フォートナイト: ストライカーポンプショットガンの性能と使い方

シェアする

ストライカーPSGはv19.0で登場したショットガンです。ゲームのリリース当初から存在していた《ポンプショットガン》の調整版になります。

登場した直後はポンプSGに勝る部分がない武器でしたが、こっそりと修正されて腰だめ撃ちの精度、威力減衰の少なさという長所が与えられました。

ポンプSGよりも強いショットガンとして環境を支配しているチャプター3を代表する武器です。

データ

武器一覧
項目ストライカーPSGストライカーPSGストライカーPSGストライカーPSGストライカーPSG
レアリティコモンアンコモンレアエピックレジェンド
発射形式ポンプアクションポンプアクションポンプアクションポンプアクションポンプアクション
最大ダメージ7.6 x12 (6.4m)7.9 x12 (6.4m)8.4 x12 (6.4m)8.8 x12 (6.4m)9.2 x12 (6.4m)
最小ダメージ0.8 x12 (30m~)0.8 x12 (30m~)0.8 x12 (30m~)0.9 x12 (30m~)0.9 x12 (30m~)
クリティカル1.85x1.85x1.85x1.85x1.85x
連射速度39 RPM39 RPM39 RPM39 RPM39 RPM
装弾数5発5発5発5発5発
リロード時間5.5s5.25s5s4.75s4.5s
腰だめ精度3.73.553.43.253.1
ターゲット精度3.1532.92.752.6
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-5% / +5%-5% / +5%-5% / +5%-5% / +5%-5% / +5%
持ち替え0.45s0.45s0.45s0.45s0.45s
対物ダメージ5960626566
TTK100HP1.538s1.538s---
対人DPS5962666972
対物DPS3839414243

簡易解説

ストライカーPSGは、フォートナイトのリリース当初から存在している基本の武器《ポンプショットガン》をベースにした調整版です。

基本的な運用は建築との組み合わせ、ヒット&アウェイです。DPSは高くないのでごり押しはできませんが、建築を挟んでの撃ち合いでは多くの場合で有利が付きます。

  • 先制攻撃してから、建築を使って敵からの反撃を防ぐ
  • エディットを使って不意打ちを仕掛ける
  • 撃ち込んでから他の武器に持ち替えて追撃する

――様々な運用ができるので、立ち回りをサポートしてくれます。

近距離用の単射系ショットガンにしては射程が長いので単独でも十分に戦えますが、連射力の低さを補うため、密着してしまったときのカバー用にSMGを併用するのも良いでしょう。

まったくの初心者向けとは言えませんが、建築を立ち回りを固める上でもある程度の習熟は必要になってきます。他の武器にも応用が利く要素が多いので、慣れてきたらショットガンの運用についてチャレンジしていきたいです。

建築ありの環境においては、精度に難がある同期の《オートショットガン》に比べて、ダメージの期待値や安定感に勝っています。

建築なしの環境においては、まずはスプレー攻撃できるサブマシンガンが優先で、それを補うようなポジションになっています。

武器比較

武器一覧
項目ポンプショットガンストライカーPSGオートショットガン
レアリティ
発射形式ポンプアクションポンプアクションフルオート
最大ダメージ12.8 x10 (6.4m)9.2 x12 (6.4m)8.6 x12 (7.7m)
最小ダメージ1.3 x10 (30m~)0.9 x12 (30m~)1.7 x12 (30m~)
クリティカル1.85x1.85x1.75x
連射速度42 RPM39 RPM90 RPM
装弾数5発5発8発
リロード時間4s4.5s5.13s
腰だめ精度3.53.15.3
ターゲット精度2.972.64.5
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-15% / +30%-5% / +5%-
持ち替え0.45s0.45s0.5s
対物ダメージ556674
対人DPS9072155
対物DPS3843112
v21.0

歴代のショットガンの中でも高い腰だめ精度を持ちます。ポンプSGは元より、精度が強みのヘビーSGよりも良いです。

原型になっているポンプSGとは似通っている部分は多く、極端な性能差もありません。ダメージ量では僅かに負けていますが、集弾性と威力減衰の有利で補っています。

v20.3以降ではいよいよポンプSGを超えそうになりましたが、v21.2で弱体化を喰らってマイルドに。

オートSGと比べると連射力には劣りますが、1発のダメージ期待値にも大きな差があります。SMGなどで補うならば、大体の局面でそれ以上の働きをするでしょう。

変更点

v21.2hotfix

  • ダメージ量が減少(103/108/114/120/126 → 91/95/100/105/110)

旧来の《ポンプショットガン》以上のダメージ期待値だったのですが、流石にやり過ぎだったのか下方修正されました。

v20.3

  • 最大ダメージ量が上昇(87/91/96/101/106 → 103/108/114/120/126)
  • ヘッドショットの倍率が上昇(1.65x → 1.85x)
  • ペレットの下限ヒット保証が向上(3x → 4x)
  • ダメージの上限値が追加

まさかの上方修正。ゼロビルドに合わせたものと思われます。

一応、ダメージの上限値が追加されてはいるものの、元々の最大ダメージよりも高い数値が設定されているので、実際としては下方修正にはなっていません。

元々はポンプSGよりも弱くなるように調整されていましたが、この上方修正の結果、メージ期待値では旧来のポンプSGにも勝るようになっています

v20.3において、まさかのショットガン上方修正。恐らくはゼロビルド環境化における影響力の低さを鑑みたものと見られます。 上限ダメー...

v19.0 hotfix

  • 発射レートが上昇(36RPM → 39RPM)
  • 腰だめ撃ちの精度が上昇(20%)
  • 威力減衰が緩和

発射レートは誤差なので殆んど影響ありませんが、腰だめ撃ちの精度がありがたい。

これに伴いポンプSGより精度が良い武器になりました。威力減衰も緩やかになったので、安定感については随一の性能になったやも。

コメント

  1. 匿名とは より:

    毎回ショットガンのダメージ量のグラフを見て思う
    ひとつだけヤバいのがある(レンジャーSG)