フォートナイト: コンバットSGの消失(v10.22による変化)

シェアする

シーズン9での大暴れから弱体化の嵐でしたが、対にコンバットSGが環境から退場しました。

合わせて子分みたいな存在(ドラムSG)も消えていますが、まぁ奴は最初から影が薄かったので居ても居なくても同じ。

これによってポンプSGか、タクティカルSGか、という原始的なスタイルへと回帰することになりました。

v10.21追加パッチで消えた武器

コンバットSG

コンバットSG
項目コンバットSG
モチーフベネリM4 TTI
レアリティレジェンダリー
発射形式セミオート
最大ダメージ8.0 x10 (~12.5m)
中ダメージ4.5 x10 (22.5m)
小ダメージ2.2 x10 (35m~)
対物ダメージ47.0
対物減衰あり
クリティカル1.5x
発射レート111RPM
装弾数10発
リロード時間4.7s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度1.24 - 1.42
ターゲット精度1 - 1.15
しゃがみ補正-15%
移動補正+25%
持ち替え速度0.55s
TTK100HP0.541s
対人DPS148
対物DPS87

サブマシンガンや、アサルトライフルを越える集弾性を持つ強力なショットガンです。

元は驚異的な射程距離も持っていましたが、それは段階的に弱体化されており、絶世期に比べれば相当に戦闘力が落ちています。落ちている筈なんですが、それでも相変わらず環境を支配し続けていました。

対抗馬を出そうという目論見からか、ポンプSGの帰還やタクティカルSG(上位)の追加などもありましたが何処吹く風。

最大の強みはその汎用性で、この武器のおかげで持ちやすくなった武器が多数存在します。インファントリーライフル、スナイパーライフルベースの構成を取りやすくなりました。スロットの圧縮になるので、補助系の消耗品も持ちやすいです。

その一方でサブマシンガン、アサルトライフルなどの役割を大きく減退させたのも事実。

登場の経緯からするに、AIMゲーに寄せることで、相対的にクラフトを弱くしようという目論見だったのでしょうが、あまりに強すぎました。個人的には全盛期P90より普通に強かっただろうと思います。

運用に関してもポンプSGよりスキル要求値が高いので、初級者への壁になっていた側面も強いです。運が絡みにくいので、ワンチャンすら無いですしね。

なおEPICのシーズン統計によれば、私はシーズン9にコンバットSGで1200キルしていたらしいです。全体のキル数の5割~6割にあたるんじゃないでしょうか。

ドラムSG

ドラムショットガン
項目ドラムショットガン
モチーフFostech Origin SBV
レアリティレア
発射形式フルオート
最大ダメージ5.0 x10 (~7.7m)
中ダメージ3.8 x10 (18m)
小ダメージ1.0 x10 (30m~)
対物ダメージ50.0
対物減衰なし
クリティカル1.25x
発射レート240RPM
装弾数12発
リロード時間4.3s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度5.6
ターゲット精度5.3
持ち替え速度0.45s
TTK100HP0.250s
対人DPS200
対物DPS200

ショットガンという名前のついたなにか。コンバットSGとは真逆の立ち位置になっている短射程なショットガンです。

弱すぎて、弱すぎて、辛いよ-。

まぁ特に語ることもないですが、過去最弱のSGという悪名だけは獲得できたと思います。

近接センサーGL

近接センサーGL
項目近接センサーGL
モチーフXM-25
レアリティレジェンダリー
発射形式セミオート
ダメージ70
対物ダメージ138
横射程3m
縦射程3m
発射レート39RPM
装弾数2
TTK100HP1.538s
対人DPS46
対物DPS90

近接攻撃用の特殊ランチャーです。

壁越しでのヒットが狙えるのですが、命中の安定性が低く、あまり近いと自爆の危険もあります。

不利な状況を覆せることもあったので、いざというときの爆発力はありました。

ショットガンの環境変化

コンバットSGというリーダーを失ったのですが、正直その代わりになれるような武器は存在しないです。クラフト込みでハリネズミ状態になれる圧倒的な防御力、立ち回りをサポートしてくれる汎用性、運に左右されない信頼性は、外のショットガンでは実現できないからです。

ポンプSG

ポンプショットガン
項目ポンプショットガン
モチーフM1912
レアリティレア
発射形式ポンプアクション
最大ダメージ10.0 x10 (~6.4m)
中ダメージ6.0 x10 (12.8m)
小ダメージ2.5 x10 (18m~)
対物ダメージ48.0
対物減衰あり
クリティカル2x
発射レート42RPM
装弾数5発
リロード時間4.6s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度2.35
ターゲット精度1.7
しゃがみ補正-15%
移動補正+30%
持ち替え速度0.55s
対人DPS70
対物DPS34

恐らくは大本命になるだろう高威力のショットガンです。レアで直撃ダメージが100になるので、シールドなしの相手なら一撃で倒せます。クラフト込みで圧倒的な戦闘力を発揮します。

欠点は射程距離が短いことで、ダメージが下がりやすいです。

今後は環境の主流に戻るんじゃないかと思います。

シーズン9で消されたときはキル比率の高さが理由でしたが、その点に関してはコンバットSGが軽く越えていった。また上位のレアリティが弱体化なしで戻ってくるとも考えにくいので、当時のようなキル比率になることもないでしょう。

タクティカルSG

タクティカルSG
項目タクティカルSG
モチーフM870 ブリーチャー
レアリティレジェンダリー
発射形式フルオート
最大ダメージ8.7 x10 (~7.7m)
中ダメージ6.1 x10 (18m)
小ダメージ1.7 x10 (30m~)
対物ダメージ62.0
対物減衰あり
クリティカル2.25x
発射レート90RPM
装弾数8発
リロード時間5.1s
ターゲット速度0.2s
腰だめ精度3
ターゲット精度2.5
しゃがみ補正-15%
移動補正+30%
持ち替え速度0.6s
TTK100HP0.667s
対人DPS130
対物DPS93

ポンプSGより連射が効くし、射程も長いのですが、精度が残念すぎて安定しないという武器です。

色んな意味で立ち位置が中途半端なのが禍しています。

純粋な戦闘力だとポンプSGの方が上ですが、装弾数が多いなどの利点もあります。

シェアする

フォローする