スプラトゥーン3: スプラシューター(及びコラボ)の性能と使い方

シェアする

《スプラシューター》は初期アンロックではないものの、本作の顔役に相当する基本のシューターです。短射程シューターとして十分な性能を持っています。

バリアントの《スプラシューターコラボ》は当初はそこまで注目されていませんでしたが、スペシャル《トリプルトルネード》の強化に伴って立場を大きく向上させています。

データ

スプラシューター

武器一覧
項目スプラシューターキューバンボムウルトラショット
外観
種類シューターサブスペシャル
発射形式フルオート投擲セミオート
基礎ダメージ36 (10m)180 (5m)180 + 40 (30m)
限定ダメージ-30 (8m)-
発射レート600 RPM120 RPM60 RPM
溜め時間-2s-
継続発射数108発1.42発3発
精度5--
弾速150m/s50m/s60m/s
発生0.05s0.15s0.25s
DMG
(サーモンラン)
36 (10m)180 (5m)220 (30m)
キルタイム0.200s--
DPS360360220
DPS
(サーモンラン)
360360220

スプラシューターコラボ

武器一覧
項目スプラシュータースプラッシュボムトリプルトルネード
外観
種類シューターサブスペシャル
発射形式フルオート投擲投擲
基礎ダメージ36 (10m)180 (4m)37.5 (6m)
限定ダメージ-30 (7m)-
発射レート600 RPM120 RPM600 RPM
溜め時間-1s-
継続発射数108発1.42発3発
精度5--
弾速150m/s50m/s-
発生0.05s0.15s-
DMG
(サーモンラン)
36 (10m)180 (4m)400 (6m)
キルタイム0.200s-0.200s
DPS360360375
DPS
(サーモンラン)
3603604000

対戦での性能

基本性能

シューター族の中でも上位に含まれるだろうキルタイムを持っており、弾速等を含めなければ0.2秒で敵を倒せます。

v2.1

同じ短射程系のシューターと比べると《.52ガロン》には撃ち合いで負けますが、塗り能力ではそれより勝っています。

《シャープマーカー》にはキルタイムでこそ有利が取れていますが、射撃精度では劣るので注意。正面対決ならばおよそ有利ではあるものの、拡散の下振れによっては負けることも多いです。塗り能力でもほんの僅かですが劣ります。

《わかばシューター》などと比べて塗り能力には劣るのですが、キルタイムと射撃精度では勝っており、塗りもできるしキル能力もあるしでバランスが良いです。

マニューバー族などの他武器と比べてもキルタイムで優秀な部類に入りますし、キル能力と塗り能力を両立していると、受けが広くなるので野良での編成事故をケアできるのは強みになっています。

コラボとの違い

通常モデルと、派生モデルでは、メインの性能は同じでありながら、サブとスペシャルの装備が異なります。

通常モデルの《スプラシューター》は、スペシャルの《ウルトラショット》が短射程シューターの欠点を補っており、後衛のチャージャーなどに圧力を掛けられる構成です。

派生モデルの《スプラシューターコラボ》は、サブが《スプラッシュボム》なので《キューバンボム》の《スプラシューター》より急戦に強くなりました。またv2.1にて《トリプルトルネード》が上方修正を受けたことにより、急激に採用率が増えています。

赤:強化後、灰:強化前
修正項目は多いものの、それぞれが小ぶりな変化なので、あんまり状況は変わらないんじゃないかというv2.1パッチの所感です。 《トリプル...

《トリプルトルネード》が《カニタンク》や《ナイスダマ》へのカウンターになるのも魅力です。前衛としての戦闘力では《スプラシューターコラボ》の方が勝る状況です。

ギア候補

武器リスト
項目アイコン効果
イカダッシュ速度アップイカ状態のときの移動速度アップ
スペシャル増加量アップスペシャルゲージの増加量がアップ
スペシャル減少量ダウンプレイヤーがやられた時のスペシャルゲージ減少を緩和
復活時間短縮相手を1人も倒せずにやられたとき、復活にかかる時間を短縮
アクション強化ジャンプ撃ち時の精度向上。
イカロールの速度、イカノボリのチャージ速度を強化
イカニンジャイカダッシュするときにインクの飛沫が無くなるが、移動速度が10%減少
ステルスジャンプスーパージャンプの着地点が遠くからは見えなくなる

ベーシックな特性を持つので、短射程シューターのベーシックな構成が通用します。

スペシャルもそれなりの信頼性を持つので、無難にスペシャル増加を積んでも良いですし、ゾンビ構成による負け筋潰しも強力です。

アクション強化はジャンプ撃ちを多用するなら付けておきたいですが、他の候補もかなり強いので、そこまで手が回らないことも多いです。

サーモンラン

サーモンランではインク効率こそ良くなりましたが、武器の性能は通常モードとほぼ同じです。実はサーモンランで強化されていない武器の方が珍しいので、他の武器との差が相対的に縮まる、あるいは悪くなっているわけです。

とはいえ、サーモンランにおいても依然として中堅どころのDPSは確保しており、塗り能力があるので窮地に強いという持ち味を持っています。

特別に得意なオオモノはいないものの、逆に苦手なオオモノも存在せず、足りていない戦力を柔軟に補える受けの広さは健在です。サーモンランでの編成に含まれていると、大きな失敗は起こらないだろう安心感があります。

押し寄せてくる《ザコシャケ》相手にも強いのですが、HP40の《コジャケ》を1発で倒せなかったり、HP400の《ドスコイ》に11発も掛かってしまうというダメージ設定の不利さがあるので、それらを熟せる上位シューター(例えば《.52ガロン》とか)にはやや劣る印象です。