スプラトゥーン3: オオモノシャケのHPと処理の基本(サーモンラン)

シェアする

サーモンランに登場するオオモノシャケについてのデータと処理についてのまとめです。

単純に攻撃するだけでは倒せないもの、倒す位置を考慮した方がいいもの、武器による得意不得意もあるのでオオモノ処理は難しい。

スプラトゥーン3から登場するオオモノシャケが2種類増えました。

筆者は一応でんせつではあるのですが、そこまで熱心というわけでも無いので、比較的に技術を要求しない当たり障りのない内容になっているとは思います。

シャケの一覧

名前HP動作脅威度
シャケ100追尾
コジャケ40追尾
ドスコイ400追尾
タマヒロイ100遊撃
バクダン500(300)追尾B
ヘビ500追尾C
テッパン500(+600)追尾C
タワー60 x7待機A
モグラ1200()追尾C
コウモリ900遊撃B
カタパット300(x2)待機A
ハシラ32 x8遊撃B
ダイバー1200(300)追尾C
ナベブタ500追尾B
テッキュウ1200待機A
キンシャケ500追尾B
グリル2200追尾B
ヨコヅナ40000追尾B
シャケの基本データ
  • A:引き寄せなくても良いから倒すオオモノ
  • B:場合によっては引き寄せを考慮せずに倒すオオモノ
  • C:できるだけ引き寄せて倒したい脅威度の低いオオモノ

押さえておきたい基礎

倒す位置を考慮する

オオモノシャケはクリア条件になっている金イクラを落とす特殊なシャケたちです。

倒しやすい武器を持っているなら、優先して倒すようにしたいのですが、クリア目標は金イクラを集めることなので、それを達成しやすい位置で倒すことも重要です。

カゴの周りにいるシャケは率先して倒しておきたいですし、プレイヤーを追尾してくるオオモノシャケはカゴに引き寄せたいです。

海岸に留まるシャケ = 厄介

海岸から離れないタイプのオオモノシャケは総じて厄介な相手が多いす。高火力でプレイヤーに対して脅威であるのもそうですが、倒しても納品に繋がりにくいのが厄介です。

倒しに行く場合には、カゴから離れて大丈夫なのか、残り時間的に本当に必要なのかを考える必要があります

無理に倒しに行ってもタイムロスになるし、討伐に失敗したときのリスクもあるので、脅威度が高い《カタパット》《タワー》《テッキュウ》が複数出てきたときにはスペシャルを放出することを考えましょう。

タマヒロイの活用

オオモノシャケではありませんが、フィールドに出没する特殊なシャケ《タマヒロイ》は落ちている金イクラを拾って、海に持ち去る役割を持ったシャケです。

《タマヒロイ》は出現位置が決まっており、かならず180度ターンして帰還します。

金イクラを回収している《タマヒロイ》は、背中を向けている方向に必ず移動するので、回収カゴの方向に来るようなら、代わりに金イクラを運んでもらいましょう。

海岸にいるシャケが落とした金イクラを有効配に変えてくれるかもしれません。

脅威度A

負け筋になりやすく、処理優先度が高いシャケ。

全てが海岸から動かないという共通点を持っており、倒しても金イクラが納品しにくいし、かといって無視すると自軍に被害が出るというジレンマを抱えています。

テッキュウ

HP1200
適性大高DPS武器、チャージャー
適性SPカニタンク、サメライド、ナイスダマ

海岸線からカゴ付近をひたすら砲撃し、衝撃波で攻撃してくるスプラトゥーン3からの新顔。

金イクラを速やかに納品するため、普通はカゴの近辺で戦うものなので、被害が増えやすい側面を持っています。発生する衝撃波はジャンプで避けることができますが、複数出てきた際には大縄跳びするにも限界があるし、壊滅や時間切れへと繋がりやすい厄介なオオモノです。

また《モグラ》や《ダイバー》と並んで固いオオモノシャケの代表なので、下手な武器で倒しにいっても、海から現れた他のシャケに絡まれやすい側面を持っています。

下手に時間を掛けるだけ危険なので、複数湧きした場合には即座にスペシャルを使って片づけた方が良いです。

カタパッド

HP500 ( x2)
適性大エクスプロッシャー
適性SPジェットパック、カニタンク、トリプルトルネード

海岸から殆んど動かずに、マルチミサイルを撃ち込んでくるオオモノシャケ。

開いたゴミ箱の中に《スプラッシュボム》を投げ込めば倒せるのですが、《スプラッシュボム》のインク効率が悪いので、単独で処理する際に負担が掛かります。

周りに他のシャケがいる状況だと事故に繋がる場合もあるのですが、見かけた場合には片舷だけでも破壊しておいた方が良いです。マルチミサイルはパッド1個あたりに1人なので、取りあえず攻撃力を半分にできます。

爆風ならばパットを破壊できるので、《ジェットパック》や《カニタンク》なら複数体でも捌けます。メイン武器では《エクスプロッシャー》も効果的です。編成に《エクスプロッシャー》があるなら、まず《カタパット》の処理は自分の担当だと考えてください。

