notmycar: 武器に関する暫定的な評価など

シェアする

2019/04/06からアーリーアクセスが始まった基本プレイ無料のバトルロイヤル「notmycar」の武器に関する所見と、ちょっとした解説などを。

現在の所、7種類あって、それぞれにレアリティで5段階に分かれています。

最上位の武器には固有名が付けられており、割と強めな調整になっていますが、ヘリから投下される補給物資限定。

お勧めはスタンダード枠のマシンガンと、近距離戦でのDPSが異様に高いショットガン。次点枠はレールガン、ガトリングで、ランチャー系はちょっと微妙な感じ。

マシンガン(Machine Gun)

  • ダメージ:60 – 18
  • 射程:約40m
  • 発射レート:400RPM
  • DPS: 400 – 120

恐らくは本作におけるスタンダード枠のフルオート火器です。

突出した所はないですが、それなりのDPSと、それなりの装弾数と、それなりの射程を持っています。

威力減衰があって、遠距離だとダメージが3分の1くらいまで落ちますが、遠距離適正が飛び抜けているレールガンを除けば、第二位の遠距離適正になっています。

また近距離枠のガトリングガンすら越えるDPSを持っているので、近距離においてもかなり強いです。ショットガン相手だと流石に辛いですが、それ以外には極端な競り負けが発生しません。

遠近共に腐ることがないので、取り敢えず持っておいて損はないです。このゲームの特性として、横方向に走る敵には追いAIMしやすいので、併走攻撃などに多用します。

まずお勧め武器の1つと言って良いでしょう。

ガトリングガン(Gatling Gun)

  • ダメージ:35 – 12
  • 射程:約20m
  • 発射レート:600RPM
  • DPS:350 – 120

本作におけるサブマシンガンの枠で、近距離戦で弾幕を張るための武器になります。

発射レートが高く、経戦能力もあるのですが、DPS自体は350どまりで、バランス型のマシンガンより劣ります。

射程もマシンガンに比べると短いので、弾幕による命中率と引き替えに火力を失っています。

機動力を活かして、すれ違いざまに弾幕を張るという使い道がメインになるのでしょうが、総合力だとマシンガンの方が優先かと思います。

バーストライフル (Burst Rifle)

  • ダメージ:50 – 16
  • 射程:約20m
  • 発射レート:720RPM
  • ディレイ:0.05s
  • DPS:600 – 198

3点バーストの近距離型ライフルです。

バーストですが、ワントリガーの間隔は短く、むら無く弾幕を張ることができます。

またDPSが非常に高く、近距離の火力ではショットガンに次ぐ性能を持っています。

ただし射程が短いことや、装弾数が少ないことがネックになっており、またボタン連打になるのがAIMの悪化に繋がります。

総合的にみるとマシンガンの方が扱い安いと思います。近距離を重視したい時に持つかたちになるでしょうか。

レールガン(Rail Gun)

  • ダメージ:140 – 125
  • 射程:約10m
  • 発射レート:205RPM
  • DPS:476 – 427
  • 備考:チャージしてダメージを増やせる

本作におけるスナイパーライフル……というより、一撃の重さに特化したタイプの武器です。

最大ダメージは多めで、そこそこの連射力を持つため、DPSも全武器の中でショットガンに次いで高いです。最大威力を発揮できる距離こそ短いですが、威力減衰が少ないので遠距離でもダメージが落ちません。

また射撃ボタン長押しでダメージを2倍まで増幅できます。ボタンホールド状態で、ずっと溜めを維持できるので、遠距離の敵に狙いを合わせるのに適しています。

チャージに時間が掛かるので、正面切っての撃ち合いだとメリットはないですが、敵が遮蔽物に隠れているときに、チャージしながら間合いを詰めて、次弾の攻撃をちょっとだけ強化出来ます。

と、ここまで良い部分ばかりを上げましたが、割と致命的な欠点がひとつ。

それは装弾数があまりにも低いので、経戦能力が絶望的だということです。

この武器はレアリティによって装弾数が変化しますが、エピックでも5発しかありません。ワンマガジンで与えられるダメージの総量は、汎用型のマシンガン対比だと5分の1に留まります。

アタッチメントで補うにしても限界がありますし、敵を追い回すときにまず息切れすると思います。サブとして持っておくのは良いですが、メインで使うのは辛い気がします。

ショットガン (Shotgun)

  • ダメージ: 240 – 160 (レアリティ依存)
  • 射程:約15m
  • 発射レート:225RPM
  • DPS:826 –  554

名称は散弾銃ですが、実際にはスラグ弾です(巨大な弾を一発飛ばす)。

高威力、低レート型の近距離用火器で、DPSが非常に高い。

ダメージ上限値はショットガンのレアリティに依存していて、コモンが160ダメージ。以降、レアリティに従って20ずつ上昇していきます。

連射力も225RPMとそこそこあるので、レアでもDPS750と極めて高い水準になっており、接近した時には圧倒的な優位性を発揮する武器です。

ブーストで追突すると400くらいのダメージを敵に与えるので、それ込みですごい勢いでHPを持って行けます。

装弾数は少ないし、威力減衰も強烈なので、メインにするのは難有りですが、切り込み用のサブとしてはかなり優秀です。

ロケットランチャー (Rocket Luncher)

  • ダメージ: 259 –
  • 射程:約5m
  • 発射レート:75RPM
  • DPS: 323 –

高威力、低レート型のランチャーで、直撃時に259ものダメージを与える上に直進性が高いです。

ただし発射レートが75RPMと低速なのが欠点で、瞬間火力という点においてはショットガンには遠く及びません。

また弾速があるので、少し離れただけでも偏差が必要になり、スプラッシュダメージがあるとはいえど、使い勝手はよろしくないです。

また爆風によって敵の車体を吹き飛ばすので、体当たりが外れる危険もあります。近距離用ならショットガンを持った方が多分良いです。

ちなみにレジェンダリーだけ威力が高く、直撃ダメージが291になりますが、うーん。

グレネードランチャー (Granade Luncher)

  • ダメージ: 161 –
  • 射程:約5m
  • 発射レート:115RPM
  • DPS: 309 –

低威力、高レート型のランチャーです。

直撃ダメージはエピックでも161と、ロケットランチャーには遠く及びませんが、代わりに発射レートは115RPMあります。

手数が多いので敵に与えるプレッシャーというか、煩わしさはありそうですが、弾道がお辞儀するので直撃はロケットランチャー以上に取りにくい。

確実に削れて、よりDPSの高いショットガンがあるので、やっぱり立ち位置が悪いです。決定打が与えにくいので、持つならショットガンかなぁ……。

シェアする

フォローする