スプラトゥーン3: スクリュースロッシャーの性能と使い方

シェアする

《スクリュースロッシャー》は中射程、範囲攻撃のできるスロッシャー族の武器です。

短射程シューターに対するメタ武器になっており、射程と命中率を活かしてプレッシャーを掛けていけます。

スプラトゥーン3のリリース当初はもっぱら注目を集めていましたが、それ故に度重なる弱体化を受けることになっています。

データ

武器一覧
項目スクリュースロッシャータンサンボムナイスダマ
外観
種類スロッシャーサブスペシャル
発射形式エネルギー投擲チャージ
基礎ダメージ38 + 38 (14m)50 x3 (2m)3 (13m)
限定ダメージ-35 x3 (5m)-
発射レート108 RPM120 RPM4000 RPM
継続発射数10発1.66発-
精度0.5 - 9.5--
弾速100m/s50m/s-
発生0.2s0.15s-
DMG
(サーモンラン)
170 (14m)150 (2m)8 (13m)
キルタイム0.556s-0.495s
DPS137300200
DPS
(サーモンラン)
306300533

対人

簡単解説

キルタイムは良くないものの、命中率で補う中衛のキル武器になっています。中心部で当てたときには76ダメージ、付随する渦の部分で38ダメージを与えます

以下はスロッシャー族の当たり判定と、ダメージ量の関係を表したグラフです。

着弾後に広がる《エクスプロッシャー》は例外なので、飛んでいく弾の大きさでは《スクリュースロッシャー》の渦が最大となっています。

動いている相手にも安定して当たりますし、狙いのブレをかなり吸収してくれます。渦の部分を当てるだけではキル判定を取るのに3発掛かるので、2発のうち1発は直撃を取らないといけませんが、それでもキルタイムの下振れを防いでくれます。

ただし、2発でキル判定を取ったとしても《スクリュースロッシャー》のキルタイムは良い数値ではありません。ノーガードの殴りあいになってしまうと、火力不足で多くのシューター族に撃ち負けます。

実際の運用では、お互いの命中率が下がるように立ち回るのがまず無難。回避、遮蔽物、射程を活かして、圧力を加える中衛型の武器となっています。

上記は他のスロッシャー族、および主だったシューター族とのキルタイム比較図です。

《スプラシューター》に端を発する短射程シューターに比べると射程が長めになっており、このエリアを使って、前衛の武器、短射程の塗り武器をけん制していくことになります。距離が離れていると自然とお互いの命中率が下がるので、命中率格差を活かしやすくなります。

塗り能力は最低限なので、前衛として動いても生存能力に難があります。敵の前衛が塗り進んできたときに抑え込めるほどの塗り圧力を出せませんし、足元を取られやすいです。

サブの《タンサンボム》はガチエリアなどの固定範囲を塗るには便利ですが、ナワバリなどではテンポの悪さが気になります。塗りに関しては、やや仲間頼みな側面を持っています。

《ナイスダマ》は強力なスペシャルで、《カニタンク》への対応や、安全確保などに重宝します。とはいえ当初よりも発生が遅くなっていたり、《トリプルトルネード》によって潰されやすくなっているので、以前ほど器用なスペシャルでは無くなっています。

《スクリュースロッシャー》への風当たりも強く、段々とスペシャルのコストが増大しているので、使いどころを考える必要があるでしょう。

ギア候補

武器リスト
項目アイコン効果
インク効率アップ(メイン)メイン武器のインク消費を軽減
スペシャル増加量アップスペシャルゲージの増加量がアップ
スペシャル減少量ダウンプレイヤーがやられた時のスペシャルゲージ減少を緩和
復活時間短縮相手を1人も倒せずにやられたとき、復活にかかる時間を短縮
イカニンジャイカダッシュするときにインクの飛沫が無くなるが、移動速度が10%減少
ステルスジャンプスーパージャンプの着地点が遠くからは見えなくなる

パッチの影響によって、段々とインク効率が下がっており、連投するとあっという間にインクが切れます。取りあえず《メインインク効率》を採用しておくと動きやすくなります。

サーモンラン

サーモンランにおける《スクリュースロッシャー》は塗り能力がちょっと足りないものの、大体の役割を熟せる汎用武器になっています。

サーモンランでは多くの武器のダメージ量が強化されていますが、《スクリュースロッシャー》についても直撃が170、渦の部分が100ダメージに増加しています

直撃3発で《ヘビ》、《テッパン》といったHP500族を処理でき、射程があるので《バクダン》に対してもそこまで苦戦しません。

とはいえダメージが増えてもDPSは300と少しなので、よりHPが多い《テッキュウ》の処理は遅めだし、塗り能力の不足があるので《ダイバー》を単独で対処できない危険があると、オオモノ相手に得意不得意が少し見られる武器です。

ザコシャケについては渦の部分を上手く使うのがコツです。《スクリュースロッシャー》の弾は直撃を取るとその場で消えてしまうので、渦の部分がかすめるように使うと、HP100のザコシャケをまとめて倒すことができます。