フォートナイト: ツーショット ショットガンの性能と使い方

シェアする

ツーショットSGはv21.0で追加されたショットガンです。

バースト系の武器ではあるものの、ディレイがあまりに大きいので、基本的に単射系のSGとして運用することになります。

リリース当初はあまりに微妙なステータスだったので実用性が怪しかったのですが(特にゼロビルド)、何度となく強化されており、実用的な武器になっています。

データ

武器一覧
項目ツーショットSGツーショットSGツーショットSGツーショットSGツーショットSGツーショットSG
レアリティコモンアンコモンレアエピックレジェンドミシック
発射形式2点バースト2点バースト2点バースト2点バースト2点バースト2点バースト
最大ダメージ6.4 x9 (7.8m)6.7 x9 (7.8m)7.0 x9 (7.8m)7.4 x9 (7.8m)7.7 x9 (7.8m)8.0 x9 (7.8m)
最小ダメージ0.0 x9 (30m~)0.0 x9 (30m~)0.0 x9 (30m~)0.0 x9 (30m~)0.0 x9 (30m~)0.0 x9 (30m~)
クリティカル1.75x1.75x1.75x1.75x1.75x1.75x
連射速度510 RPM510 RPM510 RPM510 RPM510 RPM510 RPM
ディレイ1.05s1.05s1.05s1.05s1.05s1.05s
装弾数8発8発8発8発8発8発
リロード時間9.24s8.82s8.4s8s7.56s7.12s
腰だめ精度4.4 - 4.554.25 - 4.44.1 - 4.253.95 - 4.13.8 - 3.953.65 - 3.8
ターゲット精度3.75 - 3.853.6 - 3.753.5 - 3.63.35 - 3.53.25 - 3.353.1 - 3.25
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-5% / +5%-5% / +5%-5% / +5%-5% / +5%-5% / +5%-5% / +5%
持ち替え0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s0.4s
対物ダメージ373940424447
TTK100HP0.118s0.118s0.118s0.118s0.118s0.118s
対人DPS909498104108112
対物DPS576063666973

簡易解説

引き金を引くと510RPMで2連射して(v21.2から)、その後に1秒の撃てない時間――バーストディレイが入る2点バーストのショットガンです。

連射できると言ってもディレイによる隙がかなり大きいので、基本的には単射系のショットガンと同じ運用になります。建築を使って隙を消したり、武器を持ち替えて追撃したりが必要です。

威力減衰はショットガンの中では緩やかで、ダメージライン自体はそこそこに優秀。ただし射撃精度がそこまで高くないので、射程の長さを活かしにくいです。

v21.2hotfix

リリース当初の性能では、発射レートが低すぎたので、武器の持ち替え撃ちにおけるDPS貢献度が低いという大きな欠点がありました。特にゼロビルドでは信頼性を大きく損ねていましたが、後のパッチで改善されています(詳しくは修正情報を参照)。

また、その上方修正に伴い発射レートが400RPMを超えたので、ターボ建築に対する弾抜けが発生する特徴が追加されています。闇雲に撃っても駄目ですが、予め壁の耐久力を調整することで、籠っている相手に弾を浴びせやすくなります。

ショットガンでこの特性を持つのは現時点でこの《ツーショットSG》だけです。

武器比較

武器一覧
項目ストライカーPSGオートショットガンツーショットSG
レアリティ
発射形式ポンプアクションフルオート2点バースト
最大ダメージ9.2 x12 (6.4m)8.6 x12 (7.7m)7.7 x9 (7.8m)
最小ダメージ0.9 x12 (30m~)1.7 x12 (30m~)0.0 x9 (30m~)
クリティカル1.85x1.75x1.75x
連射速度39 RPM90 RPM510 RPM
ディレイ--1.05s
装弾数5発8発8発
リロード時間4.5s5.13s7.56s
腰だめ精度3.15.33.8 - 3.95
ターゲット精度2.64.53.25 - 3.35
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-5% / +5%--5% / +5%
持ち替え0.45s0.5s0.4s
対物ダメージ667444
TTK100HP--0.118s
対人DPS72155108
対物DPS4311269

