MTG: 「イニストラード 深紅の契り」ドラフトの有力アーキタイプとデッキ

シェアする

イニストラード 深紅の契りでのドラフトに関する有力アーキタイプのまとめです。

純粋なスペックで勝負するシールドでは白黒が最強ですが、ドラフトではシナジー環境によりつつも、一部のボムが爆発するという状況になっています。

優秀なクリーチャー以外のスペルと血トークンを利用できる赤の躍進が著しく、トップメタの赤黒、赤緑を含めて、悪い結果にはなりません。

大まかな方向性

近年のドラフト傾向と同じで2色で構築するのが基本になっています。

今回は対抗色だけレア土地が用意されていますが、デッキの軸となるギミックは有効色で分けられており、特にドラフトでは友好色で固める方が良いです。

方向性評価
白青降霊とエンチャントを利用して小型を横に並べるデッキB
白黒ライフゲインB
白赤クリーチャーを並べて、エンチャントで強化して殴るB
白緑訓練と見せかけて、降霊アグロが主軸の方が強力C
青黒ゾンビと濫用の特化型。各種CIP能力を活かしたコントロールB
青赤インスタントとソーサリーを利用したミッドレンジB
青緑切削。墓地からカードを拾えるように青黒緑の方が良さそうC
黒赤吸血鬼と血トークンA
黒緑ハイタフネスは失敗しやすい。墓地利用ベースの方が無難C
赤緑狼男のシナジーを利用しつつのアグロA

黒赤、赤緑がドラフトのトップメタ

真夜中の狩りでは最弱だったのに、赤の大躍進が起きています。クリーチャー以外の呪文が相当に強化された点と、血トークンの生成能力が大きいです。血トークンによってデッキを掘る速度が、解決策やフィニッシャー探しに役立ちます。

ドラフトはシナジー重視の環境になっているので、安定してコンセプトを実現できるという点も勝率に影響しています。少数のボムレアにもアクセスしやすい利点があります。

ある種のボムレア環境ではあるので、取れたレア次第でデッキ方向性を探るという形でピックを進めるのが良いと思われます。ただし個々のカードが腐りやすい白緑訓練、青緑切削、黒緑ハイタフネスは避ける方が無難です。

黒赤吸血鬼(トップメタ)

7勝サンプル1
7勝サンプル2

環境のトップメタを形成している部族シナジー、血トークンを利用したデッキです。直接的に吸血鬼を参照するカードは少ないのですが、血トークンというクッションを介して連結します。

血トークンを利用するクリーチャーが不在でも、最悪でもルーティングはできるので安定感が高いです。解決手段や少数のボムレアを捜索する効率が向上します。速度はそれなりですが、安定感の高いミッドレンジになります。

血に狂った社交家ファルケンラスの祝賀者は横並びして威迫でライフを詰められるし、近しいマナ域で血トークンを融通できます。両者ともにコモンで拾いやすいため、黒赤吸血鬼の普遍的なフィニッシャーになっています。

これらをサポートするソーサリー、インスタントもかなり潤沢で、除去もドローも粒ぞろいです。

手札が溜まりやすくなるドロー系のスペルは、血トークンのルーティングと地味に相性が良く高めにとって良いです。不要牌を引いたときの交換の種になります。

プレイアブルなカードが多いので強いデッキになりやすいのですが、アンコモンの有力カードがあれば益々強力です。

税収の徴収者

税血の徴収者は黒赤を代表するマルチのアンコモンですが、自前で血トークンを1つ生成できるし、血トークンを増やしておけば相当なサイズまで相打ちに持ち込めます。

魅惑する求婚者

そして、「結婚したのか、俺以外のヤツと……」で、自分以外が条件を満たしても反転する赤のトップアンコモン魅惑する求婚者も控えています。

赤緑狼男(トップメタ)

7勝サンプル(タッチ黒)

真夜中の狩りでは最弱でしたが、赤の大幅強化を受けて大きく躍進した赤緑の狼男デッキです。

矢面に立って殴り合う緑のコモンクリーチャーは特別変わらないのですが、軽量な火力が増えたので初動が強くなり、血トークンのおかげで息切れに耐性が生まれました。

緑に関連するシステムが弱めなので、上記の吸血鬼ほどかっちりと形に収まるということもなく、単純にスタッツのよいクリーチャーを採用して、後はコンバットで何とかするというパターンになることが多いです。グロ画像の這いまわる胞子なんかも有力。

真夜中の狩りと大きく違う点として、炎恵みの稲妻削剥と言った軽量な火力がコモンで取れること。また緑もコモンの一方格闘として狼の一撃を得ました。

盤面に触れやすくなった分だけ対応力が増えており、ただサイズが大きいだけだった狼男たちを活かしやすくなっています。

真夜中の狩りであった降霊クリーチャーが横並びして、突破できずに負けてしまうというパターンも今回はありません(要するにライバルが弱くなった)。アンコモンの狼シナジーもお手軽な割にそこそこ強力なので、これらが取れたときには極力狼に寄せたいです。

問題点は緑軸にピックしたときに赤が枯れていたら厳し目になるという点でしょうか。黒や白の除去は重めでアグロ志向の緑と相性が悪く、勝率的に安定しなくなります。

白青降霊

7勝サンプル

白と青に割り当てられた墓地復活のギミックです。

今回はクリーチャーだった存在が、エンチャントで墓地から復活する形になったのですが、クリーチャーとして帰ってきた真夜中の狩りほどの影響力はありません。とはいえ、張り付けたクリーチャーが除去されるとカード2枚の損失になるという欠点をある程度カバーしています。

ドラグルコルの歩兵

問題は降霊コストが重いのでテンポを失ってしまうこと。ロングゲームに持ち込んだときの打点アップがメインなので後半に強いクリーチャーに貼り付けたいです。

青黒濫用

7勝サンプル(ほぼ完ぺき)
7勝サンプル2(レアはあるが除去無し)

青と黒に割り当てられた、クリーチャーを生け贄に捧げることで効果を得るギミックです。濫用を持ったクリーチャーが場に出たとき、自分自身か他のクリーチャーを生け贄にすることで発動します。

そのギミックを使ってアドバンテージを稼ぐわけですが、キーパーツが拾えるかで勝率が左右されやすいです。まずは濫用を持つ本体が重要なので、まずはそちらを優先しましょう。

縫合された助手

生け贄要員は単体の性能がそこまで高くないので、後半に流れてくることが多いです。また一部のレア、神話レアにはあまりに相性が良いものがあり、嵌ったときには大きな制圧力を発揮します。