装甲突破の能力があるスペシャルも多いので、複数沸いた時にはスペシャルの活用を。

高低差があるときには、《カタパット》の近辺に《スプラッシュボム》を転がすことで、両方のパットを一気に破壊できる場合もあります。

タワー

HP60 x7
適性大シューター、マニューバー、ブラスター
スペシャルジェットパック、トリプルトルネード

海岸からビームで攻撃してくる厄介なオオモノシャケ。

並みいるオオモノシャケの中でも随一の殺傷能力を持っており、ちょっとした段差につまづくだけでも致命傷になりかねないレーザーを撃ち込んできます。

複数現れたときには壊滅の原因になりやすいので、1体だけの間に排除を試みる必要があります。

幸い耐久力はそこまで高くないので、下手に金イクラに色気を出さなければ事故りにくいので、主に発射レートが高い、塗り能力が高い武器が討伐に行きたいです。

どうしても倒せそうにないとか、複数いるとかの場合にはスペシャルを切りましょう。

脅威度B

カゴに寄せてから倒したいものの、武器によっては対応しにくいときがあるので、武器構成や味方の状況によってはイクラを諦めぎみに処理したい敵。

バクダン

HP300
適性大チャージャー、スピナー、ストリンガー
適性小シューター、ブラスター
適性SPメガホン、ナイスダマ、トリプルトルネード

頭部に生み出した爆弾を投げつけてくる大型のシャケ。生成中の爆弾が弱点になっており、300ダメージ以上を与えると、周囲を巻き込んで弾けます。

武器によっては倒すことが困難なので、射程のある武器が率先して倒してほしいところ。

移動速度が遅いのと、攻撃範囲が広くて事故の原因になりやすいのとで、引きつけなくても良いから処理した方が安定することが多いです。

ハシラ

HP32 x 8
適性大スピナー、ブラスター、ワイパー
適性小シューター、フデ
スペシャルジェットパック、カニタンク、トリプルトルネード

柱を抱えて飛んできてマップ上に居座り、その周囲を強烈な塗り能力で埋め尽くすオオモノシャケ。

配置によって極端に強さが変わり、嫌な位置に置かれた場合には事故の原因になります。移動経路を完全に遮断される場合があるので、そういった際には早期に排除しておきたいです。

あまりに《ハシラ》の数が多いなど、状況によっては範囲攻撃できるスペシャルを使って安全を確保した方が良いです。

柱を塗って登ってと、倒すのに手間が掛かるし、納品にも手間が掛かると、形勢に影響が無さそうな位置のハシラは後回しにしても良いかと思います。

ナベブタ

HP500
適性大チャージャー、スピナー、ストリンガー
適性小長射程シューター

ザコシャケを召喚しながらジリジリ接近してくるオオモノシャケ。

バリアの内側に入ると落下攻撃を仕掛けてくるので、それを利用して本体に肉薄できるし、他のシャケを倒せます。落下の巻き込みはオオモノシャケでも即殺できるので、上手く使えば状況を打開できる場合もあります。

ただし、敵の密度がありすぎてナベブタまで近づけなかったり、ナベブタのバリアで後続のオオモノシャケに攻撃が通らなかったりするので、配置によっては厄介さが増します。

ザコシャケを呼び出す特性があるので、処理できるときに処理しておきましょう。

コウモリ

HP900
適性大DPSの高い武器全般

マップ上の決められた位置に飛び石移動し、アメフラシを発射するオオモノシャケ。

単独ではそこまで脅威ではないものの、複数になるとアメフラシによる塗り妨害が凶悪化するのが厄介な相手。

撃ち出したアメフラシの弾を攻撃すれば撃ち返せるので、それを使って即殺することもできるのですが、コウモリの動きに対応する形になるので安定しない場合も多いです。

1回のアクションで倒しきれるようなDPSが高い武器が、本体狙いで対処するのがベター。

脅威度C

そこまで脅威ではないのと、誘導がしやすいのとで、主に金イクラの納品に役立つオオモノたち。カゴの側まで引き寄せてから倒して、インクと時間を節約しつつノルマ達成を狙いたいです。

ヘビ

HP500
適性大シューター、マニューバー、ワイパー

後部にいる本体を攻撃すれば簡単に倒せますが、あまりに巨体なのでフィールドの専有面積が広いです。

狭いマップで逃げ回る羽目になると、それだけでタイムロスに繋がるので、引きつけた方が良いオオモノの中では処理優先度が高いです。

テッパン

HP600 + 500
適性大シューター、マニューバー、ワイパー

正面をガードした状態で追尾してくるオオモノシャケ。

正面に攻撃を当てると少し動きを止め、600以上のダメージで完全にスタンします。加えて本体のHPが500あるので、追尾系ではかなりタフ。

武器によっては単独で倒すのがしんどい場合があるので注意。

ダイバー

HP1200
適性大シューター、マニューバー、ブラスター

HP1200という高い耐久力を持つものの、飛び込みサークルの中を塗ってしまえば、楽に倒せるオオモノシャケ。

逆を言えば塗り能力が極端に悪くて単独では対応しにくい武器も多いです。最悪、スプラボムを使えば良いのですが、インク消費を考えると、塗れる武器が対応するのがベター。

モグラ

HP1200
適性大スプラッシュボム
適性小チャージャー、ワイパー

プレイヤーを積極的に追いかけてくるので誘導しやすい個体。HP1200と高い耐久力を持つものの、飛び出してくるところにボムで倒せます。

取りあえず、カゴの側まで誘導しながらインクを回復させるべし。