スプラトゥーン3: サーモンランにおけるスペシャルの運用

シェアする

サーモンランにおけるスペシャルは近接2枠、遠距離2枠で、ランダムに選ばれたものが付与されます。

それに伴い有用性が異なるのですが、スペシャルを抱えたままで失敗するよりは、使い切った方が断然良いです。危なくなってから使っても遅すぎるパターンも多いので、事前に決め打ちした方が良い場合が多いです。

《カタパット》《タワー》《テッキュウ》が複数現れた場合や、武器編成が偏っているときの特殊ウェーブなどが使い時です。

スポンサーリンク

一覧

武器一覧
項目トリプルトルネードジェットパックナイスダマカニタンクホップソナーサメライドテイオウイカ
外観
種類スペシャルスペシャルスペシャルスペシャルスペシャルスペシャルスペシャル
発射形式投擲セミオートチャージ可変フルオート設置チャージ近接
基礎ダメージ37.5 (6m)70 + 50 (2.5m)3 (12m)32 (25m)45 (20m)220~100 (7.5m)60 (5m)
限定ダメージ-30 (5m)---70 (13.5m)-
発射レート600 RPM60 RPM4000 RPM900 RPM24 RPM10 RPM75 RPM
溜め時間------0.5s
継続発射数3発--90発--10発
溜め時発射数------4発
弾速-50m/s--9m/s--
発生-----5.5s-
DMG
(サーモンラン)
40 (6m)300 (2.5m)8 (12m)100 (25m)150 (20m)800 (7.5m)250 (5m)
キルタイム0.200s-0.495s0.200s5.000s-0.800s
DPS375120200480183775
DPS
(サーモンラン)
400300533150060133312

ジェットパック

ダメージ300
DPS300
対オオモノカタパット、タワー
対特殊ラッシュ

対戦モードよりも発射されるブラスターの威力が上昇しており1発で300ダメージを与えます。ダメージ量はスペシャルの割に低めですが、継続時間が長く、範囲攻撃で、飛行できるという特性がサーモンランでは噛み合うことが多いです。

爆風なので《カタパット》を処理できますし、遠距離から《タワー》を崩すことができます。《テッキュウ》に関してパワー不足がありますが、沿岸まで倒しに行っても、スペシャル終了と同時に発動した場所まで戻れるので、カゴの側に戻りやすい。

敵が多すぎる状況であっても飛行で射撃ポジションを確保できるので、《ヒカリバエ》の特殊ウェーブにも強いです。

持続時間が長くて複数の役割をこなせて、且つラウンド失敗に繋がりやすい存在におよそ有効なので、サーモンランでは最強格のスペシャルだと思います。

スポンサーリンク

カニタンク

ダメージ(メイン)100
ダメージ(サブ)400
DPS(メイン)500~1500
対オオモノカタパット、タワー
対特殊ラッシュ

対戦モードよりも強化されたメイン武装、サブ武装を使うカニ型の乗り物を召喚します。

メイン武装は300PRM~900RPMまでの可変フルオートですが、一発のダメージ量が100あるので、DPS自体は相当に高いです。最高レートに達すれば1500DPSで敵を薙ぎ払えます

サブ武装のボムは約400ダメージで爆風に弱い《カタパット》《ハシラ》などに有効です。

潜伏移動時には丸くなって敵からの攻撃を跳ね除けるので緊急回避に優れており、《ヒカリバエ》のような猛攻にも頑丈ボディである程度は耐えてくれます。

オオモノ全般に対して強く、負け筋にもならない万能戦車。サーモンランではかなりの当たりスペシャルです。

ヨコヅナへの切り札にもなっていて、単独で9000程度のダメージをヨコヅナに与えられます(金イクラ11個分)。後から使おうとすると、他のシャケが邪魔になる可能性もあるので、もう開幕ぶっぱでも良いかと思います。

v2.1では対戦モードの《カニタンク》が持続時間の短縮という弱体化を受けましたが、サーモンランについては据え置きになっています。

トリプルトルネード

ダメージ500
対オオモノバクダン、カタパット、タワー
対特殊グリル

500ダメージのボムを最大3発投げられるスペシャル。対戦モードよりもダメージ量が上昇しています。

貫通効果を持つので《バクダン》《カタパット》なども、弱点を無視して確実に倒せます。範囲攻撃なので、自陣を荒らされそうなときに《ハシラ》を処理するのにも便利です。

発動中はトリプルトルネードを投げる以外のアクションができなくなるので防御面に少し難があります。咄嗟に使っても良い結果に繋がらないので、転ばぬ先の杖で決め打ちする方が安定します。

初期は400ダメージでしたが、v2.0パッチで500ダメージまで増加し、オオモノ全般に対して更に強くなりました。

スポンサーリンク

メガホンレーザー5.1CH

DPS150×3
対オオモノバクダン、カタパット、タワー
対特殊グリル

対戦モードの2.5倍の威力になっており、全てのレーザーが当たっているときで450DPS相当の攻撃を追加します。

レーザーが貫通能力を持つので、弱点を出していない《バクダン》《カタパット》もHP500の敵として処理できます。レーザー1機で600ダメージあるので、遠距離からでも複数のオオモノを処理できるのが強み。

取りあえず使っても誰かしら倒せるものの、味方を助ける能力に欠ける側面があるので、危なくなる前に使いましょう。

ナイスダマ

ダメージ800
対オオモノバクダン、カタパット
対特殊グリル

800ダメージの貫通する爆弾を投げつけます。弱点を露出していない敵でも攻撃でき、発射前の安全もある程度は確保できる優れもの。

攻撃以外にも味方を起こす用途にも使えて、攻防一体の便利なスペシャルとなっています。

火力不足で《テッキュウ》こそ単体で処理できないものの、殆んど瀕死の状況には追い込めますし、《テッキュウ》が複数でてきた場合などには十分な効果を発揮します。

腐らないスペシャルの代表的な存在だと思います。

ホップソナー

ダメージ150
対特殊ラッシュ

約150ダメージの衝撃波を3回繰り出す範囲攻撃の置物を設置します。

ダウンしている味方を起こしたり、雑魚のラッシュが掛かる《ヒカリバエ》のような特殊ウェーブでは有用であるものの、倒せないオオモノが多すぎるのが欠点。

HP500以上のオオモノは単独では処理できませんし、浮いているような相手にも無力です。

広範囲に衝撃波が広がるので味方の蘇生、自身のリバイブなどに使うのも手でしょう。

サメライド

ダメージ800
対オオモノテッキュウ

サメで突進して800ダメージを与える瞬間火力が高いスペシャルです。とはいえダメージ量は《ナイスダマ》と同じで、貫通効果が無くなっており、爆発を起こせる場所も限定されました。

突進するために位置取りも制限されるし、満潮時には自滅の恐れすらあります。

せめて貫通を付けてくれれば……。

温存しても切り札にならないので、使えるときに使うべし。《テッキュウ》などに使ってしまって、早期の処理を狙うのがベストです。

v2.1では発動後に無敵時間が付きましたが、それでも最弱のスペシャルだと思います。

スポンサーリンク
申し込む
注目する
guest

0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る