フォートナイト: レバーアクションショットガンの性能と使い方

シェアする

レバーアクションSGはv15.2で追加されたショットガンで、フォートナイトの環境を長期的に支配してきたポンプSGを調整・弱体化する目的で追加されたと思われます。

ポンプSGが持っていたタクティカルSGに対する優位性、アドバンテージを引き継いでいないので、タクティカルSGとは互角になったけど、それ故に新鮮味がない普通さを醸し出しています。

良くも悪くも、最近のフォートナイトを象徴する武器。

データ

武器一覧
項目レバーアクションSGレバーアクションSGレバーアクションSGレバーアクションSGレバーアクションSG
レアリティコモンアンコモンレアエピックレジェンド
発射形式レバーアクションレバーアクションレバーアクションレバーアクションレバーアクション
最大ダメージ9.3 x10 (6.4m)9.8 x10 (6.4m)10.3 x10 (6.4m)10.8 x10 (6.4m)11.4 x10 (6.4m)
最小ダメージ2.3 x10 (18m~)2.5 x10 (18m~)2.6 x10 (18m~)2.7 x10 (18m~)2.8 x10 (18m~)
クリティカル1.45x1.45x1.45x1.45x1.45x
連射速度57 RPM57 RPM57 RPM57 RPM57 RPM
装弾数6発6発6発6発6発
リロード時間6.6s6.3s6s5.7s5.4s
腰だめ精度6.36.15.95.65.3
ターゲット精度5.45.254.74.4
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-15% / +30%-15% / +30%-15% / +30%-15% / +30%-15% / +30%
持ち替え0.5s0.5s0.5s0.5s0.5s
対物ダメージ45.047.050.053.056.0
TTK100HP1.053s1.053s---
対人DPS889398103108
対物DPS4345485053

簡易解説

コモン~レジェンドのレアリティ・バリエーションがある単射系のショットガンです。単射系のショットガンとしては、ポンプSGヘビーSGが過去に存在しましたが、それと比べると異なる部分が多いです。

特に射撃精度の不足が目立っており、むしろタクティカルSGに近い使用感になっています。ヘッドショットを狙ってもダメージが伸びないし、距離が離れるとカスダメを連発します。

連射力が低いので、運用や立ち回りに関しては、旧来のポンプSGと同じです。クラフトを使って射線をコントロールし、敵の隙をついてけん制、隙を付いて大ダメージを狙うことになります。

ただし、精度に問題があるので、かなり接近しないとダメージが稼げません。

けん制射撃で盤面を取りにくいし、接近すると事故る危険があるしで、ポンプSGの持っていた強みが消えています。

チャージ式SGほどの瞬間火力、射程はありません。またタクティカルSGほどのけん制能力、暴れ能力はありません。これといった強みのない器用貧乏な武器になっています。

性能比較

武器一覧
項目ポンプショットガンタクティカルSGレバーアクションSG
レアリティ
発射形式ポンプアクションフルオートレバーアクション
最大ダメージ11.0 x10 (6.4m)8.8 x10 (7.7m)11.4 x10 (6.4m)
最小ダメージ2.8 x10 (18m~)1.8 x10 (30m~)2.8 x10 (18m~)
クリティカル2x1.5x1.45x
連射速度42 RPM90 RPM57 RPM
装弾数5発8発6発
リロード時間4s5.1s5.4s
腰だめ精度3.75.35.3
ターゲット精度2.64.44.4
精度補正
(しゃがみ、歩き)
-15% / +30%-15% / +30%-15% / +30%
持ち替え0.5s0.55s0.5s
対物ダメージ55.079.056.0
TTK100HP-0.667s-
対人DPS77132108
対物DPS3811953
  • ダメージと射程は、レバーアクションSG=ポンプSG
  • 精度は、レバーアクションSG=タクティカルSG

vs ポンプSG

ポンプSGと同じ威力減衰、ダメージモデルになっていますが、集弾性の悪さとヘッドショット倍率の低さが災いします。

レバーアクションSGはレジェンドになって、ようやくポンプSGのコモンと同程度の精度。距離が離れると散弾の半分も当たらなくなるし、エディット撃ちとの相性も悪いです。

ペレットが全弾ヒットしたときのダメージ量はポンプSGと同じでも、ペレットの拡散面積は倍になっています。つまり面積あたりのダメージ量は半減しています。

ダメージチャート

最終更新日:2021/1/16

またヘッドショット倍率も2倍から1.45倍まで低下しており、精度の影響を受けにくい距離でもダメージの最大値では大きく劣ります。そもそも集弾性が低すぎるので、1マス圏内でもヘッドショットが安定しないです。

ベースのダメージが同じでも、実戦で与えるダメージ量には大きな開きがあり、使用感はタクティカルSGに近いものになっています。

vs タクティカルSG

レバーアクションSGと、タクティカルSGは同じレアリティなら射撃精度も同じです。どちらも集弾性が足りていないという共通の欠点を持っています。

精度は同じなので、1射当たりのダメージ量は、そのときの最大ダメージ依存です。12メートルまではレバーアクションSGが上、それ以遠はタクティカルSGが上になります(上記のダメージチャートを参照)。

レバーアクションSGと、タクティカルSG。どちらが良いかというのは、プレイング次第になってきます。

クラフトを多用して、タクティカルSGでも連射することがないなら、素直にレバーアクションSG優先で良いですし、少しでも連射で倒すことがあるなら、タクティカルSGを使えば良いです。

有効射程はタクティカルSGの方がまだ長いので、安定するのはタクティカルSGの方だと思います。