撃を受けやすいという欠点も大きい。

横方向に当たり判定が広がっているので、乱戦時の暴れに使えるのですが、素直にフォースプッシュした方が安全です。

ディレイを入れた派生によって、攻撃回数が増えますが、更に隙が大きくなるので、使う機会が殆どありません。もっとサンドバック系の敵が居れば良かったんですが。

フォースアタック

  • コマンド: △ → △
  • ダメージ: 375 → 125×2
  • 技時間: 0.9秒 → 2秒
  • ゲージ消費: 28% → 18%

フォースを消費して大ダメージを与える強攻撃です。更に追加入力することで、ワールウィンド・スローへと派生します。

総ダメージ量は優れているものの、基本的な性能はシングルブレードのフォースアタックに及びません。広範囲にダメージをまき散らせるのですが、迂闊に使うと危険なので半ば魅せ技になっています。

後半習得するスプリットアタックの方が単体火力で勝るので、あえてこれを使う機会は少ないと思います。

スプリット・セーバー

  • コマンド: ガード中に□
  • ダメージ: 300 + 460
  • 技時間: 2.2秒
  • ゲージ消費:33%

二刀流からの切り上げ、切り下ろしと繋げる必殺攻撃。

後半のメインクエストで自動取得しますが、本作でもっともDPS高い攻撃なので、その直後から大いに活躍してくれます。

ボス相手にも使いたいところなんですが、事前にダブルブレードに切り替える必要がある……というのが欠点でしょうか。

共通

ダッシュ・ストライク

  • ダメージ: 275
  • 技時間: 2.1秒
  • 消費: 18%

ダッシュ長押し+△で、瞬間移動アタックを仕掛けます。

雑魚相手に使うと即死が取れるので、トルーパーなどを各個撃破したいときに。

ダメージ量はシングルブレードのフォースアタックと同じで、通常攻撃3発分くらいに相当します。前方へのリーチを鑑みるとかなり優秀です。

ブレード・スロー

  • ダメージ: 100×2
  • 技時間: 1.2秒
  • 消費:30%

持っているライトセーバーをぶん投げます。

いくらリーチがあるとはいえ、ゲージ消費の割にダメージ量が少なすぎます。上記のダッシュ・ストライクの方が遙かに有用です。

貫通性能を持つので、敵が3体くらい並んでくれれば真価を発揮しますが、そんな局面がそうそうあるわけも無いので死に技です。