Cod BO4: クイックドローの効果幅と有用性

クイックドローは過去作から割と登場しているADSを速くするアタッチメントです。BO4からは派生型のクイックドロー2も登場し、スナイパーライフルにも付けられるようになりました。反面、早業のPerkが消えたことで、影響範囲が減少している点に注意が必要です。

Cod BO4: 発射レートなどが変化するアタッチメントの性能一覧と考察 (ラピファ、オペMOD)

各シリーズでお馴染みのラピッドファイアと、今作から登場になるオペレーターMODによる発射レート、ディレイ変化のまとめです。ラピッドファイアは従来より控えめよりの性能。他アタッチメントが強化された関係から微妙に影響力が下がっていますが、取り敢えず付けていても問題ないとは思います。

フォートナイト: シーズン6-ウィーク9-チャレンジ

爆発物のカーニバルと化したチャレンジ。ランチャーの入手性が悪いことが一番の難関じゃないでしょうか。先週から引き続いてのLTM「フードファイト」だとランチャーがそもそもでないですし、また今週追加されたばかりのLTM「ワイルド・ウェスト」だとクリア出来ないチャレンジが非常に多いです。

フォートナイト: ダイナマイトの性能と運用ガイド

v6.3で追加された「ダイナマイト」はこれまでの爆発物と違って、効果範囲が横方向に広いです。それのせいでクライアントクラッシュを誘発して、一時回収になったのだとは思いますが、シーズン6を境に環境から消されていた「リモート爆弾」の調整版とも言える性能になっています。

Cod BO4: ロングバレルによる射程の変化と有用性

ロングバレルは都度名称が変わっていますが、かなりお馴染みになってきた射程を伸ばすアタッチメントです。BO4では従来作よりも概ね強化されていて、射程不足の欠点を補うという役割が明確化されました。本当に必要な武器に付けられなかったりしますが、従来作よりは存在感が増した印象。

Cod BO4: サプレッサーによる射程の変化と有用性

BO3のARサプレッサーに比べれば、大分ペナルティも小さいと言えるのですが、環境的にはサプレッサー自体がそこまで強くない状況になっています。タクティカルライフルやスナイパーライフルで使う方が良いとは思いますが、アタッチメントの枠が厳しいので、野良での人気も今ひとつな気がしますね。