Cod BO4: PALADIN HB50の性能と運用ガイド

シェアする

PC版とCS版で即死部位が大きく異なるのですが、どちらにおいてもPALADINは最も確殺が取りやすい、パワー型のスナイパーライフルです。多少狙いがぶれても大丈夫なので扱い安いことが特徴になっています。役割が決まっているので、どのルールでも使えるとはいかないものの優秀な武器の一角です。

実用性の高そうな武器シリーズという体のよく使っている武器紹介その3。PC版環境でICR-7が微妙枠で野良だと誰も使っていないのも、この辺りが普通に強いからだと思われます。見かける率で言ったら3点バーストにしたOUTLOWの方が多い気もしますが、KOSHAKAも含めて有力な遠距離用武器です。

概要

PALADIN
項目PALADIN
発射形式ボルトアクション
ダメージ140
射程256m
クリティカル2x
クリティカル(大口径)2x
発射レート37RPM
装弾数5
リロード2.28s + 1.32s
タクティカルリロード2.15s + 0.65s
ADS時間0.4s
Sprint Out0.25s
腰だめ精度18 - 18
移動速度95%
ADS移動40%
最大DPS87
最大威力キルタイム1.622s (256m)
PALADINの即死部位(赤:通常、橙:大口径、黄:大口径2)

連射するタイプの武器ではないので、1HKの取れる部位がすごく重要になってきます。PALADINにおいてはPCとCS(PS4 & XboxOne)でその部位が異なっていて、基本的にはCSの方が広くなっています。

その即死部位はPCの場合、頭部と胸がデフォルトの即死部位になっており、大口径のアタッチメントを付けることで、上腕部分と腹部が追加されます。CSの場合はこの広さがデフォルトになっていて、大口径各種を付けることで腕と下腹部が追加されます。ボディーアーマーによるダメージ軽減は41HPまでなので、クリティカルさえ取ればそれを無視してワンパンです(あんまり付けている人がいませんが……)。

総じて他のSRよりも広い即死部位を持っているので、狙いのブレを吸収し、当てれば高い確率で1HKになるので信頼性が高いです。確殺力の高さが、出会い頭での護身能力にも繋がっているのがこの武器の強みです。一応、前のめり気味に動いても大丈夫。

とはいえADS時間は0.4秒もあって後手になりやすいし、デフォルトのスコープだと倍率が高すぎるのとで、遭遇戦にはどうしてもリスクが伴います。咄嗟にジャンプ撃ちするにしても、落ち着いて狙う場合と比べて命中率が落ちますし、やはり相手の動きを先読みし、先制攻撃を取り続けるのが重要です。

頭を出してきそうな場所を確認して、いなかったら次とクリアしていくのが基本。1発撃ったら体を晒している意味も無いですし、ヒット&ウェーでチクチク(即死ですけど)するのが堅実な運用になると思われます。

カスタム構成

即死部位が広いことが遭遇戦での護身も兼ねているので、取り敢えず大口径2までの搭載は必須に近いです。大口径2を付ける度に、狙いがぶれても大丈夫な量が増えるので、狙っている時間がないときの信頼性が高まります。

ことPC版だとデフォルトの状態ではKOSHAKAの下位互換になっているので、大口径2を付けないのなら、運用する意味があんまり無いです。

またデフォルトのスコープだと倍率が高すぎて、遭遇戦になった時の取り回しに苦労するので、取り敢えず倍率の低いサイトを使う方が良いです。あとはスタビライザー1(どのみち息止めは一瞬しか使わないから2は不要)が有力候補でしょうか。

汎用型

  • メイン武器:PALADIN HB50
    • サイト:アイアンサイト
    • アタッチメント:大口径、大口径2
  • サブ武器:Mozu
    • アタッチメント:スピードローダー
  • ギア:スティムショット or 音響センサー
  • PERK1:タクティカルマスク
  • PERK2:デクスタリティ
  • PERK3:デッドサイレンス

大口径2に低倍率サイト、サブに一番火力のあるMozuを組み合わせた、恐らくは一番普遍的かと思われる構成です。音響センサーの方が安定はするものの、頭で分かっていても割とごり押ししちゃうタイプなので、スティムショットが手放せない系。

スタビライザー型

  • メイン武器:PALADIN HB50
    • サイト:アイアンサイト
    • アタッチメント:大口径、大口径2、スタビライザー
  • サブ武器:Mozu
  • ギア:スティムショット or 音響センサー
  • PERK2:デクスタリティ
  • PERK3:デッドサイレンス

より狙撃に特化したタイプ。問題はMozuにスピードローダーが付けられなくなるので、リロードが絶望的になること。遭遇戦以外でも1HKにならなかった時の追撃に使うので、割と不便さが付きまといます。Mozuの火力を捨てて、STRIFEにした方が良いのかも……。あるいはサイトを外して、多少の不便を我慢するかですね。

対空型

  • メイン武器:PALADIN HB50
    • サイト:アイアンサイト
    • アタッチメント:大口径、大口径2
  • サブ武器:STRIFE
    • アタッチメント:FMJ、FMJ2
  • ギア:スティムショット or 音響センサー
  • PERK2:デクスタリティ
  • PERK3:デッドサイレンス

サブ武器をSTRIFEにして、それにFMJ2を付けたバージョンです。UAV位ならSTRIFEで適当に連射すれば1秒位で壊せます。ポイントの関係でFMJ2付きPALADINは実用性に欠けるので、SRで対空するのならこの形が一番かと。

PALADINにFMJ2を付けるとUAVなどが一発で破壊できるようになりますが、そうなると大口径2+FMJ2になるので、いくら何でもコストが重すぎます。

PALADINは連射できないから壁抜きとの相性が悪いですし、ボディーアーマーがあっても即死部位に当てれば結局1発なので、前提となるFMJ1がそもそも腐りやすいこともあって、ハンドガンの方にFMJ2を積む方がまぁ無難です。

シェアする

フォローする