一応は《ストライカーポンプSG》よりも勝る部分があるものの、集弾性の差から生じるダメージ期待値の差で同じレアリティだと僅かに攻撃性能が劣ります。

また建築を貼り直す際に0.1秒程度の遅れがどうしても発生するので、防御面は《ストライカーポンプSG》より見劣りします。

v21.2以降で肉薄する数値になったし、持ち替え撃ちが弱いという欠点が解消されたものの、同じレアリティならば《ストライカーポンプSG》を優先する方が無難です。

《オートSG》とは運用方法がそもそも異なるのですが、建築での適性についてはやや勝ると思います。集弾性が悪いといっても、《オートSG》よりは纏まります。あとは基本はやらないだろう連射ごり押しするケースをどこまで考えるか。

ミシックの入手

v21.0

キノコの森があるエリアに植えた《現実の苗木》が最大まで育つとドロップします。他プレイヤーの苗木からは獲得できません。

チャプター3・シーズン3にて実装された《現実の苗木》育成について。 新しい名前付きロケーション《リアリティ・フォートレス》などで《現...

変更点

v21.2hotfix

  • ダメージ量が増加(各レアリティ+3)
  • 発射レートが上昇(300RPM → 510RPM)
  • バーストディレイが増加(1秒 → 1.05秒)

レアリティ1段階分 + αの上方修正です。持ち替えの弱さ、隙の大きさが大分改善されて使いやすくなっています。

このパッチが入る前の《ツーショットSG》だと、2点バーストといっても連射速度が300RPMなので、発射間隔は0.2秒。フルオートだった《ドラムショットガン》でも発射間隔は0.25秒でした。つまり滅茶苦茶ディレイが長い割に、連射速度の方もドラムSGよりちょっと早いレベルしかなかったわけです。

このため、ツーショットSGでまず攻撃してから、SMGに持ち替えて追撃――みたいな行動をしても、DPSへの貢献度は今一つ。

例えば、レジェンドのツーショットSGの後にSMGで追撃を掛ける場合、

66 * 2 / (0.4 + 0.2) = 220

武器持ち替えをベストのタイミングで決めたときで、220DPS相当の攻撃がまず最初に入って、その後でSMGのDPSで追撃する形になります。

問題は、この数値がコモンの《ストライカーポンプSG》すら下回るということで、《ツーショットSG》の信頼性を大きく下げていました。

結果的にゼロビルドでは全く向かない武器だったのですが、v21.2での上方修正でそんな状況が改善され、持ち替え撃ちによるDPS貢献ができるようになりました。

パッチ後のDPS貢献度は以下のようになります。

69 * 2 / (0.4 + 0.11) = 266

同日弱体化を受けたレジェンドの《ストライカーポンプSG》には負けるものの、1レアリティ下のエピックだと勝てる数値です。同じレアリティだと優先するかは怪しいものの、レアリティに差があるのなら十分に選択の余地がありそうです。

本シーズン2度目となる《ツーショットショットガン》の上方修正、《ストライカーバーストライフル》の下方修正が入っています。 ここまで上...

v21.0

  • 射撃精度が上昇(各レアリティ10%)
  • ペレットの最小ヒット保証が増加(3 → 4)
  • ダメージ上限値が上昇

抜本的な部分が駄目なので……。

発射レートが高くて隙が小さければどうにかなるのでしょうが、400RPMを超えてしまうとターボ建築の貫通が発生するので、それだと苦情が出るし、手詰まり感があります。

ぶっちゃけ、建築を抜けるショットガンって設計でも良いかとは思いますが(個人的には)。

6月10日にあった各種武器の強化・弱体化と、6月7日にこっそりあった修正のまとめです。 なんでシーズン開始と同時じゃなかったのかとも...

コメント

  1. 匿名 より:

    名前にショットが2つついてるのがダサい
    普通にバーストショットガンか、ツーショットガンでいいだろ